2015シーズンの感想(後編)

毎度ご来訪ありがとうございます。
前編からの続きです。
長丁場のリーグ戦
何とか年間勝ち点3位に滑り込んだけど
やっぱり宇佐美の不調と2列目起用が響いたと思う
バカ代表監督のおかげで無理に体脂肪を絞ろうしたのか
どんどんキレが無くなっていく宇佐美を見て悲しくなった。
その不調と2列目起用が重なり得点力も下がり
攻撃が機能しにくい状況が出来上がったと思う。
ディフェンスに関しては、2014シーズンはもっと細かく
ラインコントロールして、失点率の低さを保っていたように思う
2015シーズンも1stステージは失点率は低かったが
2ndステージになって失点が増えた。
失点が増えた原因はディフェンスラインが下がりすぎ
ディフェンスラインの前でやられる事が多かったように思う
あと、サイドからクロスを入れられた際のマークも酷かった。
ラインが下がりすぎる事によって早い攻撃につなぎ難く
宇佐美、パトリックに何とかしてもらおうにも
宇佐美は不調、パトリックは良いときは良いけど
悪い時は何もできない五分のクオリティでは安定感がない。
この攻守のバランス悪さが勝ち点を積み上げれなかった
原因と思われる。
過密日程の影響は無かったとは言えないが
それは分かってる事やし、いくらJリーグとかに言っても
聞く耳持ってないので、工夫してやりくりするしかない
ACLに関しても広州恒大とはチームとしての差があったものの
あと1歩のところまで行けてた。
誰かも言ってましたがホーム&アウェーでの
アウェーの戦い方をもっと考えないといけなかった。
あと宇佐美を限定してしか使えない状況が既に準備不足だった。
ナビスコカップは決勝が全て
タイトルを獲るという意気込みと準備の足りなかった結果が
あの駄試合に繋がった。
鹿島のハイプレスになす術なく無策っぷりが本当に悲しかった。
2度とあんな試合はしてほしくない。
天皇杯は、4試合しかなく特にリーグ終了して
少しリフレッシュできた事が、宇佐美やパトリックの
好調さに繋がった。
ブログにも書きましたが、やっと2列目宇佐美が機能したし
ディフェンス陣はスクランブルながらも
うまくやりくりしタイトルを獲れた事が良かった。
これが、もっとリーグ戦とかでできていれば
タイトルに近づけていたのかなとも思える。
2015年はユース組以外で即戦力として補強した
赤嶺、小椋も結果が出ず。
クラブハウスの引っ越しなど新スタ関連費用の捻出からか
大型補強もなく、昨シーズンからのチーム力のアップが求められた。
その中で宇佐美の2列目や秋のトップ下などで
変化をつけようとしたが、さほど変化はなく
天皇杯でやっと形が見えたとこで今シーズンは終了した。
2015年は、ほぼ完成されたチームからの各自のレベルアップで
変化を求めたがうまく変化できずに1冠に終わった。
今シーズン見て思ったのはやっぱり
年々進化し変化していくJリーグの中では
チームはマイナーチェンジをして変化をしていかないと
複数タイトルは取れない。
まあ、当たり前と言えば当たり前の事ですが
その当たり前ができなかった。
2014年パトリックの加入でガンバは爆発した。
1人の加入で戦術パトリックと呼ばれるまで大きな影響を与えた。
それぐらいの変化をもたらす部分的な補強は必須かと
あと1点が取れない攻撃陣にも変化をもたらせる補強
サイド攻撃に弱くドン引きのディフェンスラインを
立て直せる補強、もしくはDFコーチ
この辺りの補強に今シーズンは期待したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください