vs ベガルタ仙台(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます。
J-COMに加入しているのでJsportsで再放送を録画して見ようと思っているのですが
ガンバの試合の再放送が次の週の水曜とかで遅い上
自身のスケジュールの関係で再放送の録画が全然見れないw
たまらずいつでも見れるスカパー!オンデマンドに加入しましたw
連続アウェー、しかもまた寒い仙台
ほんまに、現地組の方々には頭が下がります。
仙台はまだ行った事がなく、是非とも行きたいアウェーでもありますし
どうせ行くなら泊まり行って観光し、少しでも復興のお役に立ちたいと思ってます。
さて
アウェー新潟で勝ち点3とれたものの、課題の多い現状
守備は安定しているが、いかにそれを攻撃につなげるか
また、全体的にJ1のスピードやテンポになってないので
そろそろアジャストしてほしい試合は・・・
リアルタイムで見れませんでしたが、スタッツを見るとシュート1本
どんなダメな内容だったのだろうと、ある意味楽しみだったが
実際に試合を見るとそこまで絶望するような内容ではなかった。
内容からしてシュート1本はそんなに気にならなかった。
防戦一方で相手陣地でまったくサッカーしてないとか
シーズン終盤でこの状態ならともかく
相手陣内で仕掛けもあったし、入らないシュートは何本打ってもしょうがない
開幕戦、シュート7本打って無得点で負けてるんですよね
シュート1本でもアウェーで勝ち点1取って来るほうが、負け試合よりは
価値があると思うし、むしろシュート何十本と打ってるのに
無得点のほうが自分は腹立たしい
仮にガンバが絶望的なら、開幕から連敗してて迎えたホームゲームで
勝ちに来た仙台がそのガンバを何ともできないほうが深刻やと思うw
シュートこそ少なかったものの、パスでの連携でサイド深くまで行けてたし
クロスは上がってた、ただ、単調なクロスが多かった。
足りなかったのは、個の問題と連携。
大事な所でトラップミスとか、変に突っ込んで取られるとか
ラストパスが長かったり短かったり、タイミングがずれたりしてるシーンが多かった。
その辺は個がもっと意識しクロスへの入り方など反省して
何試合もこなして行く事で噛み合ってくると思うし改善できると思う。
ここ3試合で一番藤春が上がっていくシーンが多かったけど
佐藤狙うクロスはほとんど失敗してた。チャレンジすることは悪くない。
後は精度だけ
ただ、ヤットさんは重症ですな・・・ トップパフォーマンスには程遠い
ってかヤットさんの出来で攻撃の質が決まってるようではダメだけど・・・
後半、仙台が攻撃のペースアップを図ってきました。
もちろん、ホームですし連敗してるので取りに来るのは当然
危険なシーンもありましたが、凌げた事は評価できるけど
相手の攻撃を逆手に取ってカウンターなり仕掛ける事もできなかったのも事実
ずっと言ってる守備から攻撃への切り替えと意識
前線と距離があり押し上げれてないのにロングボール送っても相手のボールになるし
相手ラインが高い位置にも関わらず、縦にボールが出ないでチグハグ
そこは、大いに反省してほしい。
この2試合の切り札だった晃太郎を先発で使ってしまった。
この2試合の晃太郎のパフォーマンスを見ると、先発で使いたくなる気持ちは分かるが
現状、切り札となりえるカードがない今、晃太郎は後半勝負でいいと思った。
逆に、米倉とリンスは先発で長い時間使ってこそ良さが出る気がする。
開幕から比べれば全体的に段々とは良くなってきてる
危険なシーンはあるものの、守備は良くガンバってて
流れの中で取られた点はないし、セットプレーも開幕戦の事故だけで
しっかり凌げてるし状態としては悪くない。
もちろん勝ててないのでチームとして良くはない
これだけ攻撃が悪ければ、攻撃に対して選手や監督も考えて修正してくるでしょう
アウェーで勝ち点1取れた事をプラスに考え、出来なかった攻撃について
反省をして次に向かってほしいですね。
各SNSを見ると、シュート1本を嘆くコメントばかりで
攻撃が絶望的で今後どうするんだというコメントが目立った。
そしてこんな記事も出てくる。
超攻撃は何処に?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140317-00000024-goal-socc
自分は2012年にガンバの超攻撃サッカーは破綻したと思ってる。
自分たちのスタイル、ポゼッション、パスでこじ開ける事を貫いたが
攻撃で相手をねじ伏せることが出来なくて失点と負けを重ね降格した。
年々進化していくJリーグの中で超攻撃を進化させることができなかった。
2013年に長谷川監督が就任、監督はガンバの攻撃的な部分を継承しつつ
守備にも力を入れると言った。J1昇格、J2優勝という命題を背負いながら
守備のてこ入れをし若手を育てつつ、結果を求められる中で戦い
目標を達成した監督の手腕は高く評価されるべきやと思ってます。
そして今年まだ3試合やけど、どちらかと言うとガンバは守備的な戦いを強いられてる。
たぶん、やろうと思えば攻撃にウエイトを置いてやれん事もないでしょうが
それでは2012年と同じになりかねないと思うし、2012年のガンバを見てて
再建するにあたってまず守備強化するという考え方になるのは極当たり前の事と考えます。
なりふり構わず攻撃のスタイルを貫き、もう一度降格したいですか?
自分はもう、あんな悲しい思いはしたくない。
自分は今、ガンバは2012年に破綻した自分たちのサッカーを再建してるとこやと思ってます。
ガンバの超攻撃のピークはどこか測りかねますが、その時と比べて
監督も選手も変わってるんやから、やるサッカーが変わるのも当たり前
しかしながら、今までの監督のコメントの中で「ガンバを守備のチームにする」なんて
一言も聞いた事はない。
安定した守備の上にポゼッションやパスを中心とした破壊力のある攻撃的なサッカーが
できるようになったとしたら?
それは、チームとして進化した事になるのでは?
自分は今そこに向けてガンバは進んでると思ってます。そこに行くために
J1でも通用する強固な守備を作っている最中で、3試合ですがそれなりに結果は出てると思います。
そこに乗っかる攻撃はまだまだですが、そんなに簡単に事が進むマジックを監督が使えたら
J2であんなに苦労しないと思います。
ただ、ある程度、守備に手ごたえを得たら攻撃にも着手するでしょう
この間行ったサポミでもフロントはガンバ再建に関しては長い目で見ているようでした。
公式HPの議事録で強化の部分を見てもらえばわかりますが
「昨年から2013、14、15年と3年間、次の世代をにらんだガンバ作りを今やっております。
そして2015~16年にかけて、新しいスタジアムが出来る。新スタジアムで
アジアへの再挑戦というチーム作りをして皆さんにお披露目したいと。
最後は2020年に向けて世界と戦える魅力あるガンバ、チーム作りをやっていきたいと。」
とあります。
フロントもチームも先に向けて進んでる途中な訳ですよ
この先のガンバの為に種を撒いてる時期で、それが今やと思ってます。
サポも過去のいい時を見て今を見るのではなく、先を見て今を見ませんか?
もちろん再建途中ではあっても、毎週試合はやってくるし
勝ち点を稼いで上を目指す為、選手はガンバってると思います。
そんな再建中のチームが少しづつ良くなって成長を感じるのが
今、楽しみになっている自分もいます。
チームに対して現状を認識しつつ
監督、選手やを信じて叱咤激励し応援していきます。
ナビスコカップを挟んでリーグはホームであるが
相手は広島、この守備がどこまで通用するか
攻撃はどうか楽しみです。
仙台に遠征されていた皆様、お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください