ルヴァンカップ 準々決勝 2ndleg vs サンフレッチェ広島(ホーム)

毎度ご来訪ありがとうございます。
都合によりスタジアムには行けませんでしたので
オンデマンドで後から見ました。
感想をひと言でいうなら「結果オーライ」
勝つためにはアウェーゴールを取らないといけない広島が
序盤から前に出て来る。受け身になるガンバ
しかし、そんな決定機を作らせていた訳ではなかったし
返す刀のカウンターであわや相手オウンゴールの状態まで迫る
広島やや優勢で進んでいたがお互い決め手を欠いていた
こういう時はミスしたほうが失点するもの
1失点目
ミスその1、晃太郎のしょーもないパスミスで相手スローインになる
ミスその2、相手の緩いフィードを阿部がヘディングで米倉に返そうとするが
来るとは思ってない米倉をすり抜け、裏にいた清水へボールが渡る
ミスその3、晃太郎がクリアボールを拾い、更にクリアしとけばいいのに
変にボールを持って柏に奪われる
ミスその4、CKでニアの青山をフリーにしてうまくボールを逸らされる
まあ、これだけミスと言うかマズい対応してりゃ失点止む無し
リーグから数えて4試合連続で相手に先制されるのはどういう事?
取られたらアカンアウェーゴールを取られた。
2点必要なので攻めなしゃーない
やっとガンバにスイッチが入って攻めだした。
1点目、アデミウソンの静と動
これに広島ディフェンスが付いていけなかった。
米倉も歩いてたし、仕掛けるかどうなのかわからんうちにアデミウソンが仕掛けた
これに広島ディフェンスは完全に反応が遅れてた。
長沢のオサレヒールは最初わからんかった。
「え?今のどうやって入った?」って感じ、リプレイ見て
狙ってヒールで入れた事を確認、やっぱり足元の技術が高い
あのニアへの入り方でシュートが来ると思ってなかったから
林は反応が遅れてる
長沢は自分の想像をどんどん越えて行ってる
点を取って少し流れが変わった
ガンバが攻勢に出た。
長沢の1対1は入れたかったね
2点目、起点はガヤの藤春へのフィードから
左サイド藤春からスルスルと右につないで米倉へ
米倉がヤットさんへ返しワンタッチで前線の阿部へ
これが、攻撃スイッチとなった。
これも静から動、広島ディフェンスがまた遅れた
阿部が外に開き、米倉が中にはいり絶妙なパスが来る
米倉のタイミングを外したトゥキックはかろうじて弾かれるが
長沢が詰める。8割は米倉の得点、しかしながらFWはポジショニング
そこにいる事が大事、長沢がよく詰めてました。
広島はウタカとミキッチを入れ、完全に2-2以上を狙いに来た
ガンバは相手の攻撃をいなしつつ、追加点を狙わないといけない
45分でそれができるかだったが・・・
2失点目、取られたファールは微妙だが取られたものは仕方ない
結果論ですが、壁の向かって一番左端は長沢で良かったんじゃないかな
ガヤさん・・・ まったく準備できてませんでしたね
まあ、森崎がそれを見越して蹴ったように見えましたが
3点目、このCKは練習通りだったんでしょうね
長沢がニアにDFを釣り、空いた後ろのスペースを丹羽が狙っていた
智さんにCKの極意を教わったそうだが、それがすぐに成果として表れた?
4点目、晃太郎の前にスペースがあり野上と1対1を仕掛けた所で勝負あり
十分野上を引きつけてからのアデミウソンへのパス
アデミウソンは晃太郎へのリターン、長沢へのパス、自分でシュート
何でもできる状態だった。
何とか1点づつ返した広島でしたが、突き放されて
心が折れましたね
5点目、広島自滅
まあ、アデミウソンがうまかったですね
宇佐美とはまた違うトリッキーな独特のリズムのドリブル
相手1枚ぐらいでは止められませんね
6点目、ヤットさんからのパスを長沢がワンタッチで呉屋へ
呉屋は阿部フリーなのを良く見てましたね
広島ディフェンスの集中力が完全切れてた
秋、長沢、呉屋とどこにでもパス出せたが
自分で行きました。まあ、決めたら文句ない
3失点目、広島と同じく集中力切れ
ウタカとミキッチのパス交換を他人事のように
みんな寄せずに見てましたからね・・・
あのパス交換の間に、ミキッチは味方が入って来るのと
クロスのタイミングを計っていたんですよ
皆川に丹羽は付ききれてないし失点の仕方が酷い
長くなったのでここから先は次にします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください