vs 名古屋グランパス(アウェー) 後編

毎度ご来訪ありがとうございます。
前回の続きです。
前がかりに来る名古屋をいなして
カウンターで仕留められるかだったが、カウンターと言うより
ポゼッションで時間を稼ぎながら追加点を狙っていましたが
仕留め損なうシーンが多く、逆に闘莉王を上げ捨て身で来る相手を
跳ね返すだけで必死の展開
名古屋は川又を入れて勝負に来る
ガンバは西野を入れて高さケアと守り切れのメッセージ
ロスタイム5分、ドキドキの残り時間でしたが
守れメッセージの空気を読まない男がやってくれましたw
3点目、それまで前線にボールを運びながらもチャレンジせず
時間稼ぎをしていたので、名古屋ディフェンスは
攻めてこないと思ったのだろうか?完全に集中力は切れていた。
それに、前がかりになっていて前線と最終ラインの間に人がおらず
名古屋オフサイドからのFKを跳ね返した所
簡単にガンバのマイボールになった。
川又が付くもそれ程チェイスをせず井手口が振り切り
名古屋ディフェンスがどう対処したら良いか考えている間に
右足を振りぬいた。ええ、スーペルゴラッソですよw
自身が常々言っていた「シュート練習しろ」が実ったのか←そんな訳ないw
井手口もムラがあって、守備範囲広く、色んなとこに顔を出すし
スタミナも落ちないが組み立てのパスとシュートに難ありだった。
あと、思いっきりの良さが仇になって相手に抜かれる事もあったが
西野を入れて守れメッセージの中、思いっきりの良さがいい方向に出た。
まあ、決めてしまえば文句はないです。
もちろん、この試合のMOMは文句なく井手口
1ゴール1アシストはもちろんですが、運動量と物おじしない度胸とプレス
積極的な姿勢とガムシャラさと言う、今のガンバに足りない所を補ってくれていて
勢いを与えてくれているように思います。
これが、浦和、川崎あたりの上位と対戦した時に継続できれば言う事ありません
闘莉王も試合後言ってましたが点差ほど
ガンバと名古屋のチームについてそれ程差は感じませんでした。
ガンバの1点目は相手ミス、2点目はしっかりチームとして取れましたが
3点目は個の力
内容的には1-1が妥当ですが、名古屋より上回れたのは
スキを逃さない集中力と個の力
名古屋の失点1点目はミチと闘莉王ミス、2点目はイスンヒのミス
残留争いのプレッシャーと「何とか勝ち点を」の焦りからか
チームとして余裕がない状況が、そうさせてしまったように思えました。
正直、この試合前までは
名古屋はJ2に落ちてしまったほうが良いと思ってました。
アホのフロントのせいで選手とサポーターが振り回される姿は
2012年の我々と同じで一度、名古屋のフロントはJ2から
やり直し、J2で苦しんだら良いと思ってました。
しかし、男気ある闘莉王や他の選手の必死の姿や
ゴール裏1階にびっしり詰めかけ本当に今の状況の中で
何とかしたいと言うグラサポの気持ちがひしひしと伝わって来て
J2に落ちてしまうには惜しく思いました。
近いアウェーやし、名古屋メシ食べたいし
豊田スタジアムは良いスタジアムやし
来年も名古屋と戦いたいと思いました。
まあ、勝つのは我々ですが・・・
川崎が負けたので2位になりましたが
まだ、何かを成し遂げた訳ではありません
依然として2ndステージ優勝の為には負けられない試合が続きます。
浦和と直接対決残してますが、その前にFC東京戦があります。
こういう大事な時に、下位相手に勝ち点3を取り損ねるのが今までのガンバ
攻撃は好調だが、失点は続いている現実は忘れてはならないし
そういう意味では、ガンバのチーム自体も安定感がなく盤石ではない
しっかり準備をして次に臨んでほしいと思います。
帰り、伊勢湾岸道を走っているとガンババスに出会いました。
結構飛ばしてましたw 更にそれを追い越しましたがw
ツイートしましたが
某S.Aで選手達に遭遇しました。
丹羽にすれ違いざまに「お疲れ様で~す」と軽く言われたw
ヤットさんは普通に歩いていたので軽傷なのかな?
ジェソクは足にテーピンググルグル巻きでした。
頭のほうは何もしてなかったので外傷はなさそう
丹羽は食堂で丼物をテイクアウトして去って行きました。
現地で応援されていた皆様、お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください