ナビスコカップ2ndleg  vs 川崎フロンターレ(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます。
とにかく勝てば文句なしの試合
ただ、相手は1stlegの修正はしてくるだろうし、ホーム
1stlegのように簡単にいかないと思われる。
前に出てきた所を耐えて、アウェーゴールを先に取り
主導権を握って優位に進めたい試合は・・・
最大の目標はファイナルに進出すること
この2試合でそれを達成できた事は嬉しく思うし
よくやったとは思えるけど、逆転できたのに
あっさり追いつかれ、逆転を許してしまう
守備と緩さには、今後に不安を覚えました。
間違いなく、連戦の疲れ
とにかく中盤のプレスが遅く、簡単に縦に繋がれる
いつものように、挟んで取る守備が皆無で
相手が中盤でボールを持つとズルズル下がりながら見てる
相手にボールが入ってから動いていては遅い、ボールが取れる訳ない
おかげでラインは下がるばかり、川崎は空いたスペースに
自由に入り簡単にゴールに近づく、その流れで失点
1失点目、左サイドを揺さぶられ、球際弱く
真ん中に入ったボールを弾いたルーズボールをレナトにつながれた。
レナトに付いた米倉は右にも相手がいたので、寄せきれず簡単にクロスを上げられた。
岩下とジェソクの間にいる大久保がヘッドで難なく決める。
岩下がやられた後にジェソクを怒ってたけど、大久保をマークすべきは岩下やろ?
ジェソクはその後ろの森島見てたやん、マークすべき相手を
見極められてないのはCBとしてお粗末、あぜんとする東口が映ってたけど
岩下を怒っていい所やで
最近の岩下は、ふわっとしすぎてる
マーク外すことも多いし、不要なチェイシングで
ディフェンスラインに穴を作る事も多い。
正直、この試合に関しての岩下は
ジョンヤの出したほうが良いんじゃないかと思える出来でした。
パトリックを裏に走らすが、谷口に負けてばっかりで
攻めの足がかりがつかめずシュートも打てない。
しばらく押し込まれ、完全に川崎ペースだったが
前半30分ぐらいから、ようやく川崎のペースは落ち着き
押し返せるようになってきた。
1点目、ガンバらしい崩し
スイッチは秋の右へのサイドチェンジから
米倉が落として、丹羽にパス、丹羽から阿部へパス
阿部から秋へパスをしどのように崩すか、伺っていたら
パトリックがスペースに流れすかさず縦にいれて秋が上がり
パトリックの後ろにスペースができた。そこへ宇佐美が入りボールを受ける
この時に、川崎の最終ライン前のバイタルは綺麗に空いていた。
宇佐美が2人ひきつけて、下がった秋に預け、左に流れた阿部がボールをフリーで受けた。
阿部が受けたところでジェシを釣りだす事に成功、パトリックに預け
ワンツーで抜け出した時には、GKと1対1で冷静に右に流し込んだ。
流石に、アウェーゴールに川崎はショックが大きかったのか
すぐさま反撃するも、大久保がオフサイド、焦りが見えた。
短時間では気持ちとディフェンスが立て直せなかった。
2点目、東口のキックをパトリックが競り勝ち宇佐美へ
宇佐美がロストせずキープし、味方の上がりを待ちながら
自らの突破のコースを探し内のバイタルに走りこむ阿部へパス
パトリックに川崎DFが釣られてるのをあざ笑うかのように
ダイレクトで蹴りこんだ。2点ともダイレクトでコースに蹴ってる
素晴らしい。
今度は川崎が開き直り、残り時間が少ないながらも攻めてきた。
ロスタイムの一番注意すべき時間にミスは起きた。
2失点目、ガンバのセットプレーはマンツーマンじゃないのか?
ジェシは一番中位すべき相手なのに、誰もまったく注意してなかった。
このあたりは声を掛け合って、付く相手がいなかった岩下を付かせるとか
チーム全体でそういった事ができないのだろうか?
1stlegに引き続きもったいない失点、これが川崎にゆとりと希望を与える。
後半開始10分以内の集中すべき時に簡単に失点
3失点目、この失点の起点はパトリックとヤットさんの軽いプレー
せっかくパスカットしつなぎのボールを雑に浮き球でつなごうとし
処理を誤り、レナトに取られる。レナトに丹羽が釣りだされ
空いたスペースを埋めに阿部が寄り、大久保のフリーになる。
丹羽がカットしかけたボールが大久保に渡る。玉際が弱い
ここで、阿部も丹羽も大久保に付いてしまいレナトがフリー
縦に走りこむレナトに岩下がヘルプ、スライドしてジェソクが内に絞れば
大外のフリーの森谷の出来上がり。川崎の崩しは見事やったけどね
人数はいるのに挟み込むディフェンスとマークの受け渡しができてない
ガンバは宇佐美を下げ、晃太郎を投入、守りながらスキがあれば狙えのメッセージか?
川崎は憲剛を投入し、追い討ちをかけようとするも、大きく流れは変えれなかった。
1stlegの反省からか、守備の選手入れず佐藤を入れ前線から守備をさせる。
川崎は、前線の切り札がいないのが響いた。
小林がいないのはガンバにとってラッキーだった。
時間が経つにつれて、川崎の反撃時間が減り、ガンバ優位に変わっていき
それ以上の反撃はさせず何とかしのぎきった。
結局、1stlegのアウェーゴールが試合途中までガンバを苦しめた。
2ndlegは、阿部に救われた。
過密日程をほぼベストメンバーでこなしていたので
ある程度やられるのは仕方ないにしても
失点の時間とやられ方がお粗末すぎる。
少なくとも、1失点目と2失点目は防げた。
もちろん、岩下も連戦の疲れがあるのだろうけど
パフォーマンスはここ最近で最低だった
決勝進出を決めた今、この試合の負けと言う結果に意味はないが
内容として修正すべき点は多々あった。
今後も過密日程が続くので、これを反省して次に進んでもらいたい。
中2日の天皇杯はどんなメンバーになるかわかりませんが
トーナメントなのでしっかり結果を残してほしい。
現地で応援されていた皆様、お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください