ゼロックススーパーカップ vs浦和レッズ

毎度ご来訪ありがとうございます。
ゼロックス杯はテレビで見てました。
今回も雑感で
結果と失点しなかった事は良かったと思いますが
得点もセットプレーと相手のミスからで
レッズが自爆したような印象でした。
前回の対戦は、ガンバの4バック2ボランチに対して
常に数的優位に立てるように人数をかけ
サイドから仕掛けてきました。
今回の対戦も、サイドの高い位置のに
平川と関根を張らせて、2シャドーと連携することにより
ガンバのサイドバックを封じ込めサイドハーフも
守備に追われる形は前回の対戦と変わらない構図
圧倒的にレッズのポゼッションでガンバは
後ろからつなぐことができず、苦し紛れの縦パスを
宇佐美と赤嶺めがけて蹴るも、ほとんど収まらずにカットされる。
前半は守ってるだけで終わりました。
後半、頭からガンバは勇気を持って、サイドバックを上げ
前半より攻撃の主導権を握れるようになった。
パトリックの投入によって、戦術パトリックにシフト
パトリックの個人技によって得たCKから宇佐美がゴール
ある程度予測し飛び込んで奪ったゴールは良かったけど
その後の1対1を外したのはいただけない。あれを決めてこそエース
2点目は、槇野の蹴ったボールがヤットさんに当たって
フリーのパトリックへ渡り、個人で持ち込み1度シュートが
引っかかったものの再びいい所にボールが戻ってきて押し込んだ。
守備は、失点しなかったしチャンスらしいチャンスも作らせなかったが
昨年のように攻めてきたレッズに対して、昨年のように守っただけで
あとは、ジェソクが守備の安定をもたらしたように思える。
正直、レッズ以外のチームと対戦しないと真価は問えない。
得点シーンもセットプレーと相手ミスからの個人技だけ
パスをつないで崩したり、クロスからでは
まだ、得点の匂いすらしない。赤嶺がフィットできておらず
戦術パトリックと宇佐美が封じられた際の+αになるのは
だいぶ先の話になりそう。
昨年は序盤に調子悪くても、宇佐美復帰とパトリック加入が起爆剤となり
攻撃力が増したが、今年、既に2人がいる状態で、攻撃の調子が悪ければ
何を起爆剤にすれば良いのか?
結局、宇佐美や以外の攻撃陣のパフォーマンスを昨年以上に上げるしかない
その事が分かってないと、セットプレーや相手ミスのような
水物の得点チャンスしか得点できない。そんなチャンスはそうそう無い訳で
それだけでは勝ちを積み重ねるのは難しい
この試合の前半の劣勢を前半の内に自分たちの力で
ひっくり返せるチーム力がないとこの先は厳しいと思った。
この試合の収穫は、今ガンバでコンディションの良いのが
リンスと秋って事がわかった事ぐらい。
この2人を是非、先発で使ってほしい。
逆にコンディションがしばらく上がりそうにないのが晃太郎
途中出場で様子見たほうが良いのではないか?
この試合、勝った事で安心してるかもしれないが
ACLやこれから始まるリーグはこの試合とは別物と思って
油断せず厳しい日程だけど、準備してほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください