ACL 予選リーグ 4節 vs上海上港(ホーム)

毎度ご来訪ありがとうございます。
仕事を終えて一目散
19:00キックオフに間に合うか間に合わないかぐらいのルートを
大宮戦の時見つけたので、そのルートでガンバったが
いつもの応援場所に着いたのはキックオフして3分後でした。
さて、試合ですが
怒りを通り越して呆れました。
たぶん同じ気持ちの人は多いでしょう
マリノス戦、自身が現状の怪我人を抜いたベストメンバーと称しましたが
まさか、全く同じメンバーで行くとは思ってなかった。
監督も恐らく、負けはしましたがマリノス戦で手応えを掴んでの布陣だったと思います。
結果論ですが、失敗だったなと
まず、ベストと言うことは、この面子で通用しなければガンバはもうお手上げを意味します。
と言うことは、もはや負傷以外の選手交代は意味を成さない。
現に2人交代してから2点目を取られてますし、井手口下げて西野を入れたのは
悪手中の悪手だったかと、あのタイミングでDFの交代はないわ
2失点目は、西野はゲームに入れてないし守備のマークとかもはっきりせんうちに取られた。
西野使うなら先発で使い、今ちゃんをボランチ、ヤットさんか秋をベンチに置いておいて
切り札にして、西野が90分持ちそうになければ、中盤を交代しフレッシュにして
今ちゃんをDFに置けば良い。
マリノス戦はまだ、休み明けとあってかコンディションも良く縦への勢いも感じたが
この日は、ゆっくりしか縦に進めない。ちょっと中盤のプレスの早さと質が上がれば
ゆっくりとしかパスを繋げない最近のガンバは何もできなくなりますね。
パススピードが相手と全く違っていた。
上海はボールを取ってからの切り替えも早くダイレクトでスピーディにつないでいく
ガンバはボールを奪ってからは、何か決まっているのかってぐらい一旦下げる
下げてる間に、余裕を持って自分の持ち場に戻りマークをつける上海
自分たちで攻め難くしてる意味が分からない。
上海は、特別難しい事は何もしてないんですよ
ポジショニング良くプレスを掛け、ボールを取ったら即切り替えて
パスの貰える位置に周りは動きパスを受け、パスを出したら動きなおす
そのパスは時にダイレクトを交えスピーディに展開して行く
球際は厳しく、競り合ったりルーズボールには素早く反応
その後のフォローが良いのはポジショニングがよく、集中している証拠
サッカーやる上で当たり前の事をそれなりの質できっちりやってるだけなんですよ
ガンバはその真逆の事をやってるんですね
当たり前の事をできてなければ、ましてや勝たなければ絶望の試合で
何か1つでも相手を上回ろうと勝とうと努力しなければ勝てる訳がない
2点目入れられて少しパススピードは上がり意識も変わったように思いましたが
今期の公式戦、1試合の得点率0.875で1点取れるか取れないかのチームが
残り20分で3点取れる奇跡が起きるはずもない ってか
勝つ努力をしないチームに奇跡は起きる訳もなく
ガンバは全てにおいて負けてました。
そして、マリノス戦の感想でも書きましたが
宇佐美の不調が、この試合を決定的な物にした。
決定的チャンスに力んでいるのか吹かしたり
GKの正面を突いているようでは・・・
もはや、ポジションとかの問題でもなくなって来ましたね
監督が試合後「これが現実」と他人事のように言ってましたが
「これが現実」であり「これが実力」なんです。
まず、自分たちは下手で弱い事を自覚しましょう。
今まで通りやっていては通用しない事をいい加減に分かろう。
下手で弱いなりにどうやったら勝てるのか一人一人が考えましょう。
そんな下手で弱いチームでも愛し応援して行きますので
現地で応援されていた皆様、お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください