サポミ議事録 その2

毎度ご来訪ありがとうございます。
先に下の議事録その1を読んでない人は
読んでからこのその2をどうぞ
さて続きです。
■2013 梶居強化本部より説明
昨年は皆様に悔しい思いをさせてしまって大変申し訳なく思っている。
昨年末から今年1月にかけて、私自身何が足りなかったかを考えて
今シーズンをどういうふうに戦うか、監督、コーチ、スタッフに話をして
こういうふうにしていこうとキャンプから取り組んでいます。
○昨年の総括
(昨シーズンの戦績表を見ながら)
・天皇杯こそ準優勝という結果を残したが公式戦で15勝22敗11分を大きく負け越した。
・皆様の期待を裏切り申し訳ない。
・監督の人選ミス、チーム編成、チーム作りにすべて後手を踏んでしまった。
なぜ結果を出せなかったのか?
チーム戦術、コンディショニング、コミュニケーション
この3点でチーム分析を行った。
・戦術面
個人に頼りすぎてチームとしての決め事が不足していた。
・コンディションニング
90分走りぬく体力、フィジカルが不足していた
特に夏場までの前半戦ではフィジカル不足で後半に足が止まり
やられてしまうケースが目立った。
・コミュニケーション
声が出ない、あるいは出さない。
ミスに対してアプローチ不足で、危機管理不足であった。
○今年のチームコンセプト
・すべては今年1年でJ1に上がる。
・ただ上がるではなく、他を圧倒して上がる。そういう思いを持って上がる。
・厳しいJ2という環境の中でより強くたくましいチームになって上がる
○キーワード
より強く、早くそして激しくタフに連動と組織性
これをキーワードにチームに落とし込んでいる最中です。
○チーム作りの方法
今シーズンの目指すチーム像
昨年の12月から長谷川監督とどうやってガンバを立て直すかで
ガンバのスタイルを活かしつつ立て直す。
昨年戦ってくれた選手をなんとか慰留するところから始まって
チーム作りをすることになった。
○今シーズンの目標
・個人に依存しない、誰が出ても同じサッカーができるチーム作り
・数値目標
勝ち点90点 (J2の優勝ライン80~85) ただ上がるではなく、圧倒して上がる為の目標
42試合を6つのグループに分けて 5勝2敗ペースで今シーズン戦って行きたい
○具体的なチームコンセプト 
ガンバがどういうサッカーをやっていくか、目指しているかを整理しました。
(プロジェクターには細かく
・攻撃は…
・攻撃から守備は…
・守備は…
・守備から攻撃は…
・セットプレーは…
ってな感じで戦術についてのコンセプトが2,3書いてありました。)
上記の基本戦術をシーズン通してチーム浸透させていく、そういったチーム作りをしていく
例えば攻撃面では、ゴールを意識したボールポゼッション
ただ、ボールを保持するだけではなくて、ゴールに向かうポゼッション
攻撃から守備に関しては、ボールを奪われた時点からのディフェンスへの切り替え
早く正しいポジショニングを取るなど、こういった基本的な戦術を
練習からチームに落とし込んでいく。
上記をキャンプは実戦で落とし込んでいっている
どのように落とし込んでいくか、長谷川監督に実践してやってもらっているが
クイックビルドアップについてはトレーニングからビデオ撮影をして
そのビデオをミーティングで見て反省しトレーニングで修正して試合に臨む
そういった事を1週間のサイクルで必ず取り入れてやってる
○戦い方の幅を作る取り組み
今シーズンは代表組が抜けるときどういった戦い方をするか
キャンプの時から想定したり、退場者が出た場合どういった戦い方をするか
取り組んでます。
メンバー構成についても、いろんな若手選手が出てきたり
今までになかった組あわせをしたり、ポジションの変更があったり
色んな形でチャレンジしてくれるシーズンになっているので期待してほしい
○コンディショニングについて
昨年まではフィジカルコーチの元、素走りや体力づくりのトレーニングを取り入れていた
今シーズンはただ単に走るだけではなくて、常にボールを持って
対人、対敵を想定して、ボールを持ってフィジカル向上に取り組んでいる
○コミュニケーション
昨年と変わった、何が変わったかと言うと
監督、コーチスタッフすべてが声を出している。
それによって、選手も声を出さざる得ないといった環境になっている。
チームとしてはいいかたちでキャンプからシーズンに入れている。
以上、私がお話して成果は、後にでてくるかもしれません
正直いってすぐに成果がでるとは私も甘く考えていない。
しかし、こういった今までになかった取り組みをすることによって
今シーズン終了時にはみなさんに昨年悔しい思いをした倍以上の
喜びを得られるチームになっていると確信してますので
そこまで辛抱強くチーム作りをやっていきたい。
昨年、私達は変える事と続ける事の難しさを教訓として得ました。
J2降格という厳しい現実を突きつけられましたけども
2015年を目指しまして強く魅力ある新生ガンバを是非お見せできることを
確信しておりますので今シーズンも変わらずご声援をよろしくお願いします。
その3に続く…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください