vs セレッソ大阪(ホーム)

毎度ご来訪ありがとうございます。
ダービーウィーク、各SNSを見ると
豚を食べる写真で溢れてました。
自身は体重コントロールしていてあまり食べれなかったのですが
夜の空腹時に見るとんかつや豚骨ラーメンは、もはや豚テロでしたw
試合当日、久しぶりの抽選参加も役立たず。
今回はついに4桁番号まで出現してましたねw
我がチームからも何人かはコレオの準備をしたり
ビラ配りを手伝ったり、どことなく体育祭のような雰囲気を感じてました。
今回は、開店と同時に箕面のから揚げ屋へ
DSC_1059.jpg
よくばりセットを頼みました。
写真は撮り忘れましたが、富士宮焼きそばも食べた。
コレオの説明書きを配布する皆様、ご苦労様でした。

決起集会、諸事情により遠目から拝見しておりました。

入場時のコレオ

ゴール裏からは旗などでチラチラしか見えてませんでしたが
後で画像を確認すると素晴らしい出来でしたね。
(上記2枚の写真は、自身で撮れなかったので
http://togetter.com/li/722116 より許可を得て、お借りしました。)
さて、ダービーなので何が何でも勝たねばならない
しかし、リーグの順位を見ると、その差は歴然
チーム力の差も見せつけて勝ってほしい試合は・・・
勝てばOKですが、いつも通りブログでは
試合を見て、思った事を素直に書きます。
最初の5分は、いつも通りに勢いを持って攻めたけど
阿部の惜しいシュートもあったが決めきれなかった。
ここで入れていれば、いつものこちらのパターンに
持っていくことができたかもしれない。
セレッソは前線からのプレスが良くて
広島とは違い、ボールホルダーにしっかり付いてくるので
中盤で余裕を持てなくてガンバの生命線、中盤でのパス回しが
うまくいかなかった。余裕を持ってパスが回せない分、ミスも増え
相手の攻撃ターンになり、ボールを奪っても
低い位置からのつなぎになるので、攻撃にスピード感が足りない。
パトリックを走らせて、ラインを下げさせて中盤にスペースを
作ろうとするも、パトリックに収まらないし
宇佐美へのマークもきつく、中々に宇佐美にボールが入らない。
宇佐美が降りて来てボール持っても、押し上げも遅かった。
うまく対応されてた。いつものガンバのペースに持っていけない。
セレッソはガンバを研究してきてたし
守備からの意識が高く、簡単にはいきませんでした。
ガンバの守備に関してはいつも通りの粘り強い守備ができていた。
ジョンヤのトップでの試合の少なさを懸念してたけど
丹羽とサテでやってた分のコンビネーションは良く
ジョンヤアタックの丹羽フォローがしっかりできて
永井、杉本を抑えていたのは良かった。
お互い、シュート数も少なかったし
守備から入るとこういった膠着した展開になりますよね。
前半30分過ぎた頃から、ガンバが押し返してきた。
プレスが少し緩くなり、サイドバックの攻撃参加も増えてきた。
それにより、相手最終ラインを下げる事ができ得点につながった。
1点目、宇佐美が前からプレスをかけパスをつながせるのではなく
前へ蹴らせたのも何気ないけど大事な所、雑なフィードを
ジョンヤがマイボールにしてくれ得点につながった。
最終ラインからのつなぎでヤットさんから左のスペースに上がった
ジェソクにボールが入る。ジェソクがドリブルで上がり
相手ディフェンスラインを下げる。
宇佐美へパス、宇佐美がプレッシャーを受け今ちゃんへ下げた
この時に、宇佐美とジェソクにスペースができた。
再び、今ちゃんがジェソクに戻し、ジェソクのパスをワンタッチで
宇佐美がヤットさんに出し、ワンツーで相手のプレッシャーを剥がした。
内に切れ込む宇佐美に長谷川が着くが絶妙な間合いで飛び込ませなかった。
阿部は最初、開いてパスをもらおうとしてたけど
すぐにスルーパスを察知して動き出すと、絶妙のパスが来た。
宇佐美と阿部はほんとに質の高いプレーやった。
後半は、いつも通り相手が出てきた所を守ってチャンスを伺う
いい速攻などもあり、パトリックの抜け出しから
宇佐美のダイレクトシュートもあったが決まらない。
この日の宇佐美は、いい形で前を向かせてもらえなかったですね
この辺は、駆け引きとボール持ってない時の動きの質ですね
60分過ぎてからは、どちらもチャンスを作るが決定力が足りなかった。
ここで突き放すのと、取られるのでは大きく違うし
ガンバもチャンスで取り切れなかったので流れは良くなかった。
佐藤投入で流れを変えたかったが、しょーもないミスから
相手にチャンスを与え、永井のシュートボールがポストを弾く
70分過ぎてからは相変わらず粘り強く守りチャンスを伺うが
ちょっとしたスキで危険なシーンも作られる。
解説ではガンバはいつも通りコントロールしてると言っていたが
コントロールしきれてないように思えた。
疲れが見え攻撃も81分右サイドの崩しから
ビッグチャンスがあったが佐藤が決めきれなかった。
残り10分でフタ投入で守るな追加点狙いに行けのメッセージ
それが89分にようやく取れた。
2点目、フタのスルーパスが佐藤のトラップミスで流れ相手に
奪われたが、阿部のチェックでマイボールのスローインになった。
隠れたファインプレーです。
米倉スローインから、阿部が縦に流れて後ろに返したボールを
米倉が何とか残し宇佐美へ、この時、セレッソDFは縦の米倉しか
警戒してなくて、止まった所でフリーのフタを見つけてパス
宇佐美もコメントをしてたが、1発で仕留めてほしかった。
でも、2度目のチャンスは逃さず、佐藤が良く詰めた。
シュート数は変わらないけど、ゴールの匂いがするのはガンバのほうが多かった。
勝敗を分けたのは攻撃時の質。ここって時の集中力。
攻撃時のパススピードがガンバとセレッソは全く違うし
ガンバは早いのに正確につないでくる。
後半途中までは、いつも通り先制してしっかり守ってチャンスを伺い
コントロールできていたけど、守備が集中力を欠き
あわやのシーンも作られた。
正直、60分過ぎた所で余裕が無かったのが
ここ最近の勝ち試合とは違っていたように思った。
ダービーなのですべてにおいて完勝と行きたかったが
追加点取れたのが、終了間際だったしもたついたし
これまでの試合ぶりから考えるとちょっと苦戦した。
内容的にも圧倒して、違いを見せつけたかった。
もちろん、質の高い攻撃を見せれたし、堅守で完封したのは
強いと思うけど、ガンバはこんなものではないと思ってます。
中2日ですが、しっかり調整して
アウェーでの試合を乗り切ってほしいと思います。
今回のダービーは、自身はあまりコレオや準備などに
携われませんでしたが、1週間前から準備を進めているSNSを見たり
我がチームから携わっている人も何人かいたので間近で見てました。
そして、完成されたコレオ、万博の雰囲気、応援を目の当たりにして
本当のガンバサポである事を誇りに思い、感動しました。
準備を進めていただいた皆様、手伝われていた皆様には
本当に感謝します。
ありがとうございました。
PS.画像をお借りさせていただきました「jiro」様
ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください