vs 柏レイソル(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます。
平日は多忙で、先週末は山形弾丸ツアーなど
暇がなかったのですが、やっとゆっくり試合が見れました。
本当にブレイクタイムがあって良かった。
さて、アウェーのレイソルはまたもや平日開催
去年もそうだったと思いますが、平日にやると言うことは
日程が詰まっていると言うこと。日程が詰まっていると言うことは
互いのチームの疲労感が出る訳で
そうなると1点差のショッパイ塩試合になることが多い
今回もそうなりました。
入りは非常に良かったですね。
下がり目の宇佐美を使ってスピーディな展開に
レイソルは完全に面食らってましたし
あの流れの中で取りたかった。
ファーストシュートは、パトリックのヘッド
あそこで取ってたらまた流れは変わったのですが
取り切れず落ち着いたレイソルの反撃にあう
失点シーンは、あそこまで深い所まで行ったら
GKは折り返しに対応するためにポジションを
真ん中にするのはセオリー通りなんですよ
だから、東口の気持ちはわかる。
しかし、たらればは禁物ですが、タッチラインギリギリから
平行にボール来ることも可能性としてある訳で
100%折り返しと判断せずに、20%は平行に来るかもしれないと
判断してたならば防げたと思うプレーでした。
まあ、失点しようがしまいが、今のガンバの課題は得点な訳で
ぶっちゃけ、途中の過程よりも、いかにフィニッシュして
得点をとるか
今回、ガンバはパトリックの1トップに秋がトップ下と言うか
1シャドーみたいな形で、左SHに宇佐美と
いつもの2トップ2SHの形を崩して来た。
左サイドで宇佐美がキープして相手を引き付けておいて
右の米倉を活かすという展開だったけどうまくはいかなかった。
米倉は非常に良かったですが、晃太郎が消えてた。
米倉に晃太郎がうまく絡めてたら、もっとチャンスは作れていたと思える
宇佐美がSHに下がる事により、守備が弱くなるため
左サイドで相手に組み立てられる事が多かった
しかしながら、決定機まで行かせてないし
守備陣の踏ん張りも効いていた。
宇佐美のチャンスメイクの質の高さは際立っていたが
結局フィニッシャーが、パトリックだけに偏っていることも問題
良い時と悪い時の波があるパトリックが今どん底の中
そこだけに活路を見出しても、現状打破にはなってない。
シャドーの秋が空いてる事も結構あったのに
そこにボールは入っていかなかったし
晃太郎が守備はそれなりにできていたけど攻撃はさっぱりの状態
解説の水沼の言ってたけど、ボールを引き出す動きができてない
阿部が入って秋が右に入り右サイドは多少改善は見れたけど
得点には至ってない。
柏は、レアンドロ頼みのサッカーで
レアンドロをしっかり抑えていれば、何もできなかった。
ってか、ACLは勝ち残っているものの
この状態の柏に勝てないのは、ガンバは重症かなぁ
この試合見て改めて思ったのはSHの攻撃の質
宇佐美がスーパー過ぎるんだけど
あれだけ即得点に繋がるようなチャンスメイクを
バンバンやっていたので、秋、阿部、晃太郎、堂安はマネて
もっと質を高めていかないといけない。
もちろん、SHには守備タスクもあるので
難しいとは思うけど、失点率の低い守備陣を信じて
もっとリスクを冒してでも、攻撃に行って良いと思う
質の高いチャンスメイクにゴールに近い所にいる
宇佐美が絡んで行けたら、得点は近いと思うんだが・・・
何にせよ、得点を取るためには
チャンスメイクをしていかないといけないし
フィニッシュの精度を高めないといけない
フィニッシュの精度だけは、個の力に頼るしかないので
意識して続けていくしかない
次も中3日でアウェーだけど、1stステージ最終戦
スッキリ勝って、ブレイクタイムを迎えたい。
現地で応援されていた皆様、お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください