vs鹿島アントラーズ(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます。
リアルタイムは仕事をしてましたので、情報シャットアウトして
帰ってからスカパーオンデマンドで試合見てました。
実況の八塚さんは好きで、毎回ガンバの実況をやってもらいたいぐらいなんですが
解説の秋田が最悪でした。八塚さんのふりに「そうですね~」とか相槌ばかりやし
言ってる事も、素人の俺でも言えそうな事ばかりで解説になってない上
鹿島については饒舌にしゃべるけど、ガンバについてはうわべだけの知識で話す
清水戦の戸田とは雲泥の差でした。
さて
大一番の上位対決第二弾、この時期に直接対決がある事をありがたく思う
ホームでは、チームが固まってなくて何もできずに完敗
あの時とは、別チームであることを見せつけたい。
先制点を取って主導権を握りたい試合は・・・
先制するどころか、逆に先制された事でどうなるかと思いましたが
2-2になってからの状況でこの試合、勝ち負け引き分けの
どれでもありえた。その中で、最後まであきらめずに
追加点をもぎ取って勝って終われた事は良かったですし
勢いに乗れる終わり方ができて良かった。
序盤ガンバが攻勢に出てた中での、鹿島のカウンター
開始5分は一番集中しないといけないとこでやられた。
1失点目、まず、攻めてたけど、シュートで終われなくて
GKが弾いたセカンドボール取れなかった事が起点
右寄りで攻めているので、左サイド空いていたのは仕方ないが
前掛かりになってる時はシュートで終わらないと、こうなると言う典型
ガンバの最終ラインが準備できてなくて、構えてた所で赤崎に簡単に裏を取られた
丹羽が岩下より少し下がってた分、オフサイド取れなかった。
丹羽はオフサイド取るのか、付いて行くかで迷ってたように見え
本人はおそらくオフサイド取ろうと思った時には遅かった。
岩下は100%ニア切りシュートブロックのつもりで全力で赤崎を追いかけて行った
結果論だけど、赤崎の切り返しも頭に入れておいてほしかった。
ニアは東口がいるのだから、ファーのコースを無くしつつ寄せる形で
まあ、あの状況になれば全力でシュートブロックに行くのは仕方ないけど・・・
当然、こうなるとガンバは攻めるけど
鹿島はプラン通りと言わんばかりに余裕で対応する
鹿島にボールを持たされてる状態で、隙をついてはカウンターで
ガンバのゴールに迫る、ディフェンスのしょーもないミスから
カイオとの1対1も東口が救ってくれた
鹿島ペースで試合は進む。
持たされるポゼッションで、パトリックに裏を走らせるも
鹿島の最終ライン攻略できないガンバだったけどラッキーが訪れる。
1点目、細かいパスをつないで、右サイドから左サイドへ展開
そのつなぎの間に、鹿島は戻って、最終ラインに6人いるような状況で
バイタルでのヤットさんのアプローチは緩かった。
パトリックがオフサイドの位置にいて後ろ戻り再度裏に抜け出すと思って
ヤットさんが入れたクロスだったが、パトリックは下がり続けてたw
それが山本の処理ミスでオウンゴール、曽ヶ端に返すつもりだったのだろうか?
追いつかれて、鹿島がペースアップするかと思ったけど
ペース的には変わらず、ただ、攻撃はガンバよりもより
得点の匂いがする攻撃をしてた。
後半、ガンバがポゼッションで攻めるも、まだ鹿島は動じない。
この余裕がいやらしい。
ガンバは、ヤットさんのスルーパスでパトリックが抜け出し
GKとの1対1で止められた所を、阿部が押し込もうとするが枠を外れた。
普段なら入っているんやろうけど、その後も晃太郎のドリブルシュートも
あったが入らない、嫌な流れやなぁと思ってたら・・・
2失点目、伏線はあったんですよ決められる何分か前に
ガンバの左サイドを岩下が中途半端なプレスをかけて前に出た時
その後ろの空いたスペースに赤崎が入り込んだシーンがあった。
その時は、丹羽が対応できてたし浮き球で長すぎて東口が取ったので
問題なかったが、ディフェンスラインが揃ってないのが不安やった。
起点は、パトリックのしょーもないスルーからやった
岩下が、鹿島の遠藤に引っ張られて、縦のスペースを開けてしまった。
カウンターなので仕方ない部分はあるけど、ディフェンスラインが乱れた。
土居がそこに入って行くわけだが、これヤットさんが見るべきだったかなと
パトリックがスルーしてボール取られた時、すぐに守備に帰って来てたし
長い距離走ってるのもわかってるけど、もうひと走りほしかった。
でも、このカウンターは鹿島が見事でした。
あまり、敵チームを褒めたくないけど
鹿島の攻撃時の質と集中力は高かった。
中断期間明けでこれほど質の高い攻撃は受けた事なかった。
また、鹿島のプラン通りで苦しくなると思っていたけど
宇佐美が個人技で救ってくれた。
2点目、鹿島の左サイドからのカウンターだったけど
押し上げがなかったので、パスカットできた。そのカットからつないで
左サイド、ジェソクが抜け出し、クロスをカットされるが
宇佐美が拾う、そこからの柴崎との勝負で一瞬にして振り切り
GKとDFの間に絶妙のパス、パトリックも昌子を振り切って
絶妙に位置に飛び込んだ。このコンビネーションは見事でした。
ここから、やっと鹿島が本気になりましたね
ここからの攻防はほんとに見応えがあった。
ピンチの後にチャンスあり
中村にフリーでシュート打たれるも東口のファインセーブで逃れ
CKのこぼれ球を奪い、カウンター丹羽がGKと1対1になるも
わずかに曽ヶ端止められる、そのあと、宇佐美がFKを外してしまう。
鹿島が最後の粘りを見せ、ロスタイムに入ったところで
右サイド、山本がフリーになりダイビングヘッドをするも枠に行かず。
リンスが見てたのですが、目を離した一瞬のスキに外から山本が入り込み
すかさずそこに絶妙なクロスが入って来る。鹿島の攻撃の質高し。
鹿島はフィニッシュまで行くものの精度が悪かった。
東口が立ちはだかりDFのミスを救ってくれたのも助かった。
ほんまに、ここ耐えたのが大きかった。
今度は、ガンバのチャンスの番
3点目、先ほどのピンチからゴールキックでパトリックが競り勝ち
佐藤が拾い、ガンバのマイボールにできた事が大きい。
その後も相手クリアのルーズボールを必死に拾い繋げた。
相手のクリアボールを丹羽がヘッドで前へ、クリアされたボールを
秋が拾い、ヤットさんへ、ヤットさんから左サイドのリンスへ
胸トラップで落とし、西が寄せてきたところをかわして右足一閃
ブラジル人らしい個人技でした。
鹿島は、受けに回ってた訳ではないんでしょうけど
ガンバの2点目の前の鹿島のカウンターで本気になって
3点目を取りに行かなかったのが後で響いた。
押し上げて取りに行かなかった所を見ると少し油断があったのかな
終わってみれば、パスと人の動きでガンバの最終ラインを崩し
点を取った鹿島と、オウンゴールは、なしにして個の力で最終ラインを打開して
得点を取ったガンバで非常に対照的でした。
ガンバはこれまで、組織的に守備をしてきて堅守を誇ってきただけに
この2失点、特に岩下がアタックに行った後の対応や裏取られた時の対応は
大いに反省してほしいです。このレベルの相手になると
そんなミスが命取りになります。
最後に勝負を分けたのは、控えの差でした。
鹿島は赤崎を下げたのが失敗だったように思います。
中村に強烈なミドルは打たれたものの代わった3人にあまり怖さはなかった。
リンスは最近、ゴールへ向かうプレーの質が上がって来たところでの起用
リンスのコメント
「チームとして勝利するために。この一戦のために。一生懸命準備してきたんで。
僕だけじゃなく全員が頑張った結果です。チームに貢献するために練習してるんで
出たらチームのために貢献しようという一心でした」
今シーズン、序盤戦は中々結果が出なくて、控えで途中出場が多く
本人も不本意だったでしょう。
それでも、腐らず一生懸命準備して、チームの為に貢献しようと
謙虚に真面目にやってきた結果だと思います。
こういった選手がガンバにはいた事。また、いることで
控えメンバーの刺激にもなるしよりチーム力が増すと思います。
鹿島に勝ったからと言って、ここで終わりではありません。
まだ、3冠の可能性はあると言っても、我々は何も掴んではいません。
油断、慢心せず突き進んでいってほしいと思います。
この勢いを絶やさぬように、我々も精一杯後押しをしたい。
鹿島で応援されていた皆様、雨の中本当にお疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください