ACL 予選リーグ 3節 vs上海上港(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます。
リアルタイムで中継を見ていました。
各スポーツ紙などの記事を見ていると
金満に負けたとか爆買いに負けたなどの文字が躍ってました。
まあ、外人にやられたのは間違いないですが
自分はガンバが自爆したように思いました。
序盤はお互いが様子見な感じから始まりました。
芝が長くパスがつなぎ難そうでしたが、そんな事は言ってられない
現にメルボルンは勝ってますしね
甲府、大宮と違ってヤットさんを自由にさせる事はしない
戦術パトリックもなかなか通用しない、流石はエリクソンです。
プレスのスピードも速く、自分達のペースには持っていけない。
上海はギャン、エウケソンに当ててキープしている間に
追い越していくといったシンプルな戦法ですが
その縦へのスピードが速く、ガンバが追い越いしていく選手を
捕まえられなくて、後手後手に回っていた。
1失点目、ヤットさんが頭に当てた時、エンドラインを割ると思ったのか
ガンバの選手が止まってしまったのが全て
あと、失点シーンを見直すとマークの付き方もおかしい
ギャンにジョンヤも今ちゃんも付いてるとかないでしょ?
ヤットさんの頭に当たり、外に出そうなボールを咄嗟に
ありえない体勢からジャンプして折り返す身体能力を持ってるのは
おそらく世界に数人しかいないでしょう
ギャンが折り返すまでの流れはある意味事故に近いかもしれない
でも、中でエウケソンがフリーとかありえない。
ギャンとエウケソンは、セットプレーではプレーが切れるまで
絶対マーク外したらあかん人やん
おまけに止まってしまうとかお粗末すぎる
逆にこちらの得点はパトリックへのマークがお粗末すぎる
CKでも結構、マークは外れてましたので
後は合うか合わないかでしたがドンピシャ
宇佐美のGKの前で曲がって落ちて来るキックも見事でした。
2失点目は、全体が戻り切れなくてコンカとエウケソンを
フリーにしてしまったのが全て
あれだけフリーにすれば精度の高いボールは蹴れるし
エウケソンに付いてるのが藤春だけとかね
スローインを早く始められてしまったのもあるけど
今ちゃんも最終ラインにいなかったし
井手口もクロス上がってから寄せてきたし
宇佐美も全力で戻ってきた感じではなかった。
大宮戦最後のほうの緩い雰囲気を持ち込まないでほしいと
前回のエントリーで書きましたが、確かに緩い雰囲気はなかったし
トータルで見ると良く戦えてたと思います。
ジェソクの怪我などもあり、ゲームプランが変わったかもしれないけど
前半の膠着した攻撃を見ると、後半開始からの秋投入は自分も思っていた事で
実際、攻撃も活性化して良かった。
ヤットさんがヘッドしてクリアしたと思い止まる
タッチラインを割ってスローインで止まる
今回勝負を分けたのは、集中力を欠いて止まってしまうという
ある意味ガンバの悪癖が出てしまった事だと思う
また、今季ACL、リーグ戦で失点しているのは3点で
セットプレーとクロスによる失点しかない。
セットプレーではしっかり相手のストロングポイントにマークを着く
クロスを上げようとしている所に素早く寄せるとか
そういう当たり前を疎かにして、それを改善しようとしなかったら
こういう結果になるよ
国際大会では、そんな小さな事が致命傷になる事は
ACLに出てるんだから良く分かってるはずなんだが・・・
この結果でアウェー水原で取った勝ち点1が
ポジティブに考えられない勝ち点1になった。
ACLが今期の最大目標にも関わらず
勝ちにこだわらずのらりくらりとやってきたツケが回ってきている
去年と同じく崖っぷちになってるのは、もはや、わざとじゃないかと思えるw
追い込まれないとやる気にならないのはムラがありますし困ったもんですねぇ~
まあ、もう残り3つ勝つしかない
この状況でメンバーなど、どうしていくのかある意味楽しみ
ホーム2試合あるので、その2試合はスタジアムで
精一杯応援するだけですけどね
現地で応援された皆様
お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください