後編 ナビスコカップ決勝 vs サンフレッチェ広島(埼玉スタジアム2002)

毎度ご来訪ありがとうございます。
前回の続き後編でございます。
後半、晃太郎を投入して、いつも通りのヤットさん今ちゃんの
ダブルボランチに変更、とにかく追いつきたいガンバは
高い位置からの鬼プレスに、広島はタジタジで
前にボールを運べず。
ガンバは、前半にまったく攻略できなかったバイタルを
運動量と早いパス回しで簡単に攻略
パトリックや阿部が入ったと思わせるシュートを放つも
GKに防がれるが、完全に流れはガンバにあった。
広島は、既にディフェンスが誰が誰に着くなど整理できず
大混乱、いや、あれだけ流動的に動かれ、サイドバックも
参加してくる攻撃にどう修正していいかわからなかったと思う
1点目、鬼プレスで広島を追いかけまわしミスを誘い
スローインを得た所が起点、スローインで凌いだ所で
広島は集中力を切らした。米倉がスローインでフリーの宇佐美に預ける
寄せのない宇佐美は簡単に前を向く事ができ
どこに仕掛けるか探っていた時間を作っていた所
パトリックに反応してクロス
この時に阿部の動きが秀逸、ニアに入っていき
ディフェンス2枚を釣り、パトリックをフリーにさせた。
パトリックの肩に当たったボールは、うまい具合に
ループシュートとなりゴール
自分の応援してた周りの女の子はみんな泣いて喜んでいたw
自身も泣きそうになったけどまだ同点と言い聞かせ。
応援に集中する
ここで一旦落ち着くガンバ
当然、追いつかれてペースを上げてくる広島だが
中を絞って、外へ外へと追い込む
クロスを上げさせても、高さのない広島はあまり怖くなく
セカンドボールさえしっかり対応できれば問題なかった。
宇佐美がペナでドリブルで入って行き、ファウルを誘うも
審判西村は流す、ファウルをもらいにいくのではなく
相手を強引にでも抜ききろうとしないと、PKはもらえない。
攻撃を仕掛ければ、次から次へとスペースに顔を出す
ガンバに対して、付いて行くのが精一杯の広島
中を絞る広島に対して、今度はサイドから襲い掛かる
宇佐美の左サイド突破からのパトリックへのパスは
入ったと思ったぐらい。
この時点で3点目取れるのは目に見えていた。
3点目、これは結構分岐点だったと思うけど山岸が怪我したシーン
東口と石原が交錯してからのリスタートする前に
山岸が傷んで座って、広島側が審判西村にアピールして
審判西村が山岸に気づいていれば交代できていたかもしれない。
リスタート後に山岸は座ってしまうが試合は始まってしまって
止めれない状況。広島にとっては不運、ガンバにしてはラッキーだった。
左サイドから宇佐美にボールが入り、取られそうになるも
キープして晃太郎へ、晃太郎から後ろのヤットさんにパス
ヤットさんは、右のフリーの阿部にパス。山岸がいれば
もしくは交代選手が入っていたら、阿部はフリーでなかったかもしれない。
左サイドに広島ディフェンスが寄っていて、バイタルが薄く
そこに猛然と走りこむヤットさんへ阿部がパス
ヤットさんがつっかけた所で広島ディフェンスのタックルがあり
ヤットさんはこけるが、こぼれたボールがパトリックへ
パトリックが横へボールを流した所、強引に走りこみシュートする阿部
GKが弾いた所に詰めていた晃太郎が押し込む。
広島が反撃に出るも、危なげなく守る守備陣
今年、積み上げてきた堅守が発揮されていました。
そして、守りながらも隙あらば攻めていく
完全にガンバが試合をコントーロールしてた。
守備一辺倒になるなとリンスを投入
時間稼ぎに秋を投入し切り抜けた。
勝っても泣かない、泣くのはリーグ優勝の時と決めてたのに
宇佐美の泣き顔見たら、抑えられなかったですね。
勝てたポイントとしては
・早々に4-3-1-2を変更した事
 一番恐れていたことは、0-0のままで4-3-1-2を引っ張り
 後半の深い時間で点を取られ、反撃の時間が少なく
 そのまま逃げ切られる事でした。
 前半30分に4-3-1-2崩し、ダブルボランチにした事により攻守が安定。
 いつもは引っ張る長谷川監督でしたが、流石に決勝と言うことで
 早めに決断したのが良かった。
・0-2と言う劣勢なスコア
 ガンバの1点目のシーン、ヤットさんがあの位置から
 アーリークロスを入れるのは珍しくないですか?
 いつもならパスで崩したがるヤットさん。
 負けていてもあくまでショートパスで崩そうとして
 時間を掛ける姿に正直、イラっとすることもあるのですがw
 左サイドで持った時、おそらく0-0や0-1であれば
 宇佐美にボールを入れて崩しに行ってた思う
 とにかく1点を取りにいかないといけない状況が
 あのクロスを引き出したと思いました。
 また、どうしても3点とらないと勝てない状況が
 後半の鬼プレスと攻撃への集中力を生み出したと思います。
 
・晃太郎がいたこと
 今、一番メンタル的フィジカル的にも調子の良い晃太郎を投入できたこと
 後半のガンバの勢いを増幅させ、攻守に走り回り広島を混乱に陥れ
 決勝点を持っていったところは影のMVPだと思います。
以上
後半は応援するのに必死だったのであまりわかりませんでしたが
後でテレビでみると、応援の声は凄かったですね。
ガンバの追い上げムードに合わせて、非常に良い雰囲気を作れていたし
3点目、阿部のシュートの弾いたボールを押し込ませたのは
本当に、ガンバサポーターと選手が一体となった結果のようにも思いました。
移籍してきた面々は、ガンバに来て良かったと思ってくれたでしょう
そして、ガンバ愛を深めてくれたら、サポとしても嬉しい限り
タイトルを取った事のない中堅から若手に関しても
この経験は今後にとって大きな物になったと思います。
思い返してみると
ナビスコのアウェー鳥栖戦の若手の奮闘があり
http://tamaemongamba.blog.fc2.com/blog-entry-88.html
ナビスコのアウェー仙台戦では、あまりにも不甲斐ない戦いぶりに
怒った試合もありました。
http://tamaemongamba.blog.fc2.com/blog-entry-98.html
そんなこんなで何とかつかみ取ったタイトル
ナビスコ決勝前夜のエントリーで
みんなでタイトルを取りたいと言いました。
ほんとに、選手、サポーター一丸となって取れたと思います。
現地で目の当たりにできて本当に
サポーターとして幸せな瞬間でした。
あと、2つタイトルを取れる可能性があります。
もう一度、みんな一体となってつかみ取りたい。
シーズン終了まで、みんなで突っ走りましょう!
帰りは、午後8:40成田発関空行きのジェットスターで帰って来たのですが
ガンバサポも多く乗り込んでました。そんな中、機長の挨拶の最後に
「ナビスコカップ優勝おめでとうございます」の
コメントをいただきました。なかなか、粋な機長でしたw
皆様、お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください