vs 鹿島アントラーズ(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます。
宇佐美が去り、フタが去れども試合はやって来る
今期1stステージ開幕戦の鹿島
ガンバはあんなメンバーでなしに普通にやってれば
負けはしなかったと思う、勝てたかは分からんけど
あの時の鹿島見て優勝するとは思わなかった。
さて、仕切り直しの2ndステージ開幕戦
奇しくも相手は鹿島
1週間しか経ってないので仕切り直しもクソもない試合は・・・
セットプレーで2点と楽してガンバは勝ちましたね
色んな意味で運が良かったと思える試合でした。
序盤は鹿島ペース
ガンバがボール持っててもしっかりとプレス掛けて来る
サイドバックの裏や、センターバックとサイドバックの
ギャップをついて来る楔の縦パスにヒヤッとする場面もあり
何もできない状態がしばらく続いてました。
ただ、ガンバも前半はスタミナ考えてセーブしてた感もあったけど
1失点目、米倉が一発でボールを取りに行った為
そのサイドバックの裏を取られた。ヘルプに行った阿部も当たりが軽く
簡単に切れ込まれジョンヤが赤崎のマークを外して簡単に失点
まあ、いつも通りのボールウォッチャーからのマーク外しですね
1得点目、鹿島が前に食いついてボランチとDFの間の
アデミウソンにうまくボールを運べたのが起点
右のヤットさんから阿部に折り返し
アデミウソンが、うまく外に1人釣った所で
植田はどちらにもつけず、山本の前に秋と晃太郎がいて
どっちに付いたらいいかわからない内に晃太郎が振りぬいた。
きちんと、ボックス内に3人入っているから取れた得点
この後、ガンバは我慢の時間帯でよく凌ぎました。
後半開始からテンポアップして行って、鹿島も徐々に
プレスがかけれなくなり、ガンバの攻勢が目立つようになった。
2点目、ヤットさんが丹羽を呼び寄せて、ショートコーナーと思わせて
植田を釣れたのが大きかったですね
あと、鹿島は誰が誰に付くなどハッキリしてませんでしたね
あんなとこ今ちゃんフリーとかありえないですwラッキーでした。
晃太郎は途中交代でしたが、らしさが出てて良かったです。
ボール持って小刻みなドリブルで仕掛ける
あれが晃太郎の本来の姿でしょ
宇佐美が抜けても中盤は人が余ってるぐらいやし
チャンスメイクする人がいなくなった所をしっかり埋めれるかでしたが
晃太郎がしっかりチャンスメイクしてくれましたし
ゴールまで奪ってくれ本当に助かりました。
2点目、1失点目の凡ミスをチャラにするゴール
名古屋戦に続いて逸らすのがうまいですねジョンヤは
またもや鹿島は簡単にフリーを作ってるしw
この後のパトリック投入は、久しぶりに采配を褒めたいと思います。
押し込みたい鹿島だけど、裏抜けするパトリックに苦戦
ラインを上げれず、得点はなかったけどかなり効いてた
夏場のあの時間のパトリックはオプションとして有効ということが分かった。
鹿島に攻め込まれサイドからのクロスは相変わらず危なっかしく
相手が外してくれて助かったってシーンがいくつもあったが凌ぎ
久しぶりの逆転勝利だった。
一時勝てない時期はコーナーを取って来ても決めれず
イライラしましたが、コーナーやセットプレーが今は大きな得点源になりつつある
しかしながらコーナーからの得点は水物、また入らなくなる可能性もある
今日の試合は、年に何度かある運の要素が大きい試合だったように思う
相手もだいぶ外してくれたし
浦和に勝つくせに名古屋に取りこぼすとか
鳥栖とかに取りこぼす癖に鹿島に勝つとか
この不安定さを払拭しなければ上位との勝ち点差は縮まらない
ここから勝ち点3を積み上げていって欲しいと思います。
現地で応援されていた皆様、お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください