ルヴァンカップ 準決勝 2ndleg vs 横浜Fマリノス(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます。
オンデマンドで見ました。
今回もサクッと書きます。
戦い方を熟知しているカップ戦巧者ぶりが発揮されただけで
内容的にはこれと言ってありませんでした。
相変わらずトップ下だと生き生きしてるヤットさん
1stlegは全休だったのでそれも手伝ってよく動いてました。
1stlegと違うのは、変にサイドに固執したりせずボールがよく回っていた所
サイドバックもうまく使えていたしヤットさん効果もありますが
1stlegを踏まえて動きとかを整理してきたのかなとは思いました。
変な所での手詰まり感があまりなく仕掛けのパスが良く入っていましたが
前半は崩しきるまで行きませんでしたね、シュートも少なかったですし
アデミウソンのGKかわしたのもついてなかったですね・・・
1失点目、真横アングルの角度から見れないのでオフサイドかどうかは
分かりませんが、オフサイドではないとしたらディフェンスラインのミスで
米倉のミスになりますね、ジョンヤもシュートブロックが選択肢はなかったのか
止め切ろうと必死で追ってませんでしたし、ガヤも止めて欲しかった。
取らねばならないガンバが丹羽もサイドバックも上げて仕掛けそれが実った
1点目、井手口の米倉への縦パスがスイッチ、ディフェンスに引っかかったが
再度アタックして球際の粘りが米倉のヒールパスにつながった
シュートでも良かったけど藤本は良く中を見てましたね
しかし良く崩せました。
ルール上このまま終われば決勝に進める事になった
ここから攻めるのか守るのかで長沢を投入
前からのプレス強化とあわよくば追加点のメッセージ
晃太郎も投入して守りに入らず、もう一点取りに行く姿勢は良かった。
取れたらもっと良かったけど
ガンバのいつも通り、相手なりに最低限の結果を残したって感じでした。
さて決勝は浦和との対戦
自分はリーグ戦の悔しさはリーグ戦でしか晴らせないと思ってます
当たり前ですが、ルヴァン決勝で浦和に勝ってもリーグ戦で勝ち点3は貰えませんから
それよりも昨年のナビスコ決勝の不甲斐ない試合を思い出して欲しい
今年のサポミに参加した時に、野呂社長がナビスコ決勝の敗因は
ACLに負けて過密日程も重なり、肉体的にも精神的にもボロボロだったと言ってました。
まあ、そんな事言い訳にはならないぐらいの完敗っぷりでしたが・・・
今回は、1週間ありますし言い訳はできません
決勝と言う舞台ですし、相手も慎重に来るでしょうし
前回ほどの大味な試合になるとは思えません
ガンバは如何に粘り強く戦えるか
前回の対戦からたった2週間ぐらいで実力差が埋まるとは思えませんが
ボロボロにされ予習はできてます。対策を練る時間もあります。
ガンバの学習能力が問われます。そこを楽しみにしてます。
現地で応援されていた皆様、お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください