vs 横浜Fマリノス(ホーム)

毎度ご来訪ありがとうございます
諸事情により、観戦できませんでしたが
Twitter等で経過は見てました。
そして、オンデマンドで見終えました。
試合内容としては、そんなに悲観するほどではなかったです。
序盤から縦に早く積極的に仕掛けて行けてたし
先制できたのも良かった。
1点目、何気ないヤットさんの攻撃参加が地味に効いた
ヤットさんの縦パスを受けた宇佐美が藤春と左サイドで
崩そうとしたがうまくいかず、フォローのヤットさん戻す
ヤットさんが宇佐美とのワンツーで縦に抜けようとしたが
これもうまく行かなかった。でもこの仕掛けで
マリノスが左サイドに寄りヤットさんが前に
残っていることにより、中澤がヤットさんに付き
CBを釣り出す事に成功、逆サイドにパトリックvs下平の
ミスマッチができ、宇佐美の精度の高いクロスを
折り返す事ができたし、CB不在のスペースに入った
アデミウソンがゴールを決めれた。
この後でガンバが主導権を握っている時間にもう1点を取りたかった。
1失点目、宇佐美がファウルをしましたが
どうやってボールを取るつもりだったのか?
スピードに乗った状態でそのままドーンと後ろからぶつかった。
相手が止まってる隙に取ろうと思ったが動き出したので
そのまま行ってしまったのだろうか?
何回見ても意図がわからんファウルやった。
俊輔のFKはもちろん、素晴らしいキックでしたが
東口が後から悔しがっていたように、止めれたと思う
GKは飛ぶ前に一旦沈みこむのだが、そのタイミングが
一瞬遅れた。その分触っていたけど届かなかった。
一瞬ファーに来る事が頭をよぎったらしいが
ファーは距離がある分、遅れても間に合うので
ニアだけ考えていても良かったと思う
後半、勢いを持ってマリノスが攻めてきたけど
この時間を耐えれたのは良かった。
正直、マリノスが怖かったのはこの時間だけやったし
ガンバはラインを押し上げ攻め込むが
宇佐美がGKの1対1を外す。
正直、今のガンバの不調と言うか点が取れてないのは
宇佐美の不調が直結していると思う
ゲームメイクで貢献はしているが宇佐美に頼るのではなく
宇佐美を活かすにはどうするか、ここが考えれてない気がする
2失点目、井手口はファウルをしても止めよという意見が多いが
出遅れててファウルするタイミングすら失っていたように思った。
そして、マルティノスに全然追いつけてなかった。
意外と足遅いんですねw 
今度から、こちらのCK時のリスク管理はもうちょっと
考えたほうが良いですね
その後、PKまでは良い雰囲気でしたけどね
ただ、取っても同点止まりだった事が悲しい
あとPKに関して、日本の下手くそな審判の
さじ加減一つの判定なので、取れたらラッキー
取られたらアンラッキーぐらいにしか自分は思ってません
ゼロックスの時みたいに誤審もありうる訳やし。
また、PKはキッカー有利ってだけで
絶対決まるとは限らないのも分かってるので
まあ、ヤットさんが外す事もあるでしょう
大体、外れるとSNSで必ず見かけるのが
「なんで宇佐美にPKを蹴らせへんねん」みたいな
後出しじゃんけん的意見w 宇佐美が外したら
「なんでヤットに蹴らせへんねん」て言うんでしょ?
もう、同じサポーターとして恥ずかしいから止めましょうよw
負け犬の遠吠えは
チャンスはあるのに流れの中で点を取りきれんのが悪いんですよ
1点目のような、誰の影響もなく何の文句もつけようのない
点の取り方ができるんですから。
守備に関しては、本当にちょっとしたミスとか
しょーもない事が失点に繋がってるんですよね
先発メンバーは、怪我人を除けば現時点で
ベストメンバーだった思います。
アデミウソンが良いアクセントになってましたし
そのアデミウソンがゴールに絡めた事も良かった。
そこだけはチームとして前進がありました。
ってか、やっとガンバはチームとして開幕したように思います。
2月3月はターンオーバーや疲労とかばかり考え
訳のわからんチーム編成で連携が置いてけぼりになってましたが
ようやく一つの形が見えた試合やったと思います。
後は、今日のメンバーをベースに阿部、晃太郎、藤本を
うまく入れ替えてチームのクオリティを上げていけるか
次のACLは、とにかく勝つという執念を見せてほしい
内容より結果、本当にそれだけです
現地で応援されていた皆様、お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください