【ブログ再開】 Jリーグチャンピオンシップ準決勝 vs浦和レッズ

毎度ご来訪ありがとうございます。
ブログ休止後「残念」とか「再開待ってるよ」って
声をいただいて本当にありがたい事です。
環境が変わり、プライベートの時間が多く持てるようになりましたので
ブログを再開したいと思います。
思えば過密日程の中「全未分類を書かないといけない」みたいな
義務感に駆られ、自分自身が窮屈な部分もありました。
これからは、全試合ではなく、見た試合の感想を書いて行こうと思います。
今後ともよろしくお願いします。
さて、さっそくチャンピオンシップ準決勝です
良い試合だったとは思いますが、良い試合になったのも
すべて東口のおかげだった事が気になる試合でした。
ガンバが一番嫌う事はハイプレスをかけられる事
ナビスコ決勝の鹿島のような感じ
レッズもそれで来ると思いましたが、そこまでハイプレスではなかった。
レッズも相手の長所の消すサッカーよりも
自分たちのサッカーを優先するほうなので
攻撃ではそこに突け入るスキはあるとは思ってました。
しかしながら、あまりガンバの攻撃は良くなかったですね
レッズは攻めるとき人数を掛けて来る事と
サイドを有効的に使ってるのでDFラインを下げて受けざる得ない。
そうなると後ろからロングボールの戦術パトリックになる訳ですが
その辺は、何度も対戦してるレッズだけあって
簡単にはパトリックに仕事はさせない。
サイドの攻防も左は藤春は関根に負けてなかったと思うし
右もジェソクの守備は本当に安定してた。
両サイドとも出来はよかったと思います。
特に藤春は積極的に前に出てたし
1対1ではどちらのサイドも負けてはないけど
連携で崩されピンチを迎える場面は多かった。
最終ラインは深いし、人数かけて守ろうとしてるけど
やっぱりどこか間が開いててシュートが枠に飛ぶんですよね
ほんまに、東口は大変やと思います。
1点目、すべては今ちゃんの鬼プレスがあったから
後半開始直後でまだレッズがうまく試合に入れていない所
今ちゃんが西川までプレスをかけ縦に蹴らさないようにした
サイドに出した所、宇佐美がプレスをかけ、慌てて出した
縦パスがズレて、晃太郎がカットできた。
それにしても、今ちゃんは落ち着いて決めましたね。
後半、点取ってからは受けに回りすぎましたね。
DFラインがズルズル下がりすぎて
DFラインの前でシュートを打たれるっていつものパターンで
バンバンシュート打たれる、ほんまに東口様様
でもあれだけ攻められていては、どこかでほころびができるもの
1失点目
まず、失点前に晃太郎がペナ内で引っかけたシーンは
PK取られてもおかしくない。
一度ボールを奪ったのに自分からボールを離し
出し所を探してるとかありえない。セーフティファーストで
クリアなりきちんと処理してれば、失点につながったCKもなかった。
で、これはたまたまなのかもしれないが、このタイミングで
選手交代を行った事、これにより間延びして集中力が
切れたようにも思えた。
森脇に付いていたのは藤春、前で西野と槇野が交錯するのに
目を奪われて競る事もなくフリーで合わされた。
跳ね返りズラタンに押し込まれるのは運の部分もあるので仕方ない
ただ、東口は李に邪魔されてこけて、取りに行けなかったのは残念・・・
あのPKをスルーする審判なら、キーパーチャージもスルーするか・・・
藤春がペナ内で引っかけられたのも帳尻合わせでスルーするしね
ここからも東口劇場
後半終了間際、武藤のヘディングも普通なら決まってますよ
お互い、決め手がないままの延長後半
2点目
丹羽のオウンゴール未遂からの流れについては
見たままの素晴らしい連携なので、それ以外に気になった事を
丹羽のオウンゴール未遂について、ヤットさんが
「周りがサポートしないといけない」とフォローしてましたが
横にいた西野にパスできるタイミングは十分あったし
回りこんでクリアもできたし
何より、東口へのバックパスも浮かす必要はない。
東口が触りなんとかポストに当たって入らなかったし
勝ったから笑い話で済むけど、入って負けたら戦犯やで。
丹羽は前半からバックパスの処理が不安定やったし
実際、処理ミスをしてCKになった事もあった。
日本代表のDFがバックパスの処理ぐらいで
もたついてたらアカンでしょ。
3点目、米倉が軽くアシストしてますね
最初、パトリックと関根が同じ位置にいたんだけど
米倉が外に開くことによって関根は米倉を見つつ
米倉の前のスペースに対応しようと思って
ディフェンスラインより出てしまい、オフサイド取れず
パトリックをフリーにしてしまった。
しかしながら、パトリックとヤットさんどちらも凄い
パトリックが飛び出そうと構えた瞬間に
ヤットさんのキックが出てきましたからね。
あそこでスキ見て裏狙うのもブラジル人らしいし
すかさず反応して絶妙のボールを前に落とせる
ヤットさんの技術、素晴らしいです。
この試合のMOMは東口と藤春かなと
藤春はゴールはもちろんなんですが、関根を抑えつつ
積極的に前に出てと、とにかく運動量豊富に動き回り
攻守に活躍した所
東口は言わずもがな
しかし、GKが活躍する試合は良い試合とは言えない
はっきり言って東口がいなければ
この試合、ナビスコ決勝のように壊れていた可能性がある
東口が活躍すると言うことは、それだけシュートを打たれたり
危ないクロスを入れられていると言うことで
守備が良くない事を表してるんですよ。
東口に頼っていて、それを良しとしていれば
ディフェンスは向上しない。
それでなくても、2ndステージは失点が多いのに
改善できぬままズルズルきてる
次は、リーグで一番点を取ってるチームが相手なんやから
とにかく、ディフェンスについては、できる限りの手を尽くして
試合を、CSを壊さないようにしてもらいたい。
現地で応援されていた皆様、お疲れ様でした。

“【ブログ再開】 Jリーグチャンピオンシップ準決勝 vs浦和レッズ” への2件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    お邪魔します。
    はじめまして、くにきちと言います。
    実は休止の間にブログを始めたのですが、
    たまえもんさんのブログよく見させて頂いてたので再開嬉しいです。
    またお邪魔させて頂きます。
    勝手ながらリンクもさせて頂きました。
    もし都合が悪ければおっしゃてください!
    失礼します。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    くにきち殿
    初めまして、コメントありがとうございます。
    そして、いつもブログ読んでいただきありがとうございます。
    相互リンク大歓迎です。
    自分も、リンク貼らせていただきます。
    これからもどうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください