vs ベガルタ仙台(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます。
同時刻でU-23の試合もありましたが
オンデマンドでトップの試合を見てました。
U-23は後で見る予定で、余裕があれば感想書きます。
さて試合ですが・・・
いや、まあ、あんな駄試合の後でしたので
まずは結果を出せて良かったとは思いますが
内容としては、試合運びがマズすぎましたね・・・
3点取るまでのデキは言うことなし
上海戦にできてなかった寄せ、球際の粘り、攻守の切り替えの早さ
取ってからのスピーディな繋ぎ
本当に、1試合前にそれを見たかった。
しっかり、前の試合を反省し、やるべき事をしっかりできてたので
安心して見てましたが、段々とフェードアウトして行きましたね・・・
PKは、運が悪かったと思います。
その後、反撃に移って欲しかったが、逆に相手の勢いが増す
ここはよく凌ぎましたけどね。その後も宇佐美のミドルがあったりと
悪くはなかった。
問題は後半、ドン引き受け身にも程がある
そりゃね、相手もホームやから攻撃的に来るのはわかるけど
ラインを下げすぎ、しかもなんでずっと受け身なのか?
シュートをあれだけ打たれても入らなかったのは
仙台攻撃陣の精度の低さ、東口のポジショニングの良さ
運が良かったからと思います。
丹羽、ジェソクの復帰もあったし水際で防いでいた
DF陣のガンバりも認めない訳ではないですが
そもそも水際まで行かれてる時点で良いディフェンスが
できてるとは言えんのですよ
良いディフェンスとは、ボランチと最終ラインが協力し
チャンスすら作らせない。仮にシュートを打たれたとしても
単発で、しっかり体を寄せシュートを
枠内に飛ばせないようなディフェンス
あれだけシュート打たれたら、上位チームであれば2,3点は入ってますよ
そんな防戦一方の後半でしたが、1つ良かったと思えるシーンがあった
ロスタイムの仙台のペナルティエリア辺りのフリーキックの時
ファーサイドのゴールに藤春が入って防ごうとした所
結果的に東口がセーブして事なきを得ましたが
FKで失点しないように考えた上の行動やと思うんですね
藤春が考えたのか、チームで考えたのかわかりませんが
FKでの失点しない方法として考え、行動した所に
意味があると思います。
FKだけでなく色々なシーンで考え行動して欲しいと思います
まあ、この試合は春の珍事でした。
こんな試合運びしてたらチームは持ちません
3点目取るまでの試合運びの時間をできるだけ長く
サッカーなので、ある程度受け身の時間はあるけど
それを堪える粘り強い守備とそれを打開できる戦術
これを意識してやっていって欲しいですね。
怖いのは、勝ったからと言って
上海戦のような状態に戻ってしまうこと
チームとしてはまだ不安定なので
気は抜かないで欲しいです。
現地で応援されていた皆様
お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください