ACLグループステージ vs広州富力(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます。
崖っぷちの戦い第二弾
ブリーラム戦で拾った勝ちを繋げれるかどうかの試合でしたが
終わってみれば夢スコアの大差勝ちでした。
宇佐美とパトリックが、どハマりしましたね。
特に、宇佐美はチャンスメイクで持ち前のセンスを発揮して
周りを引っ張り間違いなくこの試合のMOM
1点目は戦術パトリックがハマった。
サイドで受けたパトリックから阿部と宇佐美とつなぎ
宇佐美が外に逃げる事によりDFが引っ張られ、ずれた所を見逃さず
大外にフリーのヤットさんへクロス
クロス自体は相手に当たりミスキックだったものの
うまくふんわりボールとなってヤットさんの元へ
折り返したところ、触ったかは分からないけど、よく詰めたパトリックのゴール
先制して余裕を持った事により、しっかり守備をしてからの
前線に少ない手数で攻め上げるパターンになった。
とにかく広州富力のディフェンスラインは無駄に高いし
サイドに振られると簡単にラインが乱れマークが外れる
もう、戦術パトリックにはうってつけ
オフサイドにはなったけど、パトリックの抜け出しや
サイドに開いた宇佐美からのグラウンダーのクロス
藤春からのクロスをパトリックが落として宇佐美など
惜しいシーンが続く
2点目、スローインからの流れ、藤春の縦へのチャレンジが地味に効いてる
あれで3人引き付けられたし、宇佐美がフリーになり余裕ができたし
アウトに引っかけた美しい弾道のクロスをパトリックが落としたとこ
しっかり詰めてる阿部が素敵です。
3点目、前半終了間際にすぐさま追加点
広州富力にとってはは一番ダメージが大きかった気がする。
相手GKのフィードを跳ね返し簡単につないで宇佐美へ
広州富力は集中力欠いて、パトリックをフリーにしてるし
そこを見逃さず、宇佐美が前線へパス、1対1をパトリックが落ち着いて決めました。
後半、早々と外人2人を下げこの試合を捨てた広州
4点目、これはCKをキャッチしてからの東口の早いフィードが起点
宇佐美が受け、晃太郎に預けるも倒されて、こぼれ球をすかさず
右サイドフリーのリンスの前にフィード、一人でも行けそうだったけど
セーフティな阿部にパス、CKからの綺麗なカウンターが決まる。
5点目、起点は岩下のいい守備から、相手ボールを奪ってからのカウンター
またもや、リンスの前に広大なスペースが広がる。
今度はディフェンスがいるのでね、フリーの宇佐美に出すのは当然
宇佐美はトラップがアウトに流れたけど、うまく押し込みましたね。
守備に関しては、しっかりホームの試合を反省し
ハムダラーを自由にさせなかった。サイドからのクロスもしっかり
跳ね返してたし、丹羽と岩下は良くガンバりました。
もう、絶望的なスコアになってからは、お得意のカンフーサッカーが炸裂
ガンバの選手の足が狩られ、バッタバッタと倒れる
もちろん、そんなラフプレーに走る相手が一番悪いに決まってますが
何回もACLに出てるんやし、自分を守るためにも、いなせるようにならないと・・・
相手とある程度距離を置いてパスを貰い、早めに放す。
ずっとボール持ってたり、待ってボールを貰うと簡単に足を狩りに来る。
藤春が待ってボールを貰い、狩られましたね。
その時、後ろからの当たりにぶち切れて晃太郎が相手を蹴るんですが
あんなもの、1発レッドで2,3試合出場停止になってもおかしくないですよ
普通イエローでは済みませんよ、気持ちはわからんでもないけど
これからも、ラフプレーしてくる中国や韓国のチームと当たるねんから
もう少し大人にならんと、相手と同類やで
やっぱり早い時間帯での先制点が余裕を生み後の大量点に繋がった気がします。
ここって時の集中力の高さ、攻撃の精度の高さが今のガンバの強み
この試合は相手ディフェンスラインが無茶苦茶だったので
カウンターもハマりましたが、カウンターだけでなくパスで中央を崩したり
サイドからのクロスで取れるようにもっと攻撃を磨いてほしい。
過密日程で試合が続きますが、調整して公式戦連勝を伸ばしてほしいですね。
現地で応援されていた皆様、お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください