vs ギラヴァンツ北九州

毎度ご来訪ありがとうございます。
今回は、久しぶりに梅田のHUBで観戦してました。
試合前、神戸がドローの結果を知り、勝てば今後に優位になる試合は・・・
勝ったけど栃木戦とはまた違う物足りなさを感じる試合でした。
先制点は最近良くある早めの得点
こぼれ球に加地さんがよく競り合ったし
家長が寄せた事によりマイボールにできたし
秋はよく決めた。個々のガンバりがあって取れた点
結果的にこの試合の唯一の得点になった。
ここに物足りなさを感じる。
もっと言うと、本気で2点目を取りに行ってないように感じた。
1点取って多少、余裕を持つことは悪くないと思う。
でも、この試合では、90分ずっと余裕を持っているように感じた。
北九州は、点入れられた後もブロックを作って
守ってカウンターって言うJ2下位特有の戦術。
これをやってくるとこは、これからも当たる訳で
今までも鳥取とかに苦戦してるし
1点取って余裕があるからこそ、今後のドン引き攻略の為に
もうちょっとチャレンジしてもよかったんじゃないかなと思う。
後半は、万全ではないレアンドロに代えて川西投入
しかし、後半は防戦、隙見てカウンターの展開になり
川西がまったく活きない展開
押し込まれてて、0点に抑えた事は評価できるけど
前の日記にも書いた通り、マグレで点を入れられる事もある。
1本ポスト叩いたシュートもあったし。
言っては失礼やけど、北九州やったから
相手の決定力のなさと言うか、迫力の無さに助けられた部分もあり
これを良しとしては今後の為にはならんと思う。
正直、勝ってもあまり上積みのない試合に思えた。
年に1回くらい、こういう省エネな試合があってもいいと思うけど
J2上位のチームには通用しないし、ガンバの目指す所はもっと上と思うので
試合内容を突き詰めてほしい。
現地で応援されてた皆様お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください