遅ればせながら、昨年の感想など・・・

あけましておめでとうございます。
気がつけば、アクセス数も2万を越え
昨年は沢山の方々にご来訪いただき感謝いたします。
今年も、自身の視点で
また、遠征もどれだけできるかわかりませんが
できるだけ、現地で自身が見たもの触れたもの、現地で感じた事なども
織り交ぜながらブログを書いていければと思っております。
よろしくお願いします。
毎度ご来訪ありがとうございます。
だいぶ遅くなり、移籍加入情報などもあり少しずつ
今年のチーム状況が進みつつありますが
やっとこさ自分は昨年の感想ですw
2012年はとにかく後半走れない、勝負弱い。
勝てる試合をドロー、ドローで終われる試合を負けて降格した。
大多数の選手は残ってくれた。これはほんとにありがたかった。
逆に言うと後半走れない、勝負弱いメンバーでもある。
監督が変わっただけで変わるのだろうか?
得点はリーグ最多得点、攻撃力はあるはず
守備を改善すれば良いという事は誰でもわかるけど
それによって、攻撃力が落ちてしまっては意味がない
変わるのだろうかと言いつつ
やっぱり、監督が変わってチームも変わらなければならない
ガンバのパスサッカー、攻撃力を継承しつつ守備力の向上
これができれば、昇格もたやすいと思われる。
シーズン序盤は難しいにしても、中盤から後半戦には
それができていると信じて、慢心や油断せず
チャレンジャーの気持ちで向かってほしいと願った
もちろん、守備だけでなく若手を育てつつ
個のレベルアップも図りながら
J2でチーム力を上げつつ
圧倒して昇格が理想的だし、その期待もしてしまう。
長谷川監督が掲げた数字は、7試合で勝ち点15
「7試合で2敗もするのか」と思った自分は欲張りなんだろうか?w
もちろん、全勝を狙ってほしいし、それは無理にしても
自身は7試合で5勝1分1敗ぐらいで行ってほしかった。
そんな期待と不安が入り混じったシーズンは・・・
初戦、京都△現実を突きつけられた。普通は負け試合
キャンプもやってるし、ある程度、攻撃も守備も
何とかなると思ったけど、1からやり直すという事は
こういう事かと、負けなかっただけマシな試合
2節、長崎○勝ったけどもの足りない
3節、横浜△決めるべき時に決めきれなかった。内容的には
初戦より良くなったけど結果が出ない。
4節、熊本△代表組がいないのは言い訳にならない、守備が緩すぎる
5節、千葉△どっちが勝ってもおかしくない試合、やっぱり勝ちきれない・・・
6節、札幌○終盤の相手の猛攻受けるまでは、文句のない試合
7節、東京△どっちが勝ってもおかしくない試合、ホームで負けないが勝てない。
この7試合で勝ち点11、目標には届いてない。
何かのヤットさんのコメントで「序盤負けなかったのが良かった」と
いうのを見たが、それでは昨年と同じになってしまう。
勝たないと昇格、優勝は見えて来ない。
まだ危機感を持たなくてもいいけど
もっと強い気持ちを持って、勝つ執念を見せてほしいと感じた序盤
8節、山形○勝ったけどもの足りない
9節、松本○やっと連勝、しかしオウンゴールのみ・・・
10節、富山○快勝
11節、鳥取△完全に相手舐めてた。
12節、岐阜○やっと勝ち方がわかってきたけど、相手を考えるともの足りない
13節、神戸●ここ一番で勝ちきれないのは相変わらずか
14節、福岡○後半アップアップでなんとか勝てた。
この7試合で勝ち点16、ノルマは達成
勝つには勝ったけど、辛くもって試合が続く
そして、首位神戸と対戦するも通用しなかった。
その次の試合も勝ったけど、まったく余裕がなかった。
守備の安定が勝利に結びついてきたけど、緩い所をつかれて
勝ち点落とすと言った印象
15節、群馬○大量点やったけどもっと取れた
16節、愛媛○勝ったけど個の力だけで、内容はなし
17節、栃木○相手のミスをうまくつけた。
18節、北九州○最初に点とってそれだけ
19節、水戸○岡崎のループはきれいでした。
20節、岡山△試合の入り方が悪かった。
21節、徳島○パウが躍動してた。
やっとJ2の戦いに慣れてきたのか、攻撃も守備も安定してきた
7試合で勝ち点19、結果は上出来
けど、攻撃を引っ張ってきた秋の長期離脱が決定・・・
改めて、ガンバのチーム力が問われる中盤戦となった。
22節、岐阜○大量点はいいが点の取られ方が悪い
23節、千葉●大勝の後に気を緩めすぎ
24節、北九州△敗戦から修正ができてない。
25節、神戸○宇佐美のおかげだけど大きな勝利
26節、東京△勝てる試合を無策でドロー
27節、岡山○ギリギリ勝てた。
28節、福岡○暑い中省エネでなんとかなった。
大量点で勝った後の緩い所を突かれて負け
そこから切り替えができずにホームでドローと
悪い流れを宇佐美が救ってくれた。
攻撃は明らかに活性化した。
7試合勝ち点は14、ノルマ達成せず
29節、札幌○良い勝ち方でした。
30節、鳥取○お祭り
31節、横浜△大量点の後はやっぱり勝てない?
32節、長崎●完敗、走り負け
33節、水戸○相手のミスが多かった。
34節、松本△相手の勢いに飲まれてた?
35節、愛媛●ホームでこの負け方はアカン
宇佐美で活性化した攻撃が宇佐美頼みになり
宇佐美の出来で試合が左右されるようになってきた
また、ロチャが通用しなくなってさらに苦しくなった
水戸戦だけは、はまったけど、何か悪い流れが漂ってた
7試合勝ち点は11、優勝に向かってのセットアップでつまずいた。
36節、栃木●個々のDF対応が悪すぎる
37節、富山○さすがに前節を反省した内容
38節、徳島○アウェーで圧倒
39節、熊本○勝つ気持ちが全面に出てたいい試合
40節、京都○攻められてるのに勝った不思議な試合
41節、山形○なんとか勝って優勝決めれた。
42節、群馬△消化試合
初の連敗から立て直し、横浜戦からの悪い流れを富山戦で断ち切れた。
うまくいった要因は今ちゃんボランチとヤットさんFW起用
ようやくバランスが良くなり連勝できた。
7試合勝ち点は16、しかしながら、年間トータルで
目標の勝ち点90に届かなかった。
この年の大目標は、J1昇格でありJ2優勝であり達成された事は
良かった。しかも、若手の内田、西野、岡崎、大森を起用し
成長させながらだから、価値は更に高いと思うし
長谷川監督の手腕による所は大きい。
しかしながら、サポも期待した姿、最初のサポミでも言っていた
「圧倒して昇格する」は成し遂げれてない気がする。
J2を舐めてはいけないけど、それでも我々も見据えている所は
もっと上のレベルであり、チーム力を上げて、直ぐにでも
J1で通用する力がほしい。その為のベースはできたのか?
考えると、ちょっともの足りなさを感じるシーズンではありました。
上記に書いた。攻撃力を継承しつつ守備力の向上はできたかと言うと
相変わらず失点は多いと思う。
攻撃力も個の力に頼るところも多かった気がする。
監督が変わり、一からチーム作りをしているので、良くやったと思う反面
以前の強かった姿を知っているだけに、手放しで喜べない
何か不思議なシーズンでした。
何にせよ、もう終わったので、また、上を目指すために
チームとしてどうやっていくかが重要になる。
ユース出身を放出し、J1仕様への血の入れ替えも進められているけど
それを、どう活かすか?
まだ、加入発表も少ないしどうなるかわかりませんが
とにかくすべてにおいてレベルアップして
立ち向かってほしいですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください