vs 清水エスパルス(ホーム)

毎度ご来訪ありがとうございます。
先行入場のちょっと前までは曇りで過ごしやすかったのですが
日が照ってから普通に夏の暑さが戻ってきました。
さて、試合ですが
残留争いしてるチームにホームで1-0で勝つのは最低限です。
勝つ+αの内容の進歩を期待してた訳ですが
大きな変化は見られなかった。
しいて言うなら、守備は前回の反省もあってか
しょーもないミスはしないようにという緊張感は感じたし
実際0点で抑えたのは良かったと思う。
しかしながら、相手のシュートの精度のなさにも助けられた。
シュート数は負けてるし、簡単にDFのポジションをずらされて
その開いたDFの間をシュートされヒヤっとするシーンもあった。
決して守備がハマって0点に抑えたとは言い難い
そして、守備を意識をしていた分、攻撃が今一つやった
戦術パトリックを発動しても、フォローが遅く
待ってる間に取られるか、無理に仕掛けて自滅するか
これは最近ずっとですが、単純にDFラインが低すぎるんですよね
最終ラインが低いから全体的に下がり気味になる
そこからの裏抜け戦術パトリック発動なので
後ろからくる選手が遅くなるのは当たり前で
その戦術を活かしきれてない
秋トップ下の宇佐美左サイドは、せっかく変化を加えたので
もう少し様子が見たいと思う反面、機能してるとは言い難い
状況に合わせて宇佐美FWの2トップに変えてもいいように思うけどね
得点は、パトリックが絶妙のタイミングで抜け出し
宇佐美のスルーパスも見事やったけど、清水のDFラインがミスったせいでもある
たった1回のミスで失点し、何度かあるチャンスを活かしきれない
いつもガンバがそんな感じやけど、この日は清水が陥った
ガンバは悪い意味でいつも通りの中、清水が自滅した試合
そんなふうに見えたし
勝った事と守備の意識が少しだけ高まっただけの試合
まだまだ、ガンバの浮上は遠いを思えた試合でした。
そろそろ、長谷川監督の引き出しも限界なのかな?
選手達は昨年の良かった幻を追いかけているよう
去年と一緒じゃもう通用しないことを意識してどれだけ変えれるか
J2から昨年までで築き上げてたものが、逆に足枷になってる気がする
今まで築いてきたものを壊すのではなく、変化させる
今のガンバにはそれが必要と強く感じました。
次はACL
リーグが振るわないならこちらで勝ちあがるしかないで~
皆様、お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください