ACLグループステージ vsブリーラム・ユナイテッド(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます。
G+でリアルタイムで見てました。
ここを勝たなければ、グループリーグは絶望だけに、最後は「勝って良かった。」ですが
西野の怪我から始まり、色々ありすぎたし、ホントに内容はグダグダで
「勝ちに不思議な勝ちあり」の試合でした。運で何とかなった試合。
西野が怪我で引っ込んでしまった時間帯とは関係なく、個のミスで失点
まず、藤春、エンドラインを割ると思われたボールがコーナーフラッグに当たって
出なかった。出なくて止まったボールを体入れて守っていてもしょうがないやん。
相手に当てるか、最悪タッチラインに出すしかないのに、押されて自らエンドラインに出すって・・・
簡単に相手にチャンスやるなよ
で、東口、最初のポジショニングは悪くない。
自陣左CKに左で巻いてくるボールに対して、ゴール真ん中にいるのはわかる。
が、何で蹴った瞬間前に移動したの?これが何回見てもわからん?
完全な目測誤りと言うか、判断ミスと言うかありえない失点の仕方
最初のポジションにいれは最悪、弾けたはず。
ディフェンスは、丹羽もジャンヤもガンバってたとは思いますが
ブラジル人2トップに簡単に振り切られ過ぎ
簡単にシュート打たせ過ぎ
先制されたことによって、余計に余裕がなくなり
雑なプレーになりがち、点を取り返したいが・・・
ピッチが悪いのもわかるけど、とにかく全体のパスが雑すぎて
ビルドアップもままならず。
こうなったらワンチャンスを何とか活かすしかないと思っていたら
前半に追いついたことは良かった。
相手の人数はそろっていたが、うまくスペースに入り込んで
素早くパスをつないで連携し、最後はリンスがフリーになって押し込んだ。
後半に望みをつないだと思ったが・・・
気候のせいか今度は全体がバテて何もできない。
あんなに長時間攻め込まれるガンバを見たのはいつ以来やろか?
J2に落ちた年に、ホームで柏にボコられた以来じゃないかな?
東口は前半のミスを取り返すべく、奮闘しビッグセーブ連発で
2,3点は防いでもらった。
ディフェンスラインもバラバラで丹羽もジョンヤも悪いながらも
何とか耐えていたので、またもワンチャンスを信じるしかない。
この状況での晃太郎は、ほんまに救世主でしたね。
もちろん、点を取った事も大きいけど、バテバテの中盤にあって
あの運動量はほんとに助かった。最後にそのカードを残して
切ったのは正解。
どう見ても、負け試合を相手のミスと運と東口で乗り切った。
岩下がいない事でバラバラになったディフェンスラインは大いに反省してほしいし
今後に不安を残す結果となった。
ACLを乗り切るには、メンタル的にもフィジカル的にもタフさが必要と感じた。
その点で今のガンバは物足りない。
勝ったのに、反省点ばっかり出て来てしまう不思議な試合。
とにかく、ACLは勝たなければ終わるのでこの拾った勝ちを大事にして
これからにつなげないと意味がない。
奮起せよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください