vs 名古屋グランパス(アウェー) 前編

毎度ご来訪ありがとうございます。
豊田スタジアムは久しぶり
ナイトゲームなんで、やっぱり昼に名古屋メシは欠かせない
朝9時に大阪を出発、渋滞に巻き込まれ
予定より1時間遅れの12時半頃に目的地到着
各SNSではひつまぶし等の名古屋メシテロ画像が並ぶが
ひつまぶしは回避、今回選んだのは「台湾まぜそば」
麺屋はなび 高畑本店
http://menya-hanabi.com/
名古屋在住のサポーター仲間にお勧めされていたお店
すごい人気店らしく30分は並ぶ事は覚悟していたが、1時間待った・・・
ガンバサポの方も何人かお見掛けした。
台湾まぜそば大盛り

まぜそばって、実は初めてでしたが旨いです。
辛さが強くてタレの味がぼやけてしまう所が
少し勿体なかったが、酢をかけるとまろやかになり
それがまた良かった。また食べたくなる味です。
食べ終わった後に「追いメシ」と言って丼ぶりを
店員さんに渡すと、無料で2口分ぐらいのご飯を入れてくれます。
残ったタレとご飯を混ぜて食べると、これも美味しい。
次は、本店じゃなくてあまり並んでなさそうな所に行きますw
雨が心配されてましたが、持ちましたね

さて、早速試合について
前回のエントリーで「一筋縄ではいかない」と書きましたが
本当にその通りの試合になったと思います。
まず、名古屋のチームについての印象
ホームで対戦した時は追いつかれてドローやったし
そんなに悪い印象はなかった。
小倉監督の時のチーム状態は、試合を見てないのであまり知りませんが
今回対戦してみての感想は、チーム力は先日対戦した甲府と
同じくらいかなぁと思いました。
ただ、シモビッチと闘莉王がいる分、甲府より強いと思いましたし
試合中はその2人が本当に厄介でした。
キックオフ後、早速サイドを崩されクロスを上げられ
シュートを打たれるガンバ
田口のシュートがミートしなかったので助かりました。
ガンバにしてはただのラッキー、この序盤のふわっとした
守備への入りはいい加減止めて欲しい。
名古屋は縦かサイドに展開してシモビッチ、そのポストや
こぼれ球にシャドーの永井っていう分かりやすい狙いってか
それが一番現実的な戦い方
そこをしのいで、後ろからビルドアップし中盤の構成力で
切り崩そうとするガンバ
しかしながら闘莉王中心に守る名古屋の守備陣は思った以上に堅かった。
ブランクがあると言っても闘莉王の脅威は変わってなかった。
統率力、カバーリング、読み、パワー、対人の強さ
正直、まともにフィジカルとコンディションが整っていたら
吉田麻也や森重なんかより断然上だと思う
毎度、対戦する度に闘莉王には感心させられる
シモビッチで一発狙いの名古屋が先か
中盤の構成力で闘莉王を攻略するのが先かの展開で名古屋的には
痛恨のミス、ガンバ的にはラッキーが訪れる。
1点目、ミチがミスする前の展開でガンバは右サイドを完璧に崩していた。
右サイドでジェソク、秋、ヤットさんが絡んで右サイドを
スルスル上がって行ったジェソクに渡りクロスを放つが
長沢に合わず、闘莉王にカットされる
ここできちんとフィニッシュまで行けてたら完璧だったのだが・・・
闘莉王のクリアボールが秋の足に当たり再び闘莉王へ
ここでクリアをしていたらまた違ったんでしょうけど
なぜか左にいたミチにパス、ミチが処理を誤った所をジェソクが見逃さず
奪い中へグラウンダーパス、ニアに走りこんだ晃太郎が仕留める。
処理ミスをしたミチも悪いがパスした闘莉王も悪い
名古屋の負の流れを感じた。
ミチを怒っていない所を見ると闘莉王も自分が悪いと
分かってるんでしょうね
当然、何が何でも勝ち点の欲しい名古屋は攻めて来る
ここをいなせないようではガンバもまだまだですね・・・
井手口が永井へのタックルでイエローカードを貰っていた
これにより後半は今ちゃん投入と思っていた。
1失点目、縦パスが矢野に入った時にヤットさんは
既に傷んでいたので、強くチェックに行けなかったのだろうか?
シモビッチに対応した丹羽は軽すぎる、ヘルプに行った井手口も
役に立ってない。あの体勢のシモビッチに折り返されるとか
どんなザルディフェンスw
ジョンヤは矢野の動きにつられスペースを与え
フリーの永井にジェソクが気づいた時には遅かった。
後半も「ここ」って所は闘莉王に阻まれる
名古屋も勝ち点を取るべき必死で立ち向かって来る
しかしながら、ガンバの必死がそれを上回った。
2点目、後半20分に差し掛かろうとした所
運動量が落ちる時間でのアデミウソン、長沢、晃太郎のプレスが効いた
晃太郎が体を入れて奪い、左サイドの空いたスペースに
井手口がすかさず走りこみハーフカウンター
混乱の名古屋ディフェンスをあざ笑う井手口のクロスに
ファーでフリーで待っていたアデミウソンが仕留める
シュートコースが少ない所によく叩きつけて決めました。
今回も長くなるので、前編と後編に分けます
後編に続く・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください