vs ジュビロ磐田(ホーム)

毎度ご来訪ありがとうございます
2012年12月1日から数えて約3年半ですか
あの時から、どちらのチームも監督も選手も変わってるし
やってるサッカーも変わってるから
ある意味初対戦みたいな物ですね。
スタメンを見た時にには思い切ったなと
実質、井手口がボランチのポジションを
奪った?とは考えにくいかw
でも、ヤットさんトップ下に置く決断を
させる程期待している証拠やし
実力を認めてる証拠でもあると思う
さて、試合ですが
内容的にはドローかややこっちが優勢ぐらい
結局勝負を分けたのは運の部分やったと思う
序盤はお互い探りあいから始まりました。
今まで、アデミウソンがトップ下に入る事が多く
何だかんだ言ってもアデミウソンと宇佐美にボールが入り
コンビネーションで崩そうとして偏る事が多かったが
左右に分かれた為、それは無くなった。
しかしながら、このフォーメーションは初めてで
逆にヤットさんと宇佐美もしくはアデミウソンの
関係性だけになって呼吸もあまり合ってなかったし
窮屈さを感じた。
ジュビロはアダイウトンに当てて、小林が拾い
松井か太田が絡んで攻めていくと言う
分かりやすいパターン
この試合、岩下と丹羽でよくアダイウトンを
抑えていたと思います。
小林はボランチでも捕まえ切れなくて
バイタルで前を向かれる事があったので
そこだけが怖かったですね
1失点目、年に何度かある東口の判断ミス
下から手だけで取りに行っている。
あの取り方は、お腹より下にあるボールの
正面に入って取る取り方で、正面に入れないボールは
当然、手を伸ばしてキャッチor弾かないといけない
壁の作り方とポジショニングから見るに
直接ニアを狙ってくる事は予測できていたと思うのですよ。
壁はニアの最短距離のコースのみ消してましたね
で、その余裕から正面に入れると思ったんでしょうけど
正面に入るにはタイミングは遅かったし
バウンドして跳ねたので下からすくう体勢では
対応できなかった。
最初から、弾くつもりで行けば何ともない
イージーな局面
「殺すぞ」とは思ってなかったけど
すくいに行く体勢で行ってたから正面に入って
取ったと思ったのにボールがネットの中に入っていたから
「あれ?え?なんで取れてないの?」
って思ってポカーンとしてました。
replay見たら正面に入ってなくて
判断ミスしてるのが一目瞭然でしたが
 
ここから、最初は右サイドなら右サイド
左サイドなら左サイドのその局面だけで崩そうと
やっていたのをポジションチェンジをしてボールを
左右に動かしチャンスを作れるようになって行きました。
また、お互いの距離感も良くなった。
1点目、起点は相手のクリアミスをパトリックが
拾ってからだったが宇佐美がボールを貰いに右へ動き
アデミウソンとポジションチェンジしたのが功を奏した。
そしてヤットさんがスルスルと上がり右サイド上がった
米倉に出したパスが攻撃のスイッチ
宇佐美に預け、ヤットさんとのワンツーで中央に切れ込んで
アデミウソンにパス、トラップしたボールを相手の
取れない間合いかつ次のプレーに移れる所に
置いた技術は見事、シュートも股を狙い
アッと言う間にゴールに吸い込まれた。
後半もパトリックを走らせトップ下のヤットさん以下が
フォローに走る展開。
戦術パトリックと初対戦のジュビロには効果的でしたね
前半からセカンドボールも結構拾えてたし
波状攻撃がありましたし久しぶりにワクワクした
雰囲気がありました。
2点目、ラッキーでした。
ラッキーその①
ガンバCK後の相手ゴールキックでガンバ陣内にボールが
入ったからジュビロディフェンスは油断してました。
スルスルと上がったヤットさんをフリーにし
ボールウォッチャーになってましたね
ラッキーその②
米倉が上にボールを蹴り上げる事によりヤットさんが
パトリックの背後に回る時間がありました。
ラッキーその③
パトリックのヘッドがヤットさん目の前の
絶妙な所に落ちた事。もちろんパトリックは
ヤットさんに渡す事を考えてヘッドをそらしただろうけど
あそこまで相手DFのいない所かつ、ヤットさん目の前という
場所に狙ってコントロールはしてないと思うw
ラッキーその④
これはラッキーじゃなくて狙ったかも知れませんが
ヤットさんの蹴ったボールの方向がGKの軸足
(体重が乗ってる方)で、GKは足が出せなかった。
この試合のMOMは文句なしでヤットさん
決勝点を決めた事もそうですが
献身的な動きで走り回りパスを引き出し
溜めを作る動きはボランチにいる時よりも
効果的だったし、ジュビロはヤットさんを
捕まえられてなかった。
あと、岩下は余計なカードを貰ったりもしてましたが
やっぱりいるだけでチームの緊張感が違うように思います。
ディフェンスラインをしっかり締めてましたし
影のMOMだったと思います。
今日は井手口の活躍も無視はできません
その井手口が代表招集でトゥーロンに行くので
2試合抜ける間、どのようなフォーメーションで行くのか
もし、ヤットさんトップ下を続けるなら
誰をボランチにするのか楽しみですね
以前、勝つための努力をしていないと
運も付いて来ないと書きましたが
ヤットさんを含め全体的にボールを動かし
チャレンジしていた。
その姿勢が運をもたらしたように思う。
何とかしようと言う気持ちは見えてたし
その気持ちが空回ってポジションが
かぶっていたりもしましたが
それぐらい個々が強い気持ちでやっていれば
結果はついて来るように思いました。
皆様お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください