vs 浦和レッズ(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます。
都合により、現地に赴けず
リアルタイムでテレビ観戦してました。
さて
内容よりも結果、とにかく目の前でシャーレを
掲げられる事があってはならない。
しっかりこの試合に集中して準備し
ナビスコ優勝の勢いを持ち込みたい試合は・・・
良くも悪くも、今年のガンバの試合でした。
相手より勝ちたいと言う気持ちと
チームの総合力が少しだけ上回った分
こちらに勝利が転がり込んできました。
序盤、戦術パトリックで仕掛けて行ったのは
ガンバだったが、パトリックに収まらず
ロストするシーンが増えていくにつれ
レッズのポゼッションが多くなってくる
ただ、レッズも真ん中を固めるガンバディフェンスを崩しきれず
ナビスコカップの時はガンバの両サイドバックが
高い位置を取って相手の両サイドを牽制してたけど
この試合に限っては、下がり気味でその前のスペースをうまく使われ
レッズが仕掛けてくる分押し込まれた。しかしながら
こちらのしょーもないパスミスとかでチャンスは作られるものの
決定的なシーンを作るには至ってない。
広島のように、あまり高さのないレッズが
早めにクロスを入れてくるのは、ナビスコ決勝の後半同様に
あまり怖いものではなかった。
ガンバのディフェンスを崩すにはってか、どこもチームも
崩すにはそうだと思うけど、いかにセンターバックを
釣り出すかなのだが、レッズは勝負を急ぐあまり
早めにクロスを入れてたり、ガンバのディフェンスラインの前で
とにかく打開しようとしていた。その分対応しやすかった部分は
あったように思った。
レッズの攻撃をしのぎ、遅攻、速攻を繰り出すガンバだったが
こちらもうまくいかない。
特に、パトリックにいつものキレがなく、ロストを繰り返す。
宇佐美も消えてて、今年のガンバの課題
2トップが機能しなかったら、何もできない事象が勃発
後から監督のコメントでパトリックは
コンディションが良くない事はわかったけど
この試合のガンバの攻撃はどこまでパトリックを引っ張るかが
ポイントになると思った。もちろん、ナビスコ決勝を見てたら
一発があるので引っ張りたい気持ちはわかるし
実際、宇佐美からのフィードをヘディングで合わして
惜しいシーンも作ったが、元々、足元がうまいほうではないけど
とにかくこの試合は収まらなく、槇野にも抑えられ
正直、後半スタートはリンスと交代が妥当と思っていた。
後半、早めに交代カードを切って来るレッズだったが
攻撃のペースは前半と変わらず。
ガンバは、宇佐美をあきらめリンスを投入した。
自身の考えは、パトリックの高さをあきらめ
リンスと宇佐美の個でディフェンスラインを打開するのが
妥当と思っていただけに「うーん」と思ったけど
秋を投入し、パトリックもあきらめ、佐藤を投入する采配は
まだ、攻撃をあきらめてない交代で好感は持てた。
そして、我慢に我慢を重ねた終盤
1点目、岩下のファール、カードは余計だと思いますけどね。
慎重にいかないといけないFKで、散々跳ね返されてる
ニアにボールを入れてくる柏木が既にイケてないw
で、ヤットさんの跳ね返したクリアは鋭い鬼パスだったが
阿部が神トラップしたwこれは大きかった。
リンスに預けて縦に急ぐ、ディフェンスを引き付けて阿部へ
阿部は詰められていたが、蹴ったボールは、更に縦に走っていた
リンスへとつながるラッキー、また引き付けて
今度は、佐藤へやさしいパス、思いっきり打ってもいい場面で
しっかりインサイドでコースへゆっくりとしたボールで
流し込むのは佐藤らしいw
取られた事で前に出てくるレッズだが
焦りでチグハグ、そうしてるうちにガンバがボールを前に運び
右コーナーで時間を稼ごうとボールを回す。
2点目、槇野の敵へのスローインと李忠成の雑なヒールパスが起点
その雑なヒールパスを今ちゃんが拾い、ドリブルでつっかけ
左サイドフリーの秋へパス、秋はうまくボールを呼び込み
自分の得意な形に持っていってシュート
勝負を分けたのは最後まであきらめない姿勢と集中力
プレーの丁寧さ、チーム力だと思います。
1点目、阿部とリンスで丁寧にボールを運んだ
阿部のパスは相手にカットされそうになったが
運よくリンスの前に落ちた。このボールはあきらめない姿勢が
生んだものやと思うしリンスもしっかり前に走ってた。
その後もリンスの佐藤へのパスは丁寧やったし
ここって時に、佐藤はゴール前までしっかり走りこんでるし
インサイドで丁寧にコースに流し込んだ。
交代した3人が一人ひとりが高い集中力を持って前に出て行った結果。
これぞ、チーム力。
点を取られてから、レッズは浮き足立ったのか
雑にボールを前に蹴りこむだけ、ガンバが右サイドにボールを運び
2点目の起点となった槇野のスローインも味方に合わず敵に渡すし
李忠成のヒールなんか適当やん、そんな雑なプレーで点取りに行こうと
勝とうと本気で思ってるのか?
で、極め付けは怪我が治ってない興梠の投入
100歩譲ってベンチに入れるのはいいよ、味方の士気を上げる為にも
でも、出場さすって、本気でこの試合勝とうと思ってたのか?
長谷川監督が試合後のコメントで「ハッキリ言えばうちは
18名誰が出ても戦えるメンバーをそろえたと思いますが、
浦和は17名だったんじゃないかなと思います」と皮肉ったけど
ほんまに、ガンバを舐めてるのか?
もし、宇佐美が怪我が治ってないのにベンチに入っていて
強行出場させて、負けて怪我悪化させたら、俺なら監督にブチキレる
この試合で、状況は劣勢だが、とにかく残りリーグ2試合に
全力を注ぎたい気持ちが強くなった。
現地で応援された皆様、応援の声、テレビで聞いて素晴らしかったです。
その声がガンバのディフェンスラインを支え、得点を生んだと思いました。
皆様、お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください