ACLグループステージ vs広州富力(ホーム)

毎度ご来訪ありがとうございます。
都合により雑感です。
まあ、見るからに実戦不足とコンディション不足で、自滅した試合でした。
こんな事言っても仕方ないですが、ゼロックスがこの試合より前にあったら
もうちょっとマシな試合になったのかなとも思えます。
前半、点取られるまでは、相手もある程度前に出て来てくれて
スペースがあったのでパスが繋げたし、それなりにペースを掴み
攻撃もいい所まで行ってましたが、勝負せずに詰まり
最終ラインまで下げるのを見て「その余裕は大丈夫かなぁ」と
思ってたら、阿部の安易なミスから簡単に失点しました。
あの失点に、ディフェンスのバランスの悪さが集約されてました。
岩下がディレイかけてますが、間合いが悪いから内に切れ込まれる
あの場面はまず外に追い出すのが鉄則、しかもフォローに藤春がいたので
もっと早い段階でアプローチいけますし、その間に小椋も
戻ってこれたでしょうし、最後までアプローチせず
簡単に打たせる所に緩さを感じました。
取り返しに行こうと、阿部、晃太郎が仕掛ける突破やパスは悉く引っかかり
カウンターの基点になってた。そりゃ、守ってるほうは楽やったと思いますよ
勝手に自分たちでパスミスや連係ミスで自爆するんですから。
特に、ガンバに取ってSHは攻守の生命線
この2人にまったくキレがなかった。
この2人が絶不調なので、宇佐美、パトリックまでに
良いパスも回ってこない。
パスがずれまくるから、それを持ち直すのに手間がかかるしから
しかも受けるほうもトラップすら、きちんとできてない場面も多く
テンポもクソもない、それに輪をかけてヤットさんのパスの絶不調
いつもは、綺麗に通るパスが大体のとこに蹴ってるような感じ
今だ調整中と印象を受けました。
小椋はバランスを取ろうとしてたけど
いまいち信頼されてないのか、空いてるのにパスが
回って来てないシーンが多く見受けられた。
熱いと聞いてたので、もっとガツガツ行くのかと思いきや
おとなしかったですね。
2失点目は、事故ですが、その前ですよね
ヤットさんの致命的なパスミス
ガンバって戻ってディフェンスしましたが
ファウルを与えてしまうし
もう、誰が先発やったら良かったとか、秋のボランチがどうとか
そんなレベルではない。自分には、ガンバはまだシーズンに入っていない
プレシーズンマッチの延長のような緩さしか感じませんでした。
公式戦、ホーム、短期決戦のグループステージを考えると
もうちょっと状態を上げて、意識高くできないものかと
この時期にチームの状態を100%に持ってくるのもどうかと思いますけど
昨年のように、探りながら調整していては
調子が上がって来た頃には、ACLのグループステージ敗退が
決まってるなんて事になりかねない。
昨年のベースから更に上積みをしていかないといけないのに
昨年のベースまでも達してないとか話にならない。
まあ、逆に言うと、今がどん底で上がって行くだけなので
とにかく、試合勘とコンディションを上げるピッチを
早めて、しっかり戦えるチームにすることが先決だと思いました。
幸い、ゼロックスがあるので
そこで感覚を掴んで、調整し厳しくなると予想される
アウェーの城南戦の準備をしてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください