vs ヴィッセル神戸(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます。
試合開始20分ぐらい前にスタジアムに到着したので
スタグルは堪能できず・・・
到着した時には急いでたので汗だく、今日も湿度は高し
DSC_0999.jpg
さて、2連勝の良い流れをつなげたい
「勝ってる時はいじるな」でメンバーは前節と同じで
秋はベンチスタート、パトリックには前節と同じ
パフォーマンスを見せてほしい試合は・・・
セットプレーで3点ありましたが、2点は流れから
よく取りました。この3試合先制できているのは
大きいと思います。
それに、危険なシーンや多少運も味方したが
岩下、西野、ジェソクがしっかりと守備をしてくれ
耐える時間をしっかり耐えれたのが
この大量点につながったと思いました。
序盤は、ほぼ互角にチャンスを作るが決めきれず
その序盤でちょっと神戸のディフェンスが集中を欠いた。
1点目、左FKからのリスタートをつなぎ宇佐美が縦にパス
晃太郎がドリブルでやや深い位置までいきサイドの阿部へ
その時間を使って上がって来た宇佐美へ渡すと
右足一閃、アウェー側からは入ったのか何なのかわからなかったが
宇佐美が喜んでいるのを見てゴールだとわかった。
晃太郎がドリブルで持ち上がりDFラインを下げ、作ったスペースに
宇佐美といい攻撃でした。
1失点目、西野の手に当たったのは事実で
あれは審判によって、取る取らないはあるでしょうが
取られても仕方がないと思います。別に西野が悪いとは思いません
しかし、ペドロがダイアゴナルランで裏に抜けようとした時
岩下はオフサイドを取りたかったみたいですが、ラインが揃ってなかった。
ラインコントロールをミスってました。そこが問題だと思います。
ペナに入られた以上は、西野が振り切られて決められてたかもしれないし
強引にペドロがシュートを打って、西野に当たって
入ってしまうなどもあり得る訳です。
今回は不運にも手に当たってしまいましたが
そういった形でピンチになるので、できるだけペナに入らせないような
ディフェンスの仕方をしなければならない。
2点目、西野はよく折り返しました。
GKの山本は出たら触らないといけないのに
出遅れて、西野が先に触ったのはラッキーでした。
後は、宇佐美が無人のゴールに流し込むだけでしたね。
セットプレーからの得点は久しぶりのような気がします。
神戸は、マルキーとペドロに攻撃は頼りすぎですね
マルキーとペドロ狙いの中央への縦パスがばかりだったので
岩下、西野は守りやすかったと思います。
このCB2人のコンビネーションはだいぶ良くなりましたね。
どちらかがチェックに行ったらどちらかがカバーの関係が
しっかりできていて、特に西野はチェックに行くタイミングと言うか
読みが良くなって、相手に渡る前にカットができてました。
ただ、やっぱり前線へのフィードやパスが悪かったりするので
そこは練習が必要やけどw
また、神戸はサイド攻撃がほとんどなかったのも
ジェソクがかなり効いてました。
ペドロとのマッチアップも、負けてなかったですし
米倉も多少、上がった裏を狙われる場面もありましたが
献身的なディフェンスができていたと思います。
3点目、神戸のディフェンスラインのミスですね
パトリックなんか絶対マークすべき相手なのに
ゾーンディフェンスに縛られてるからそんな事になる
まあ、きわどいタイミングで、リプレイ見ても
オフサイドかどうかはわかりませんが
ヤットさんのプレースキックは良かったです。
ハーフタイム、AKBが来て「恋するフォーチューンクッキー」を唄う
周りはみんなノリノリで一緒に唄ってましたw
DSC_1000.jpg
後半、序盤はガンバがチャンスを多く作ったが決めれなかった。
ここで流れが悪くなり後半15分を過ぎて、運動量が落ちると一気に
神戸が攻めたてた。でポストを叩くシーンもありましたが
よく凌ぎました。ここで入れられれば3-2
1点差になるとこの試合わからなくなる。
次の1点が重要だったが、ガンバが簡単に追加点をあげた。
4点目、またもや神戸のお粗末なゾーンディフェンス
ボールに対して、飛んでるのは相手1人だけとかw
ヤットさんのボールもいい感じで巻いてきたし
フリーでパトリックにやらしたらそりゃ入れられるよ
余裕のガンバのゴール裏からパスがつながる度に
「オーレ」の声が上がる、その声が得点を呼び込んだ。
5点目、余裕でパスをつなぎ様子を伺いながら宇佐美が
逆サイドのパトリックへ大きくサイドチェンジ
これが攻撃スイッチになった。
サイドのパトリックからパスが来たが、雑なパスで
阿部が浮かせて一人かわし、スペースで左ボレー
ポストに当たり、サイドネットに触れて入った事がわかった。
5点取って、攻撃に目が行きがちだけど
セットプレーで3点。
ガンバはセットプレーからの得点は少ないほうだったけど
パトリックのおかげで脅威となった。
パトリックにマークが付けば、岩下、西野あたりのマークが薄くなり
バリエーションが増える。
前節のパトリックのパフォーマンスは良かったけど
それ以上にこの日のパフォーマンスは良かった。
前で基点になれるし、ロチャのように簡単にロストしない
足は速くは見えないけど、大きなストライドで
相手より先に追いつくし、体の使い方もうまい。
これからマークがきつくなってくるが
そうなると、宇佐美や他にチャンスが回ってくる。
宇佐美はガス欠になるのが早い。
90分間走れんかったら、代表行っても厳しいで
ディフェンスラインの好調さが攻撃にもいい影響を与えて
やっと攻守がかみ合ってきた。
この調子を持続して夏場を乗り切ってほしい。
皆様お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください