ナビスコカップ vsヴィッセル神戸(ホーム)

毎度ご来訪ありがとうございます。
アウェーゴールの兼ね合いもあり、色々と計算される2ndleg
しかし、勝てばそんな計算はいらない。
1stlegは終始ペースを握られていたが
ホームでは、ペースを握ってほしい
アウェーでは2ndlegを見据えたような試合をしていたので
ここでは絶対勝たなければならない試合は・・・
文句なしです。完勝でした。
きっちり最近のガンバのパターンにはめ
ペースを握り試合をコントロールできました。
1stlegで無理をしなかった分、積極的に前に出て
優位に立つ試合運びにチームとしての成長が見えました。
いきなり積極的に仕掛けて、開始30秒で宇佐美のシュートがあり
先に仕掛けたのが効いた。
開始2分とスローインからのリスタートで
神戸の集中力のない所を突いた。
1点目、ジェソクの左サイドの飛び出しから得たスローイン
スローインを宇佐美がキープしてジェソクに渡している間に
秋が大外を回って飛び出し、ジェソクから宇佐美に返し
宇佐美が体を投げ出しながらの見事なスルーパスが秋に通った。
秋からドフリーの阿部がインサイドでふかさず
しっかりミートして増川の股を抜いた。
綺麗な崩しからのゴール。
ここで優位に立ちながらも1stlegと違って。
積極的に前に出て取りに行く姿勢が良かった。
神戸は逆に1stlegとは違い、受け身に回ったし
攻撃を急ぐあまり、リーグ戦の時のように
ペドロとマルキー頼みの攻撃が真ん中によってる状態で
ガンバディフェンスは守りやすかったと思う。
完全にガンバペースで試合が進んだ。
2点目
宇佐美は、ほとんどルックアップしてなかったのに
ニアのコース決める感覚は素晴らしい。
相手ミスでラッキーでしたがそこを見逃さず
きっちりゴールに沈められる宇佐美は流石です。
攻撃では、1点目呼び込んだのもそうですが
ジェソクのオーバーラップが目につきました。
1stlegでは全然試合に入れてませんでしたが
この試合はジェソクの積極性が、攻撃の勢いを加速させてました。
守備もさることながら、攻撃に積極的に参加して
チャンスを生み出してた姿を見て、藤春も奮起してほしいです。
後半、神戸が前に出てきて前掛かりになった所を
しっかり守って、カウンターで脅かすといった
ガンバのパターンにはまってました。
ようやく後半になって、神戸がサイドを使いだし
クロスも上がるようになりましたが対応できてましたね。
守備では、西野が良かった。
相手が持っているときの最初に潰しに行くタイミングが
だいぶよくなりましたし、そこでの潰しが結構効いてました。
また、よく集中してカバーリングもできていたし
非常に良い状態で、U-21のアジア大会に行けると思います。
3点目、相手が人数かけて攻撃にしてくる所を
しっかり粘り強い守備で相手からボールを奪い
ジェソクのフィードを競り合いで佐藤がしっかり体を入れて
マイボールにできたのが大きかった。
この競り合っている間に秋は前線に飛び出して行ってるし
宇佐美からそこに絶妙のパスが行った。
左シュートの切り替えしから持ち直してシュートは
ほんまに無駄のない綺麗なゴールでした。
宇佐美やパトリックがマークされだしても
秋が好調でほんとに助かってる。
阿部も怪我明けてから本調子でなかったけど
この試合では調子を取り戻してる事もわかった。
1stlegである程度セーブできていたのが効いたのか
運動量も問題なかったし、宇佐美も走れるようになってきた。
先制点が早く取れたけど、1stlegとは違い
積極的に前に出れたし、相手ミスでも追加点を奪えた。
後半、相手がペースアップしてきても守備がしっかり対応し
相手が前に出てきた所をしっかりハーフカウンターで仕留め
ダメ押し点を取った。
正直、この前のホーム新潟戦より取った点は少ないけど
内容としては強い内容だったと思う。
1stlegを反省し、しっかり2ndlegで修正できたことは
ホーム&アウェーでやるリーグ戦でも活きてくると思う。
天皇杯、リーグ戦とまだ過密日程が続くが
コンディションを整えて、立ち向かってほしい。
現地応援されてた皆様、お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください