vs FC東京(ホーム)

毎度ご来訪ありがとうございます。
いよいよ、リーグ戦の始まり
2シーズン制、チャンピオンシップなどが
どうなるかわかりませんが、長丁場の戦いが始まる。
ACLのホームは平日で寂しかったが
人の多い万博の雰囲気は良いですね。
さて、ACLとゼロックスをやって、そろそろ試合勘は戻ってきてほしい所
韓国遠征の疲労は心配されるが、既に数試合こなしたアドバンテージに
期待したい試合は・・・
皆さん仰る通り、負けに等しいドローでした。ただ、内容は良かったと思います、
結果が伴わなかったのは、監督の采配が悪かったのと「個」の差であったと思います。
お互い、慎重な立ち上がりでしたが前半の入り方は良かったと思います。
戦術パトリックで仕掛けますが、パトリックがカニーニと森重にうまく抑えられてましたね
自陣右サイドでボールを奪い、左サイドから、秋と藤春で仕掛けるパターンが多かったですが
藤春は縦に蓋をされると何もできず、秋は左サイド深いところからのラストパスが
悉く相手DFにひっかかりもどかしい展開でした。
守備に関しては危なげなく守れていた。
特に、大明神がキレまくっていて、的確なポジショニングと
バランスをもたらし、守備を締めていた。
1点目、右サイドで晃太郎が仕掛けましたがスピード感がなく囲まれ
真ん中の秋に戻す、ここで左サイドから仕掛けようと藤春へ
しかし、無理をせずにヤットに預け、宇佐美が左サイドへ開いた所を
見逃さずスルーパス、この連携は良かった。
宇佐美が前を向いて仕掛けるも抜けずエンドラインに追い込まれ
ボールがエンドラインを割ったが、笛は鳴らず、ヤットへ戻す。
F東ディフェンスがセルフジャッジで足止まり
ヤットさんがノープレッシャーになった所で、パトリックに付いてたカニーニが
シュートコースを消しに行った、その一瞬を見逃さず、ヤットさんがクロス
シュートブロックのカニーニを超えて、フリーのパトリックにドンピシャだった。
2点目、パトリックと宇佐美のワンツーは見事、ボールは過ぎているのに
梶山は綺麗にアフターで宇佐美の足を狩りました。文句なしのPK
その後、反撃に出るF東を食い止め、前線でチャンスを作るも
得点は奪えず、ここで追加点を取れなかったのが後で響いた。
そして、後半25分ごろから連戦の疲労からか全体の運動量が減り
ズルズルと押し込まれる展開
F東は、林を入れ3トップ左サイドに武藤置くも、守備のスペシャリスト
ジェソクがよく対応できていた、しかし、クロスでそれが崩された。
1失点目、フリーキックからのリスタートでディフェンスラインが乱れていた。
右からの林のクロスに前田がサイドに流れる、それに対応したのはジェソク
ミスマッチで前田に折り返されてしまう。武藤に拾われゴールを背にするも
ターンと同時にシュート、丹羽は、あのタイミングで来るとは思ってなかったね
これは、何とかできたのにその判断ミスによる失点と思う。
ここで、バテバテの晃太郎か秋に代えて、阿部を投入してほしかったのだが
投入したのはリンス、しかも宇佐美と、この采配の意図がわからん?
そして、いつまでもカードを切らないまま、失点
2失点目、起点は藤春の浮き球のボール処理ミス、処理を誤ったボールを
拾われて、前線に送られたボールに秋が触りコースが変わった。
それで無理な体勢になったのはわかるけど、流石に真ん中に
蹴ったらあかんやろ、岩下よ・・・
まあ、とっさに来たボールをうまく前に落として
思いっきり良く打った武藤を褒めるべきかもしれんが・・・
で、またもや点取られてからやっと晃太郎に代えて米倉投入
ロスタイム数分で何をしろと・・・
組織ではうまく守れてたけど、結局「個」の不味さで勝ちを逃した。
昨年から、あまりメンバーが変わってない中で上積みが求められる今年は
やっぱり、個のレベルアップが必要不可欠。それは、守備にしても攻撃にしても
2点目取ってからチャンスはあったのに取り切れない宇佐美
負け試合を、個の力でドローに持っていった武藤
宇佐美が武藤に劣っているとは思わんし、スタイルも違うけど
エースってのはああいうもんやで、結果で示さんと
守備も組織で守ってても、最後にはその局面の対応力が求められる
簡単に振り向かせてシュート打たせたり、クリアミスしてたら
勝てるもんも勝てん。
そして、監督の采配にも上積みがない。
相変わらず、カード切るタイミングは遅く、手遅れ状態
城南戦から何を学んだのか?
連戦の中で出場時間を考えたりしてるかもしれんけど
その数分の遅れが、結果に結びついてる事を良く考えてほしい。
いきなり、個の力が上がるとも思えないけど
とにかく、去年と同じように、目の前の試合を
もっと全力でやらないと、後に後悔するように思える。
この試合、F東も繋いでくるスタイルであまり速攻がなかったので
守りやすい部分もあったが、今度は、縦に早く
1発で仕留めれる豊田のいる鳥栖が相手
毎回アウェーでは守備をこじ開けれず、カウンターで沈むパターンなので
どのように対応するのか、楽しみにしてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください