vs モンテディオ山形(ホーム)

毎度ご来訪ありがとうございます。
何かと慌しいホーム最終戦
相変わらず役に立たない抽選番号を引く
年パスのポイントプログラムの景品交換に並んだり
BIG THANKSのタオルをゲットするために並んだり
山形名物カレーパンといも煮に並ぶ


いも煮は美味しかった。こちらにない味付けでしたね。
カレーパンは、山形牛入りはそこそこ中身が詰まってたけど
チーズ入りはスカスカやったwずんだ餅を初めて食しましたが・・・
枝豆をつぶし甘く味付けした餡が乗ってる餅
その甘い枝豆が自分の口には合いませんでした。
選手がバスで到着後にゲーフラ撮影会を開催
集合写真
自身も参加してきました。楽しかったですね。
うちのチームの手作りゲーフラ職人のゲーフラは大人気でした。
これ、ホーム最終戦の恒例企画にできたらいいと思います。
さて、勝てば優勝の試合、代表組が抜けてるのは
もはや言い訳にならない。せっかく行く群馬が
消化試合になってしまうのもちょっと複雑ですが
やっぱりホームで決めてしまいたい。
優勝するんだという強い気持ちをピッチで見せてほしい試合は・・・
優勝した試合なので、良い所ばかり書きたい所ですが
いつも通り、客観的に見た自身の感想を素直に書きます。
結果には満足してますが、試合内容はちょっと残念に思いました。
宇佐美に助けられた試合でしたね。
山形のほうが、プレーオフに出たい気持ちが強く出てました。
ただ、宇佐美の個人技と決定力がそれを叩き潰したって感じでしょうか
京都戦同様、終始押し込まれてましたね。
単純にディフェンスラインが深い、それで中盤にスペースできまくりで
セカンドボールも取れないしプレスもあまり効かない。
最終ラインとボランチの関係も悪い。京都戦は何だったのか?
相手の勢いに押され防戦一方。ホームでは攻撃的に行ってほしいし
点取りにいってほしい試合でこのラインの下げようはどうなんやろ?
しかしながら、今のガンバには少ないチャンスを物にできる力と
決定力を持ってる宇佐美がいる。
1点目、相手が最終ラインに蹴ってきたボールをヘディングで
自陣に返してくれたのはラッキーでした。
佐藤が競り合い、流れたボールが宇佐美の元へ
ワンタッチでボールを前に出し相手を置き去りにし
コースがあまり無い所でもきっちり逆サイドに流し込んだ。
1失点目、このCKになる前のFKになったファウルの判定は微妙ですね
ガヤはよく弾きました。CKは萬代に誰も付いて行ってないし
ニアにいたフタが気づいて行きますがボールが良すぎてフタを越えてしまった。
フリーにしてる、誰も競り合ってないのはいただけない。
2点目、すぐ返せたのは良かった。クリアボールを藤春が拾って秋に預け
左サイドのスペースに走り出す。秋のスルーパスが絶妙
きっちり藤春のスピードを考えたパス。
相手は仕方ないですね、ゴールに向かって走ってきてるので
結果、オウンゴールやけど藤春の得点と言っていいでしょう。
その後も一進一退で、なかなかお互いペースを持って来れなかった。
早めに3点目取らないと、この試合わからんぞと思ってたら・・・
3点目、フタが丹羽フィードを体を入れて収めて
一瞬で宇佐美を確認してすぐにパス
VTRの角度からではオフサイドかどうかわからない
宇佐美をDFをかわすためにボールをそらし
しっかり足元に収めた。
DFとの1対1になり、左に大きく相手をかわした瞬間
1対1のカバーに入っていたDFはドリブル警戒して右に振れた為
真ん中にシュートコースができていた。
そこを逃さずシュート、かわしてからシュートまでのスピードが
半端なく早い。ってか、いくつ得点パターンを持っているのやら
ほんとに頼もしい限り。
時間帯的には少し早い追加点だった。
安心するにはもう一点必要と思ってた。
ロチャと晃太郎が入る。攻撃カード
しかしながら、ガンバの攻撃スイッチがなかなか入らない所を
相手に足元すくわれた。
2失点目、とにかくこの日、DF陣は萬代をつかまえきれずにいた。
簡単に縦パスを入れさせ、萬代がフリーでサイドにはたいた球が
再び萬代に帰ってきたとき、両ボランチは萬代に食いつき
ロメオフランクはドフリーでミドルを打ち、ガヤが弾いた所を押し込まれる。
京都戦の今ちゃんがよかったから、余計に岡崎、内田コンビが駄目に見えた。
京都戦、バイタルに入ってくる相手をことごとくボランチと最終ラインの連携で
ボール奪取し、京都に真ん中からは何もさせなかったのに
この日、両ボランチ及び、最終ラインは
ラインを低くしてるにも関わらず、バイタルのケアを誰もしてない。
常に相手の誰かが浮いている状態で、縦にパス入れ放題。
うっちーと岡崎の関係性、及び最終ラインとの連携がまったくなかった。
攻撃に関しても、京都戦からまったく進歩がない
ラインが深く、両サイドが下がって守ってる為
ボールを取れても、すばやく攻撃に行けない。
その後も押し込まれるシーンが多くなるが
何とか持ちこたえ、勝利
ホームで優勝を決めた。
現地では応援に必死やったし、試合内容も細かく見れないので
とにかく目の前の結果に喜び、泣き崩れる藤春にもらい泣きもした。
嬉しい気持ちとホッとした気持ちが混ざり合う中
優勝の余韻を楽しんだ。
代表組不在でどれだけできるかが楽しみだったが
帰ってVTRを見直すと、残念に思うことばかりだった。
結局は代表組み2人がいなければ、チーム力は落ちてしまう。
今シーズンの若手の成長の証を見れぬまま終わってしまった。
今日のような内容では、J1で通用しない
J2を戦い、試合を重ねて行くにつれての成長は感じたが
今必要なのは、J1で勝てる力とそれを意識すること
昇格、優勝が決まってしまった今
目の前の試合をこなすだけではもったいない。
最終戦を消化試合でなく、内容と結果に
こだわった試合をしてもらいたい。
代表組は合流しないニュースを今聞いた。
その中で、山形戦よりも進歩してる事を期待する。
こちらも、精一杯後押しする。
優勝や昇格について及び今シーズンについては
最終戦が終わってから書きます。
皆様お疲れ様でした。
群馬でJ2ツアーも最後、ガンバりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください