ナビスコカップ vsヴィッセル神戸(ホーム)

毎度ご来訪ありがとうございます。
ナビスコ予選は7年ぶりとか
その7年前は優勝した。
ニューヒーロー賞は安田だったし懐かしい。
ベストメンバー規定が大幅に変更になったらしく
ガンバは7人代えてきた。
これから長丁場のリーグとナビスコを戦っていく上で
主力を休めるしベンチ、ベンチ外メンバーの
公式戦経験を積む上では大きい
さて
リーグでは、3試合で今だ失点1
丹羽以外変わったディフェンスラインがどんな守備するのか
そして、攻撃陣ではリンスが先発でどんなプレーを見せるか
大明神や阿部など状態はどうか楽しみな試合は・・・
まず、このメンバーで勝利できた事は大きいです。
得点したリンス、佐藤と攻撃に注目が行きますが
自分は、丹羽以外変わったディフェンスラインが
失点0に抑えた事が素晴らしいと思います。
序盤はよくパスが回ってました。
正直、仙台戦のメンバーより良く回ってました。
神戸のメンバーがどの程度落ちていて
どの程度戦力を落としているかは、分かりませんが
それを差し引いても「やってやる」て気持ちが出ていて
見ていて気持ちが良かった。
前線からの守備も良かったです。
それが攻撃にもつながってましたし
丹羽のラインコントロールも良く
今ちゃん、大明神のとの連携もスムーズでしたね
神戸の攻撃のテンポが上がって押し込まれてた時も
センターバックのカバーを米倉がやったりと
良い連携が見れました。
阿部が目立ってましたね、攻守に
切り替えも早く良く動いてボールを引き出してました。
米倉も良く走り裏を狙ったり本人の良さを出してました。
前半の中盤以降は神戸に主導権を握られて
押し込まれたシーンが多かったですが
そこを失点せず耐えれたのは大きかった。
後半始まってすぐ
神戸がまだゲームに入りきれてない所を突けた
スローインを今ちゃんかぶったりそこをリンスが拾い
中央に切れ込みシュート
綺麗にアウトに引っかかったボールは
サイドネットに突き刺さった
神戸のディフェンスは、一瞬だったがボールウォッチャーになり
リンスが切れ込んだが着ききれなかった。
リンスはそれまでにも見れたが、シュートの意識も高く
個でゴリゴリ行くタイプでもなく周りを活かしながら
自分も活きるタイプ、状況によっては強引に突破も行くし
まだ、伸びしろがありそうなので楽しみ。
2点目はラッキーでしたね
今ちゃんのボールカットからハーフカウンター
縦のリンスに送り切れ込む所をカットされるが
相手のクリア?かパスは走りこむ佐藤の前に転がりミドルで沈めた。
この得点につながったのは高い位置でのボール奪取
しっかりプレスをかけて、今ちゃんの素晴らしい読みで
ボールを取れた。崩して取れれば理想だが
崩しきらなくてもショートカウンターなど
チャンスでは決めきらないといけない。
そういう意味では、佐藤は良く上がったし決めた。
右サイド阿部が抜け出して
どフリーのフタはシュート決めないといけなかった。
リンスが相手のバックパスを拾ってGKをかわしたシーンは
決めないといけなかった。
3点目取る事により、ほぼこの試合を決める事ができる。
今のガンバの守備は堅く、大崩れする事は考えずらいが
何があるかわからないのもサッカー
決めるべき時に決められないで落とした試合も多い
この点は反省しないといけない。
リンスは、残り15分ぐらいでガス欠気味だった
3点目を決めていれば、おそらく小川の出番も
もっと早かったと思われる。
もうすこし長く見たかったですね
2得点したものの、崩して取ったのではなく
2人の個人技で取ったゴール。攻撃に関してはまだまだ、改善の余地はある
今回は、冒頭にも書きましたが
丹羽以外代わったディフェンスラインが0に抑えた。
誰が出ても同じクオリティの守備ができる
これは、今後長いリーグを戦っていくなかで大きな収穫
また、チームの底上げができているという意味で非常に嬉しく思いました。
また、シュートは決めれなかったけど阿部の貢献度は高かった。
大明神も衰えが心配される中、らしさが出てました。
本当にこのメンバーで勝てた事が大きいし嬉しい試合になりました。
広島戦、どんなメンバーになるのか楽しみになりました。
7年ぶりのナビスコタイトルへ突き進んでほしいと思います。
平日に現地観戦された皆様。
お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください