vs 栃木SC

毎度ご来訪ありがとうございます。
どこを見ても「代表の2人が抜けたガンバはどうか?」
こればかりが目につく
確かに、以前、抜けた時は苦戦した。
でも、あの時とは状況が違う
90分の試合運びには難があるものの
結果を残し、現在首位でチームは安定してきてる。
色々、課題はあるけどウッチーは、コンスタントに試合に出てるし
岡崎も途中出場で、ある程度の動きを見せる。
丹羽も最近試合には出てないが、実績はある。
不安をあおるマスゴミよりも
若い2人のボランチが良い面、悪い面も含めて
どんなパフォーマンスを見せてくれるか
自分には楽しみであった、そんな試合は…
期待した2人のパフォーマンスには満足だけど
チーム全体としては、ちょっと物足りなさを感じる試合でした。
早い時間に点が取れたのは良かった。
秋のGKへのプレッシャー、これが効いた。
ミスキックへ体を投げ出して反応したウッチー、素晴らしい。
こうなると余裕のレアンドロのループ決まる。
この日のウッチーは頼もしかった。
ヤットがいると、ビルドアップとか結構頼りがちやけど
この日は、「俺がやらなあかん」って気持ちが随所に見られた。
積極的にボールに絡んでパスを供給して、守備時も体張って
ピンチの芽を摘みにいってたし、成長を感じられた。
2点目は、カウンター秋もよく競り合ったけど
藤春のランに尽きる。
競り合った時、こぼれて来る事を予測して動いてたし
抜け出して冷静なループ、こちらも成長を感じずにはいられない
3点目は、岡崎プレスと好判断
ガンバはカウンター行ける時でも下げたりするけど
ドリブルで持ち込んだ。
レアンドロへのパスも文句なしのタイミング
あの位置でボールを貰うと、レアンドロはほんまにうまい
正に「レアンドロゾーン」 ←出典 ガンバTVの某氏のインタビューよりw
岡崎はボランチで見たかったのでほんま楽しみでした。
最初は硬さがあったけど、段々とゲームに入っていけてたし
ウッチーとバランス取ろうと良く回り見て動いてた。
結構、ウッチーが攻撃参加するので、下がり目やったけど
慣れてくれば攻撃参加も見てみたい。
パフォーマンスへの評価は、選手交代時の万博中の拍手が
すべてを物語ってる。
前半の内容は完璧でした。
相手ミスではあったけど
それを逃さず、先制、追加、ダメ押しで点取れたし
相手シュート1本に抑えるディフェンスの頑張り。
早めに追加点まで取れた事が、ボランチ2人に
落ち着きと余裕を与えられた。
後半は、全体的にすべてが緩くなってましたね
守備は要所要所はきっちり押さえてましたが
攻撃が淡白、行けたら行こうみたいな感じで
勢いが感じれなかった。
点差が開いてるので、こうなってしまうのも
仕方ないが、セットプレーやマグレクロスに
合わされたり、マグレミドルで取られる可能性も
十分あるわけで、そうなりそうなシーンも実際あった。
1点取られると相手を調子づかせて
福岡戦みたいにズルズルなんて可能性もある
まだ、アウェーでの栃木戦もあるので
戦意を喪失させるぐらいにいって
相手に「もうガンバとやりたくない」と
思わせるぐらいでも良かったと思う。
今日は、丹羽は気合入りまくってたね
随所にプレーにそれが表れてた。
特に秀逸だったのはラインコントロール
今ちゃんは受けに回ると下げすぎるけど
下げすぎず上げすぎず。
裏取られるシーンもほとんどなかったし
それが後半0点で抑えれた要因でもあると思う。
この試合、ウッチー、岡崎にとっては大きな自信になったと思う
また、粘り強い守備で結果0点に抑えたので評価はできる
攻守に安定してきてるので、これを継続して
首位キープしてもらいたい。
皆様、お疲れ様でした。
北九州には行けませんが、リアルタイムでは観戦できそうなので
こっちで応援します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください