今シーズンの感想 後編

毎度ご来訪ありがとうございます。
今シーズンの感想、後編です。
ナビスコ決勝、3冠のかかった試合の中で
一番感慨深い試合となった。
昨年J2で戦っていたチームが、カップ戦とは言え
あれよあれよと決勝の舞台まで上り詰めた。
ここまで来たら、絶対取りたい。
今のガンバの勢いなら夢ではない
そう思っていたが、いきなり2失点し
現実の怖さを思い知る。
しかし、あきらめずに立ち向かう選手に
それを後押しするサポーター一体となって
必死に戦い、逆転に成功
劇的な勝利と宇佐美の涙、2012年の悔しさを
味わってから今までを思い、涙が止まらなかった。
そして、リーグの大一番、浦和との直接対決。
今年、この大一番に現地に行けなかった事だけが心残り
何よりもこの試合を劇的にしたのがベンチメンバーの活躍
もちろん、勝利した事も嬉しいが
ガンバのチーム力を示せた事が嬉しかった。
天皇杯準決勝、相手が残留争い中のチームで
メンバーを落としている中、内容な物足りなかったが勝利
決勝への切符を無事つかんだ。
ホームではリーグ最終戦となった神戸戦
少し緩んだ場面もあったが、しっかり勝ちを拾い
浦和が引き分けた為、自力優勝のチャンスが訪れた。
迎えたリーグ最終戦徳島との試合。
簡単な試合にはならないと思ってはいたが
まさか、プレッシャーで力を出し切れない
試合になるとは思ってなかった。
正直、勝たないと優勝できないと思っていただけに
必死で応援してた。試合結果は残念だったけど
勝ち点をどのチームよりも多く積み上げたのだからと
そう思い、今年の最初の苦しかった時期を思い出すと
自然と涙がこぼれた。
3冠の掛かった最後の試合、天皇杯
今年のガンバのサッカーが凝縮された試合だった。
プレッシャーはなく、リーグ王者としての
堂々とした戦いぶりに酔いしれた。
自身、J1に通用するディフェンスとチーム作りが
早ければ早いほど上位に行けるとは思ってましたが
まさか、頂点に立てるとは思ってなかった。
何かで、サイドバックがアプローチに行ったらスライドする
センターバックが釣り出されたらボランチが
そのスペースに入りフォローするとか
プロなら当たり前にやってると思ってたディフェンスの
約束事ができてなかったというのを目にしました。
昨年から、一貫して守備を磨き
今年の前半戦、調子が悪くてもそれを貫き
東口の活躍もあり失点数はかなり減少
攻撃だけのチームから脱却
宇佐美復帰、パトリック加入で、チームは活性化
チーム内でポジション、スタメン争いが激しくなり
誰が出場しても、同じパフォーマンスを発揮する。
自身が常に言っている
1,2人主力がいないだけでパフォーマンスが落ちる
チームでもなくなった。
攻守にバランスの良くなったチームは
今ちゃんが自負していた。
遅効、速攻、ポゼッション、サイド攻撃と
本当になんでもできるチームになり
「安定した守備の上にポゼッションやパスを中心とした
破壊力のある攻撃的なサッカー」にだいぶ近づいた気がしました。
長谷川監督が、自身の考えをブレずに貫き
最高のチームが出来上がりました。
来年は、ディフェンディングチャンピオンとしての
シーズンになります。
各チーム、ガンバを倒すべく研究や準備をしてきます。
それを上回れるチームになれるか?
西野監督時代は、その壁を越えられなくて
リーグ優勝を逃し続けてきた。
今の所、移籍加入情報が少ないので
チームの方針としては現戦力を熟成させる方向だと思われます。
そう思うと、このキャンプが非常に重要になってくる。
常に追われる立場であることを意識して
しっかりシーズンに向けて準備してほしい。
今年最初のサポミでフロントは
「昨年から2013、14、15年と3年間、次の世代をにらんだガンバ作りを今やっております。
そして2015~16年にかけて、新しいスタジアムが出来る。新スタジアムで
アジアへの再挑戦というチーム作りをして皆さんにお披露目したいと。
最後は2020年に向けて世界と戦える魅力あるガンバ、チーム作りをやっていきたいと。」
と言ってました。
新スタジアムではないが、アジアへの再挑戦権を前倒しで手に入れた。
来年は、前人未到の4冠を目指してほしい。
特に、日本勢が苦戦しているACLにガンバのサッカーが
どこまで通用するか楽しみでもあるし
他の日本勢とは違う所を見せてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください