天皇杯 準々決勝 vs 大宮アルディージャ

毎度ご来訪ありがとうございます。
私事でアップが遅れておりますが
見た試合は、時間を見つけてアップしていきます。
過密日程でのターンオーバー
しかしながら、負ければ終わりのトーナメント
個々の疲労度や今後を考慮しながらのメンバー構成は
監督の腕の見せ所
サブ組の奮起とそれ以上に結果が求められる試合は・・・
個々で見ると、物足りない部分もありましたが
全体から勝ちに行くと言うか
「俺たちで天皇杯を終わらせない」って
気持ちが伝わってきた。
それが結果としても表れましたし良い試合でした。
攻撃に関しては、秋がゲームメイクに徹して
リンスと佐藤を使っての攻撃を組み立てようとして
前半は2回ほど惜しいチャンスもありましたが、決めきれませんでしたね。
スピードのある右SHリンスにあまりオーバーラップは期待できない右SB丹羽
スピードのある左SB藤春にパスが出せる左SHフタの構成は妥当でしたが
左サイドが今一機能してませんでした。
攻撃が右サイドに偏って、右サイド手詰まりになった時の
左サイドへの連携が遅く藤春がボール持ってもすぐに縦に蓋をされて
結局、後ろに返して攻撃やり直しのパターンが何度かあったので
ここの修正が早ければ、もう少しチャンスは作れたように思いました。
守備に関しては、中盤はしっかり大明神が締めてくれたし
何より、リーグ有給の今ちゃんが連戦ながらもいてくれた事も大きい
ジョンヤもソツなくやってたし、丹羽は不慣れなSBながらも
守備は安心して見れた。
後半、リンスと秋を入れ替えて、早速チャンスがあったけど
フタが決めきれませんでした。切り替えしたボールが流れてしまったので
もう一度、ミートできる位置にずらそうと慎重になりすぎて止められてしまった。
その後も、波状攻撃があり、大宮ディフェンスは混乱してました。
ここで取れたらよかったんですがね。
リンスをFWにした効果はてきめんでしたね
縦のスピードを警戒して大宮DFは下がらざる得ないから
バイタルが空き、佐藤やリンスが収めた時に
秋とフタがそこを面白いように使えた。
SBの上がりも待てるようになり、
うっちーも攻撃に絡むようになって、攻撃に厚みができた。
1点目、FK取るまでの流れは非常に良かったですね
右サイドで丹羽が持ち秋に預けて、秋が降りてきたリンスにパス
ワンツーですぐに返しても良かったと思うが、より決定的なシーンを求めて
リンスは溜めて、秋が縦に抜けようとしたスペースに浮き球でパスを出した
このあたりはブラジル人らしい発想
フタのFKについてはGKとの駆け引きは見事
久しぶりに万博のファンタジスタが魅せてくれました。
後半20分過ぎてから、足が止まってきて
大宮のサイド攻撃を受けるようになってきましたが
しっかり意思統一され、守れたのは良かったですね。
2点目、大宮はムルジャを入れ、攻勢をかけてきた所での1点は効きました。
ジェソクからの縦パスを晃太郎が体を入れてしっかりマイボールにして
走りこむ佐藤へ絶妙の縦パス、どうやってシュートに持ち込むのか
ハラハラしましたが、右足アウトでうまく浮かせました。
この辺はやはりFWですね。
立ち上がりこそ、バラバラでトラップミスやパスミスの多く
テンポがつかめなかったものの、徐々に良くなっていったし
後半は修正したことにより、チャンスとゴールが生まれた。
押し込まれるシーンも、意思統一でき、しっかりとして守備で乗り切り
縦に早いワンチャンスで追加点も上げれた。
ジェソクを入れて、今ちゃん上げる采配もプラン通りだったのでしょう
選手交代、ディフェンスの締め方、終わらせ方もソツがなかった。
正直、グダグダでもいいから勝ってくれたら
PKでも良いぐらいの考えでしたが、思った以上の内容でした。
これは、普段ベンチやベンチ外メンバーも意識も高く保ち
レギュラーに偏らず、これまでも柔軟に起用してきた成果で
チーム全体が底上げできている証拠だと考えます。
やっぱり、タイトルを複数取るチームはこうでないといけません。
まだまだ、過密日程が続きますが、チーム全体で乗り切ってほしいと思います。
現地で応援されていた皆様、お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください