天皇杯 準決勝 vsサンフレッチェ広島(長居)

毎度ご来訪ありがとうございます。
あけましておめでとうございます。
今年も当ブログをよろしくお願いします。
もうちょっと時間が経っているので、サラっと感想を
長居のホーム側からの応援は違和感があったけど
まあ、応援するのはどのスタジアムに行っても一緒
入場を待ってる間、ホーム側は日陰だったので朝は余計に寒くかったけど
スタンドに入れば日が照り良い感じでした。
さて、早速試合ですが
今期59試合目にして、やっとガンバがやりたかったサッカーが
できたのではないでしょうか
序盤も非常に良い入り方でペースを握り早々に先制点を奪う
チャンピオンシップ明けの休みで鳥栖戦から好調を持続してた宇佐美が
キッチリ仕事をしてくれましたね。
どうも悪い時は、焦りと力みでシュートは浮かしがちだけど
コンディションの良いときは、力まずにしっかりコースを狙い入る
点取ったら受け身になる所は相変わらずでしたが
それほど危ないシーンもなかったように思います。
後半、お互いペースは変わらず。後半20分ぐらい経った所で
このまま終われそうではありましたが
何が起こるか分からないのもサッカー
追加点が欲しいと思っていたら・・・
2点目は70%秋の得点でしょうw
藤春が地味ですが早めのアプローチでいっかりディフェンスしたから
相手のミスがあったと思うし、秋がそのミスを逃さず
ドリブルでアタッキングサードまで運んだ。
鳥栖戦に続いて、やっぱり攻撃スイッチを入れたのも秋
その後しっかり走りこんでいた、長沢も良かった
秋のパスはズレたけど足伸ばしたから宇佐美の元へ行ったし
2点目取った後でしたが、全体的に守備の意識の高さが良く
広島が攻めあぐねてましたね。
もう、こうなればしっかり守り攻撃に出て来て前がかりになった所を
逆にカウンターで沈めれれば完璧と思っていたら
3点目、長沢はでかいけど足もはやいんですねw
起点はまたもや秋、長沢もよく粘り
最後は落ち着いて決めました。
形はどうであれ、途中出場でもしっかり結果を残せる。
来シーズンが楽しみになりました。
チャンピオンシップの1stlegもこんな試合運びができてたと思うのですよ
アクシデントさえなければ
広島は、リーグ優勝とCWC3位で満足しちゃったのか
もう一つガンバほどのタイトル奪取欲が伺えなかった。
過密日程をいい訳にしてましたが、ガンバ公式に書いてた事がすべて
「非常に過密なスケジュールで今シーズン戦ってきたガンバ大阪は
この試合が59試合目。一方、今日対戦する広島は51試合目と8試合も違うが
ガンバは天皇杯連覇に向けて、高いモチベーションでこの試合に臨む。」
全体的な守備の意識も高く、粘り強く守り
攻撃の精度の高さで点を取り切る
宇佐美が2列目で機能し取る人が点を取り
先制、中押し、ダメ押しと点取れた。
冒頭にも書きましたが、昨年から積み上げてきたサッカーに
今年のエッセンスが上積みされた試合がやっと体現できたと思います。
現地で応援されてた皆様、お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください