天皇杯 決勝 vs浦和レッズ(味スタ)

毎度ご来訪ありがとうございます。
アップが遅くてすいません。
とりあえず、サクッと元旦決勝の感想を
試合を分けたのは
ガンバには米倉の代わりがいた。
レッズには柏木の代わりはいなかった。
パトリックが好調だった。
この辺りかと
レッズとガンバがやると
とりあえずポゼッションからサイドを使って攻めようとするレッズに
それを受けスキを突いて攻めようとするガンバの図式になる
準決勝のように最初は積極的に行って、バー直撃の惜しいシーンを
演出しましたが結局上記の図式に戻った。
1点目、秋が咄嗟に蹴った裏へのパスが良かったですね。
パトリックのGKとの1対1は、正直8:2でGKに分があると思ってますが
その2が来ましたねw
あれ狙ってGKの肩口に蹴ったのなら相当レベルは高いですがw
1失点目、宇佐美の寄せない守備が残念でした。
梅埼がボール取った所を狙う訳でもなく、ちんたら寄せ
簡単に縦に行かせる守備には愕然としました。
アウェーのFC東京だったと思いますが、追わず戻らずで
失点したシーンを忘れたのでしょうか?
2点目、ニアがぽっかり空いてたので
あそこに誰か飛び込んでくるんだろうなとは思ってましたが
まさか一番奥にいたパトリックだとは思わなかったw
これもフリーではあったけど、落ちて来るボールを浮かさず蹴るのは
難しいボールだったと思いますがよく決めてくれました。
ここから、東口の出番が多くなるんだろうなと思ってましたがその通りに
宇佐美を下げ内田を入れ守り切るシフトに
最後、ジョンヤの空振りに肝を冷やしましたがなんとか勝ち切った。
スクランブルで右SBに入った今ちゃん、途中出場の井手口も
よく頑張りましたね、特に井手口はパフォーマンスが安定してきましたし
存在感が増しました。
レッズは柏木不在が響いたかな
嫌らしいとこを突いてくるパスがなかったし
サイド、真ん中などコントロールするパスがなかったですね。
本当に版を押したようにサイドから攻めようとするので
失点シーンのように簡単にサイドから上げさせなければ
そんなに怖くなかった。
ただ、ガンバもパトリックのクオリティだけでした。
崩して取った訳ではないので
レッズとの対戦でセットプレーやカウンターだけでなく
崩して点を取れるようなチーム作りが今後の課題のように思えました。
まあ、何はともあれタイトルを取れて良かった。
もう本当にそれだけです。
現地で応援されていた皆様
お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください