vs 鹿島アントラーズ(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます。
やっとこさ時間ができたので書いて行きます。
って言っても、いつ追いつくのやらw
さて、鹿島戦は色々な意味で運が良かった
そう思えた試合でした。
開始早々のあわやオウンゴールのシーン
起点は宇佐美の持ちすぎから始まっているんですがね・・・
まあ、バーに当たってラッキーでした
あれが入っていたらまた重たい試合になっていたと思います。
鹿島は6連勝の勢いを持って序盤は攻勢にでましたね
ガンバは受けすぎてラインが低く、取っても後ろからの
ビルドアップがうまくいかず、途中で取られて
また相手の攻撃を受けるを繰り返してました。
なかなかガンバペースに持って来れない
しかし、どことなく鹿島も6連勝中の余裕からか
ちょくちょくイージーミスもしてたし
緩い感じもありました。
1点目、THE宇佐美でしたね
ヤットさんからパスを引き取って
パトリックとのワンツーで、相手中盤のディフェンスを
引きはがしドリブルで仕掛け、飛び込むファンソッコをかわし
青木との1対1では細かいタッチでパスフェイクを入れ
間合いを計り、足伸ばして来たとこの下を狙う。素晴らしいです。
2点目、鹿島のパスミスというラッキー
宇佐美のシュートorパスが青木の足に当たるというラッキーがありました。
まあ、鹿島からしたら事故のような失点
でも、その事故が致命傷になりましたね
後半、ガンバは防戦一方
カウンターの意識もあまりなかったですね
しかし、79分のカウンターは惜しかった
藤春はよくあそこまで走ったけど
最後、当てるだけでいいのに頭振っちゃダメだよw
まあ、その守備がどこまで持つかと思ってましたが
やっぱり失点しましたね
ガンバはサイドからのクロスに弱い
ゾーンで間隔開けて守ってるから
走りこんで前に入られると対応が遅れる
名古屋戦、闘莉王にもやられましたね
去年はゾーン、一部マンツーマンみたいな感じで
うまく守れていたんですがね・・・
鹿島は6連勝中の余裕が油断に変わってたし
バーに救われたのも2度あったし
宇佐美の2点目も相手に当たって入ったし
序盤戦、運が無い試合も多かったですので
まあ、たまにはこんな試合もあっていいかなと思います
ただ、この良い流れは、ナビスコから続いていたように思いました。
この流れを切らないようにしていただきたいですね
現地で応援されていた皆様、お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください