vs アルビレックス新潟(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます
オンデマンドで見ました。
川崎戦のエントリーで「新潟には勝ちますよきっと」と書きましたが
ガンバを買い被りすぎたのか、新潟を見くびっていたのか
まさかのドローでした。
内容的には、悪い意味でいつも通りの攻撃陣で勝ち点-2
岩下復帰と運でなんとか勝ち点1を取ったって感じでしょうか
負けに等しいドローですけどね、平松さまさまです。
いつも通りのロストを繰り返し、相手カウンターに冷や冷やし
どちらが順位が上かわからない試合でしたね
まあ、この1試合だけでは測れませんけど、現状は
残留を争っているチームと同じレベルであると言うことと
今のガンバを買い被っていたことが分かりました。
監督の試合後のコメントを見ると
どうも攻撃陣の「誰かの当たり待ち」らしいですね
http://www.jleague.jp/match/j1/2016/050807/live/#coach
監督自ら「攻撃の引き出しはない」と言っているようなもので
笑うしかなかったです。
水原の試合のエントリーで
「頭打ち感を打破するために変わろうとするかしないか」と
書きました。
この「変わる」には現状の色々な意味を込め書きました。
・監督を変える(代える)
・監督の考えを変える(戦術、フォーメーション)
・選手を変える(代える 放出、獲得で代える事。移籍期間ではないので
 今は無理ですが、夏にという意味で)
・選手の意識を変える
・選手を入れ替える(若手を起用するなど)
選手を変えるは、今は無理なので置いておいて
監督の考えを変える、選手の意識を変える、選手を入れ替えるの
3つは手っ取り早くできそうですが、シーズン始まり2カ月経ちました。
選手の意識を変えるは、一人ひとりが現状良くない事に
気付いて一人ひとりがそれに対して、どうやって改善して行くかを
考えないと前に進まないと思うのですが
今のメンバーはそれができないんですかね?
誰かに言ってもらうとかモチベータータイプの監督にでも
言ってもらわないとダメなんですかね~
監督の考えを変えるは、最初のリーグとACLの
ターンオーバー制みたいな監督の考えは消えましたが
その後の選手起用とフォーメーションは変えると言うよりは
「少し変化をつけては結局元に戻す」を繰り返しており
そこから一向に前に進んでない。
監督の考えを変える、選手を入れ替えるは監督のさじ加減なので
そこが変えれなければ監督を変えるしかないって事に
なりますよね
で、各SNSを賑わせている監督解任についてですが
書き始めると長くなるので、次のエントリーで書きます。
新潟で応援されていた皆様
お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください