vs 清水エスパルス(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます。
清水遠征は今回で4度目
朝6時過ぎにJR茨木を出発、高速は、渋滞にまったく合わず
御在所SA、浜松SAで休憩を取り、新東名を通って10時半頃清水入り
11時過ぎにスタジアムに到着
残念ながら、富士山はうっすらとしか見えませんでした。
DSC_1092.jpg
相変わらず綺麗なスタジアムですね
DSC_1077.jpg
チケットの左は清水のボランティアさんからのプレゼント折り紙
10653304_650853985028678_4614841516482293648_n.jpg
中にはメッセージが
こういう何気ないのが遠征サポにとっては嬉しいです。
DSC_1078.jpg
清水のスタグルは熟知
しおやの牛タンと桜えびとしらすのどんぶり、美味し!
DSC_1090.jpg
清水側のゴールで小さくて見にくいですが、この日、清水サポーターがPKを決めて
彼女にプロポーズをする企画がありました。
1本目思いっきり外してスタジアム全体がズッこけましたが
2本目で決めて、プロポーズされてましたw
さて、中2日と厳しい日程だが、それは相手も同じ
ダービーで燃え尽きてもらっては困る。
清水には失礼だが、ここは取りこぼしてはならない。
ここ最近、リーグでは相性の良いIAIスタジアムで
いつも通り試合をコントロールできるかだったが・・・
結果、点差はついたが、内容はあまり良くなかった。
良くないながらも、しっかり結果を出せているところは
強いと言えるが、色々なアクシデントも重なり
試合はあまりコントロールできてなかったように思えた。
中2日の影響を感じないほどでお互いの距離感とポジショニング
テンポが良くボールが回ってた。
清水はノヴァコ狙いで打開しようとしてたけど
CBがうまく対応してて、何もさせなかった。
距離感、ポジショニングがいいので、ボールが取られても
スムーズに守備に入れるし、良い位置でカットできていた。
相手がカットしたし弾いたセカンドボールもほとんど拾えてたし
序盤から1点目までの内容は言うことなし。
ただ、藤春だけちょっと試合に入れてないと言うか
チームのテンポから外れてる気がした・・・
コンスタントに試合に出れてないとこうなるのか?
1点目、解説の戸田が言ってたけど、清水のディフェンスラインは
押し上げないから、ディフェンスラインの前のスペースが使いたい放題やった。
そこに宇佐美が降りて来て、今ちゃんからパスを受けたのが起点
宇佐美が前を向き、佐藤とのワンツーで左へ切れ込み2枚のディフェンスを剥がす。
宇佐美のドリブルは迂闊に飛び込めないってのはわかるんですけどね
思ってもないタイミングでシュートが来るし、それでも清水は宇佐美を見すぎw
左にいる阿部が地味に効いてますね、清水ディフェンスは
宇佐美のドリブルかパスかで待ってて、平岡がシュートと思って足を出した。
股のすり抜けていく緩いシュート、櫛引もシュートコースないと思って
準備してなかったんでしょうね、それだけ宇佐美が巧だった。
ここから、少しペースダウンしながらも、次のチャンスを伺う
大体のチームは、点取られるとテンポアップしてきて
点を取りに来る、それをいなしながら、相手が前に出てきた所で
こちらが精度と集中力を持って攻めるのがガンバのパターンなのだが
清水はテンポアップしてこないw
それはそれで、こっちとしては反撃の時間を奪う事になり
こちらが優位のまま時間が過ぎていくだけなので楽だけど
前半30分過ぎた所で、急に足が止まった。
清水もノヴァコ狙いをやめて、つなぎだしたのもあるけど
とにかく、走らない、動かないから
ポジショニング、セカンドボールへの食いつき
つなぎがすべて悪くなった。ペースダウンしすぎ
これでは、プレスも効かなくてディフェンスラインも押し上げれないので
受けに回ってしまう。悪循環
相手に、チャンスを沢山与えるほどペースダウンするのは良くない。
前半、相手シュートはペナ外からばかりだけど何が起こるかわからない。
もちろん、相手をまったく攻めさせずに試合を終える事は不可能だけど
相手にシュートを打たれたり、崩されて決定的なシーンを作られる
リスクはできるだけ回避しないといけない。
後半は、いきなり佐藤の流血
ベンチは慌ててパトリックを用意するが、治療して佐藤が戻る。
やっと清水がテンポアップして、プレスをかけ始める
前半から足が止まり連戦の疲労が出ているガンバは
ずっと受けに回り攻撃につなげられない
でも、中2日は相手も同じ、もうちょっと踏ん張ってもらいたい。
ジェソクが負傷、一旦、ゲームに戻るも自ら×をだした。
秋とパトリックを用意してたベンチは慌ててジョンヤを入れる。
ベンチはテコ入れすべく、色々交代カードを考えていたと思うけど
アクシデントにより、ベンチ前に用意してる選手が入れ替わり立ち代わりで
現地で見ててバタバタやったのがわかったw
パトリックが入れば、ある程度キープしてくれるので
もうちょっとガンバは押し上げれるが、ジェソクの交代により
プランが変わってしまった。佐藤が残ったが
中々キープできなくて、押し返せない原因にもなっていた。
また、清水は必死なのはわかるが
ラフプレーが多くみられて、カードを出さないからエスカレートするばかり
主審、佐藤がコントロールできずに、更にガンバの足が止まって
ずっとペースダウンしたまま中々、攻め口が見いだせない展開に現地で応援してて
フラストレーションは溜まるばかりだった。
阿部の足がつってしまい、リンスと交代
いや、ほんとにね、阿部の攻守に渡る献身さは恐れ入ります。
この、ドタバタで怪我人続出の中、パトリック入れずに
残りカード1枚は残しておいて正解でした。
2点目、ゴール裏は、審判佐藤のコントロールできてないジャッジと
押し返せず、清水ペースの後半にイライラはMAXやった。
この時の「ゴールにぶちこめ~」のチャントは、「何が何でも入れろ」と
声と気持ちが一つになってた。
ヤットさんのピンポイントのクロスが丹羽にドンピシャ!
丹羽がフリーになる前に、岩下が丹羽の後ろに入ってマークを
付かせないようにブロックしてた。してやったり!
ただ、それがうまくいっても、いいボールが入って来なければ意味がない。
ヤットさんも流石です。
これも練習してた形なんでしょうね、決まった後の
岩下のガッツポーズがすべてを物語っていた。
イライラMAXだったフラストレーションが一気に収まった。
清水がやけくそで前に来たところをあざ笑うかのように
ガンバいなしとカウンターを繰り出す。
3点目、もはや清水ディフェンスにやる気はなく「終わってくれ」状態
ガンバも追加点取る気はあまりなかったけど
藤春が左サイド切れ込んだのがスイッチ、ヤットさんに預け
縦に走り込み、絶妙のボールが縦に出たのでクロス
リンスが落とし、宇佐美がキープ、リンスがペナの中でフリーで
難なく宇佐美がリンスに預ける。リンスが左に切れ込みシュート
いいです、この無慈悲な所がw
あんまり、このブログで他チームの事は書きませんが
清水、ヤバイっすよ、正直まだ、セレッソのほうが良かったよ
とにかく、気持ちが見えない。現状をわかってるのに必死さがない。
結果、3-0となったけど、途中の中だるみしすぎ
怪我人、審判佐藤など色々アクシデントはあったけど
試合をコントロールしきれてなくて、危ないシーンもあった。
中2日や14:00スタートでピッチ上は暑く消耗は激しかったと思うけど
もっと、危険なリスク回避できるように
また、相手の攻撃時間を削るように、こちらの攻撃時間を増やし
相手のディフェンスラインを下げさす工夫が必要。
そうすればもっと楽な試合だったと思う。
しかしながら、スクランブルでジョンヤが出場し無失点だったし
リンスは得点し、秋も目立たなかったけど、いつも通り攻守に働いた。
こういったスクランブルでもしっかり控えメンバーが結果を残した事は
大きいと思います。また、スクランブルながらベンチワークも良かった。
また一つ、チームが成長したことを感じれる試合ではあったと思います。
次は、藤春が出場停止、ジェソクの怪我の状態も心配で
メンバーがどうなるかわかりませんが
誰が出ても、最高のパフォーマンスができるよう
こちらも、サポートしていきたいと思ってます。
帰りは清水駅近くにある、清水魚市場、河岸の市へ
http://www.kashinoichi.com/
残念ながら、市場は閉まっていたが、食事できるところは開いていて
どの店も美味しそうな海鮮料理が並んでいたが選んだのは「ととすけ」
http://www.kashinoichi.com/maguro/totosuke.html
DSC_1096.jpg
ととすけ定食 2160円(税込)をいただきました。
見ての通りのボリュームで新鮮さ言うことなし!
美味しくいただきました。また、この店オリジナルのマグロのかまが美味かった。
表面が手羽先感じでジューシーで大きくて食べ応えがありました。
また、行きたいw
帰りは、東名を通り、浜名湖SAでお土産を買って帰宅。
今回も充実の遠征となりました。
現地で応援されてた皆様、お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください