vs 川崎フロンターレ(ホーム)

毎度ご来訪ありがとうございます。
私事で参戦できずにオンデマンドで観戦しました。
直近で川崎とは3試合目、やり難さはあるだろうがホームだし
レッズに離されないようにするには、勝たねばならない。
天皇杯で控え組が良い試合をしたので、それを引き継いてほしい試合は・・・
結果、0点に抑えたと言うよりは、川崎が外してくれた。
川崎の決定力不足と東口に助けられたと思いました。
対して、ガンバの攻撃は、封じられていた。
勝ったものの攻撃陣がピリッとしないゲームでした。
序盤は気を付けないといけないのに簡単にシュートを打たす。
川崎もガンバも先制点を取ったら強いデータがあるんだから
とりあえず序盤はもっと集中べき
前半はチャンスは作れども決定機を外し続ける川崎と
チャンスすら作れないガンバという構図に見えた。
チャンスを作れない理由としては、パトリック裏走り攻撃が封じられる
パトリックへのボールの出どころと出た後の処理は
流石に直近で3試合やってるだけあって、きっちり消されました。
あと宇佐美が消えてましたね。降りて絡んで来なくて良い位置で
ボール貰えないので何もできませんでしたね。
この辺は点に取ることに集中したかったのか、何なのか?
前線の2人が機能しなければこんなものなのか?
これでは先が思いやられる。
何か、相手のディフェンスラインを崩すことばかりに
固執してるようにも思えた。
ナビスコの2ndlegはどうやって点取った?
相手ディフェンスラインの前のバイタルを攻略して点取ったよね
もう忘れたの?
守備に関しては、憲剛を自由にさせてましたね
この辺は、ヤットさんとうっちーがしっかり対応しないと
いけない所だったんじゃないかな?
ゴールの匂いがするのは川崎だった前半
しかし、後半10分を過ぎたら、状況が変わる。
川崎の中盤の圧力が急に冷めたというか
足が止まって、プレスがかからなくなり
ガンバのパスが回り始めた。
大久保が消えて、脅威はレナトと小林になり
多少ディフェンスの負担も減った。
1点目、試合後のコメントにもあったように岩下の潰れ役が見事にはまった。
前半、伏線がありましたね、CKでボール岩下のほうに来たのを抜けて
後ろの米倉がボレーを打ったシーン。
結構、落ちてくる難しいボールだったけど、ヘッドでうまく叩きつけましたね。
点取ってからは、落ち着きましたね
余裕ができて、自分たちのペースに持っていけた。
粘り強く守備をし、隙あらばカウンターのパターン
しかし、守備もいくつかほころびがあって
そのほころびを東口が救ってくれた。
小林に打たれたシーンは、また岩下がマーク外してましたね
人がボックス内に沢山いても相手とのコースにいないと意味がない。
疲労もあるし、直近で同じ相手と3試合目という異質な状態ではあったけど
こちらの良さは消されてるし、守備はあまり2ndlegから修正できてないようにも思えた。
正直、この試合、東口でなければ負けてたと思います。
GKで勝ち点3を取ったような物
年に1回ぐらい、こういう試合があってもいいと思うけど
チームとしては良くない。
拾った勝ち点、これは大事にしないといけない。
レッズが負け、勝ち点差は縮まったけど
監督の言うように、上を見るのではなく足元と目の前を見ながら
進んでいってほしいと思います。
現地で応援されていた皆様、お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください