Jリーグチャンピオンシップ決勝 2ndleg vsサンフレッチェ広島(アウェー )

毎度ご来訪ありがとうございます。
久しぶりの広島遠征
朝8時半にJR茨木出発、下道で宝塚まで行って高速に乗り
順調に走り13時半頃、現地到着
15時半頃開門するも4時間何して持て余すw
とりあえずアウェーゴール裏近くにあったパリオコなる物を食す


揚げた麺に広島風お好み焼きの具が挟まっています
味はそういう味ですw
する事ないので、外のフードコートをぶらついて過ごす
万博でも見かけたヤットさんの物まねの人とか
野呂社長とかヤットさんのお父さんとか見かけました。
分かってたけど、広島は寒かった。

さて、試合ですが・・・
この文言は書きたくなかったのだが・・・
1stlegの結果が尾を引いてしまった。
内容としては、スコアが表す通り互角だった。
ただ、広島には1stlegのアドバンテージがあるし
その分広島には余裕があった。
広島が勝たないといけないという状況であれば
もう少し攻撃的に来たりして、どうなったかは分からないけど
ガンバは先制点と言うアドバンテージがありながら
それを活かす事ができなかった・・・
勝負弱さからの脱却はまたしても果たせず・・・
ハーフタイムで応援仲間が「次の1点取ったほうが勝ちやな」と
言ってましたがその通りになってしまった。
こちらが、もう1点取りに行かないといけない状況で
フィニッシュまで行かず、相手のカウンターを受ける流れ
その流れの中でどちらかかゴールを割るかの
我慢比べに負けてしまった。
失点の仕方は本当にお粗末でしたが・・・
もう、試合の流れとか詳細は書きません
最後のパワープレーが物悲しかった。
1週間で3試合、運動量が落ちセカンドボールが拾えない状態でも
パワープレーせざるえない状況が全てを物語っていた。
パトリックへのロングボール一辺倒なら相手も守りやすいわな
たまにパトリックに入れるふりしてサイドにつないでから
クロス上げてみるとか、ショートパスに切り替えるとか
変化つけ、工夫しないとマークもずれないしパワープレーも活きない。
まあ、そんな余裕もないと言うことですね
広島は2ndステージを優勝し年間最多勝ち点を
叩き出した強さは認めるけど、このチャンピオンシップに限っては
それほどのガンバとの差は感じなかった。
それだけに、何とかできたという思いからは
悔しさがこみあげて来る
自身、2ステージ制は反対です。
年間順位3位のガンバがボーナスステージの
CSを優勝することで最大の皮肉を
Jリーグに突き付ける事ができなかった事も
非常に残念でした。
もうリーグは終わったので一区切り
皆様、お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください