vs 水戸ホーリーホック(ホーム)

毎度ご来訪ありがとうございます。
台風予報のこの日
台風の中心は近畿地方から離れてましたので
それほど大荒れにはならないとは思ってましたが
まあ、雨はよく降りましたね・・・
さて、天皇杯がありましたが
リーグ戦は、ドロー、負けと続いた
立て直しの一戦
神戸が勝ち点2差で付いてきてるので
もう、取りこぼしは許されない。
ましてやホーム
何が何でも勝たなければならない試合は・・・
結果、完勝ですが
前半は良くなかったですね。
相手の決定機が入っていたら
試合の流れは、わからなかったと思います。
そういう意味では、影のMOMは
ガヤだったかなと思いました。
前半、最近絶好調の藤春が2度良いクロスを
上げましたが得点に結びつかず。
ここで取れないと、相手の攻撃ターンに
なった時怖いと思ってたら案の定
鈴木から山村へパスが入りポストになって
フリーの輪湖がシュートを打つもガヤが止めた。
丹羽が鈴木を追っかけて取りに行ってる間に
山村のマークを今ちゃんは外してる。
見方によれば、もう一人いた藤春任せ?
この時のDFラインは明らかにおかしく
失点してもおかしくなかった。
逆にここを凌いだから
CKから得点して、この試合楽になった。
早くて強いキックをピンポイントで蹴れる
ヤットの技術の高さで得点
その後は、この日意識の高かった前線からの守備で
チャンスもあったが得点には至らず。
至らなかった原因は、ロチャだったかなと
前後半で宇佐美、阿部、フタが守備頑張っても
ロチャの所でほころびがあり
また、高い位置で取れてもロチャからの連携も悪く
つながらないシーンも多くありました。
まあ、後半は宇佐美も歩いてましたが・・・
残念ながら、この試合に至っては、完全に蚊帳の外でした。
ロチャは、その試合によってはまるか
はまらないかになってきましたね
そのムラが無くならないと、レギュラーは危ういかも・・・
後半開始早々、阿部のゴールで追加点
この時はスローインからの流れで
左サイドにこちらが人数をかけていて相手が密集してる中
早いパス回しがあり、阿部に渡った。
マーカーを切り返しで振り切ったシュートは見事。
阿部はシュートが正直で、キックフェイントなど
工夫が必要と以前のエントリーで書きましたが
今回は成長をうかがわせる見事なテクニックを披露してくれました。
前試合の天皇杯ではグズグズでしたが
この試合ではそれを取り返す動きで攻守に走って貢献
我慢して使ってくれた監督の起用に見事に応えてました。
これで一皮向ければ、今、失速気味の晃太郎に代わって
レギュラー取りのチャンスかと
3点目の起点は全員の高い守備意識から
ガンバの右サイドを一旦抜けられるけど
星原が全速力で追いついてクロスを防いで
相手がつないだ所を阿部がカット
それを星原がヤットに預けルーズになりかけるも
降りてきた川西が体を入れてボールを残しフタが
フリーのヤットへパス、逆サイドの宇佐美へサイドチェンジ
ドリブルのある宇佐美に飛び込めない相手DFをひきつけて
絶妙なタイミングのパスに藤春のダイレクトの折り返し
一旦降りていた川西がここまで走ってきてる。
泥臭いゴールやけど、守備から展開してゴールまでの
流れが美しい。
4点目は藤春の奪ってからの攻撃の意識
ガンバの左サイドで相手の攻撃が終わり
既に藤春が走り出して裏狙ってるんですね
そんないい動きをボールホルダーのヤットが見逃す訳なく
縦にボールが入り、なんとか藤春が中に折り返し
阿部がおしゃれヒールで浮かせたボールをGKファンブル
宇佐美は流し込むだけでした。
5点目は、相手のパスミス
フタに渡った時には、決まったと思いました。
まず、特筆すべきは、万博の芝でしょうか
あれだけ降っても水溜り一つできないし
ガンバのパススピードを促進させてました。
水戸のパススピードと比べたら一目瞭然
水戸は完全にフォーメーションミスってましたね
ワンボランチ、3バックではそのボランチの周りに
スペースだらけで、そこをいいように阿部、フタに
やられてました。そこにガンバが前半から
長崎戦の反省を活かして全体的に
前から守備、取ってからの攻撃への切り替えを
見事に意識してたことで、スムーズに攻撃できてました。
上記で影のMOMはガヤと書きましたが
自身のこの試合のMOMは丹羽です。
鈴木とマッチアップしつつ
絶妙なラインコントロールで
裏を取られたり、ミドル打たれず
ほとんど危険なシーン無く無失点で終えた事
また、選手間の距離感も良かったのは
高い位置でDFラインをキープしたおかげもあると思います。
加地さんに代わって入った星原は何の遜色もなかった。
むしろ、まだ未知数だけに、右サイドの藤春になれる
ポテンシャルは十分感じました。
この試合でも裏抜けしようとしたりして囮になってたり
守備機会は少なかったものの、落ち着いて対応してたし
パス回しは、ぎこちなさもない。
どうしても藤春が調子いいので左サイドに
かたまりがちな攻撃が分散すれば相手チームは脅威かと
やっぱり、きちんと意思統一して各々が仕事をすれば
結果は付いて来るものかと思います。
問題はこれを続けられるかですね。
多少、水戸が自爆してる感もあったので
慢心せず、突き進んでいってほしいです。
豪雨の中、みなさんお疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください