vs 横浜Fマリノス(ホーム)

毎度ご来訪ありがとうございます。
昼間はまだ、太陽が雲に隠れててそんなに暑くはなかったのですが
入場するぐらいに日が照ってきて一気に暑くなった。
チャーシュー丼の売ってる店のかき氷

ボリュームがありました。

タコスの店で売ってた、名前は忘れたw
あと、無料でフェイスシールを配ってました。
さて、試合ですが
リードしてる試合のクロージングの仕方を
選手も監督も完全に忘れてしまってますね
1点目、宇佐美の動き出しとヤットさんのパスの
レベルが高すぎます。しかも、宇佐美はバウンドした
難しいボールだったのに、いとも簡単に早いクロス蹴り
ドンピシャでパトリックに合わせてしまうのですから
3人のクオリティの高さが詰まった得点でした。
相手がまでゲームに入れてない時間に
先制できたのは良かったですが
相変わらず、早いマリノスのプレスに
ガンバは手こずりましたね。
相手の攻撃は、良く防いでました。
特に、丹羽とアデミウソンのマッチアップは見てて
面白かったけど
後半、ジェソクに代えて米倉投入
久しぶりのジェソクはやはり試合勘が掴めてない感じがしました。
それでも0に抑えているのだから引っ張てもとは思いましたが
まあ、先手を打つという意味では交代は良かった。
シュートも相手よりは打ってましたが
どうしても、精度を欠いてるし
攻撃のクオリティは、上がってこないですね
例えば、後半、米倉が右サイド駆け上がってシュートしましたが
シュートはグダグダ、中に2人もいたのに目もくれず
せっかくのチャンスを雑さで潰してました。
2点目、秋の得点でいいんじゃないですかねw
前節の晃太郎と同じく積極的に打って行った結果
宇佐美に当たらなければどうなっていたかは分からないけど
やっぱり打たないと何も起こらない。
ここで、パトリック下げて長澤を投入
後の監督のコメントで「中2日でゲームがなければ
パトリックも替えるようなコンディションでなかったと思いますので
2点目が入って、少しパトリックも休ませたいという
思いもありましたし、そのへんが微妙に結果にもしかしたら
気にしてしまったのかもしれないので
そういう意味では、選手の責任では今日は全くなかったと
いうふうに思いますし、選手は本当に最後まで走って
戦ってくれたと思います。」と自身の采配のまずさを認めてます。
確かに、長沢を投入してから、ほとんどガンバは攻めれなくなり
防戦一方で厳しい戦いになった訳ですが、パトリックの代わりに
宇佐美がキープするとか、やりようはあったように思います。
自分はそこよりも、次の試合を考えてしまっている
監督の采配にガッカリしました。結果、勝ち点2落として
順位の近い相手に勝ち点1与えてる訳ですからね。
1失点目、それまでほぼアデミウソンを抑えていた丹羽でしたが
1回抑えられなかったのが失点につながってしまった。
アデミウソンに付いて行ったヤットさんも軽かったですねw
あれは疲れてたからなのか、元々?
2失点目、FKはしゃーないです。
外せば負け、入れれば勝ち点が手に入るって状況の中
一番長身の長沢をギリギリ超えてあのスピードで
あのコースに蹴れるとか、只々凄いの一言
しかしながら、止めれる止めれないは別として
東口は、蹴った瞬間が見えてたのかな?と
長沢越えてから見えてたような反応だったのが
気になりました。見えてないなら甘いコースでも
防げない可能性があるから
問題はその前のファールですよね
確かに佐藤主審の判定は微妙ですよ
ヤットさんが足裏見せながらチェックには行きましたが
その足裏は、ファビオには当たってないから
ブラジル人らしいマリーシアなリアクションで
ファウルを取ったように思えます。
ただ、ヤットさんも普段ああいった取り方しないのに
足を出してしまうのはやはり疲れからと思われる。
失点シーンにヤットさんが2回も絡んでる
たらればは禁物やけど、やはりパトリックは置いておいて
ヤットさんを引っ込める采配があってもよかった。
そして、この試合で一番残念だったこと
冒頭の「クロージングの仕方を忘れてしまった」にもつながるのですが
俊輔のFKの前、ロスタイムに入ってから
一旦マイボールになってるんですね。
そのマイボールを藤春が前に蹴り阿部が落としたボールに
秋が突っ込みハンドを取られてしまって
マリノスボールになってからFKに繋がった。
無理して前線に蹴ってしまわずに回して
時間稼げなかったのかなと、逆サイドの宇佐美はフリーやったし
コーナーポスト付近まで運んで、押しくら饅頭やるとかね
去年も時間稼ぎでやってたと思うのだが・・・
攻めるのか、キープして時間を稼ぐとか
監督からの指示もないようだったし
「ひたすら守れ、耐えろ」だけではそりゃ苦しいでしょ
そういった所の意思統一も今のガンバには欠けてると思う
2ndステージ初戦の甲府戦で審判に救われ
勝ち点3取った帳尻合わせのような試合のように思えた。
結局、今のガンバの実力は、3試合で勝ち点4しか取れない
このままでは、年間勝ち点1位どころか
チャンピオンシップ進出も危うい
その事をどれほど意識しているのか?
FWの得点とか2列目の質とか得点とか
攻撃の事ばかり最近は言ってましたが
3試合で6失点の現実としっかり向き合って
もう一度原点に戻り、守備の再構築から始める事と
昨年のようなチーム全体の意思統一が
必要と思えた試合でした。
皆様お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください