vs サンフレッチェ広島(ホーム)

毎度ご来訪ありがとうございます。
試合前にみのおフレンチのパフェと限定のパスタを食す

この限定商品を買うと抽選券が付いてきて、くじ引きに行ったら4等のステッカー貰いました
さて、試合ですが
調子悪いチーム同士、差がない中でワンチャンスを物にしたガンバが勝ちきった
まあ、ガンバは運が良かっただけで内容的には薄い試合でしたね
試合開始後、早速ガンバの守備の脆さを露呈する
右サイドにミキッチが持った時、誰もウタカを見てない
ミキッチからフリーのウタカにパスが入り、丹羽が付くけど簡単にパスを出され
宮吉にあわやのバー直撃弾を打たれる
前回のエントリーで画像を使って解説したら一部で好評だったので今回も

この画像はウタカにパスが出る前のシーンですが
ガンバディフェンスのダメさが集約されています。
まず、ミキッチに対してジェソクが対応してる事が既におかしい
ジェソクはサイドバックで最終ラインです。阿部が対応して
ジェソクは左サイドのスペースをケアするか宮吉に付かないといけない
上記のシーンで左サイドのスペースにミキッチがパスを出したら
ジョンヤが簡単にサイドに釣り出される訳です。
釣り出されて、そのスペースにウタカが簡単に入りこめる状況になる
みんなミキッチだけ見てて走り出すウタカを見てない。
上記写真の状況で既に阿部、ジェソク、秋は何もしてないも同然
本当は秋がウタカを見ないといけないし、この状況では
今ちゃんがウタカに付いていかないといけない。
人数だけおって何の役にも立たない今年のガンバの守備の象徴的シーン
ここで1点入っていたら柏戦同様しんどい試合になったでしょうね
運が良かった。
ガンバの攻撃は、広島に相性の良い長沢を持ってきたけど、全く活かせず。
広島の守備時は5バックを崩すのに苦戦
その5バックの手前でパスだけで勝負しようとするから。
セカンドボールは拾えるけど、パスを回すだけでは何も起きないし
5バックラインの裏を狙う訳でもなく、ドリブルで突っかける訳でもなく
たまに秋やアデミウソンが突っかけるけど悉く止められカウンターの餌食
押し込めてるけど、崩せない状況が前半ずっと続きました
アデミウソンが上がった後のスペースを突かれて
ずっと右サイドから攻められてましたね。
まあ、驚いたのが後半すぐに長沢をあきらめて
晃太郎を入れて、アデミウソンのワントップに戻した事
長谷川監督にしては決断は早く、しかも阿部を左サイドから右サイドに
変えた事が勝った要因の一つとなった。
晃太郎が入り左サイドが活性化、パスを回して時間を作れるので
阿部がよりゴールに近い位置にいれるようになった。
そして、今ちゃんからアデミウソンに勝負の縦パスが入り
ヤットさんにパス、ヤットさんは阿部に預けるつもりが
縦に上がったアデミウソンに当たった
アデミウソンが上がった事により広島ディフェンスが左に寄り
右にスペースができて且つ、うまくそこにボールが転がり
阿部が絶好のシュートポジションにボールを置けた。
シュートはいいシュートでしたね
その後、パトリック投入しいつものガンバの戦略
粘り強く守りながらパトリックを使ったカウンターで突き放す。
しかしながら、今年はこれがうまくいかない。この試合も不発。
広島に追い上げられながらも枠に来ないシュートと
精度のないクロスなどに助けられ守り切った。
両チームのグダグダっぷりから0-0が妥当な試合を
最初に宮吉に打たれたシュートが入らんかった運と
意図せぬ形で阿部のシュートコースが空いた運だけで勝った試合
いい加減、人数だけおるボールウォッチャー守備を止める事と
後半、相手が疲れてる中で投入したパトリックが機能しないと
この先しんどいなぁと思えた試合でした。
ちなみに、パトリックの頭は、ハゲズラをかぶってるようにしか見えなくて
そればっかりが気になりましたw
現地で応援されていた皆様
お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください