ルヴァンカップ 決勝 vs 浦和レッズ

毎度ご来訪ありがとうございます。
地上波で見てました。
早速、試合ですが・・・
まあ、相変わらず攻め込まれチャンスの回数は劣りますが
あの惨敗から短期間でよくここまで詰めれたなと
ってか、やればできるじゃねーかとw
何でこれが2週間前にできなかったのかw
2週間前は、井手口とヤットさんのボランチのバランスの悪さを狙われ
その為にサイドバックとサイドハーフが守備に追われ何もできなく
長沢とアデミウソンが孤立していた。
今回はそのボールの取りどころのヤットさんがトップ下
今ちゃんと井手口のボランチはボールの取りどころではなく
むしろ、浦和の攻撃の芽を摘み取り、中盤に守備の安定をもたらし
前回はレッズに圧倒的に攻め込まれていたが
こちらが相手陣内に攻め込む回数は格段に増えた。
その2人に呼応するように全体のプレスも早かったし
ディフェンスラインも前回より高めの設定でうまく守れていた。
所々、穴ができヒヤッとする場面もあったが
しっかり東口が対応してくれ、いい時のガンバの守備であった。
前回のエントリーで書いた通りと思った
>決勝と言う舞台ですし、相手も慎重に来るでしょうし
>前回ほどの大味な試合になるとは思えません
前回の対戦では浦和はイケイケドンドンで勢いを持って
前へ前へ出てきましたが、今日はそれ程でもなかったのは
ある程度慎重になっていた部分もあると思うし
>ガンバは如何に粘り強く戦えるか
そう、粘り強く戦えていたら何かが起こる
1点目、ヤットさんと今ちゃんの粘り強い守備が起点
アデミウソンが体を相手DFと入れ替えてからフィニッシュまでは
アデミウソンの巧さが凝縮されていました。
最後のタイミングを外し、軸足を狙ったシュートは流石でした。
その後も相変わらず攻め込まれながらも何とか粘り強く守れてたし
攻められてるけど、何とか凌ぎ逃げ切ってしまう
浦和対ガンバ戦におけるガンバペースだったのだが・・・
1失点目、ほんまにもったいない失点
まず、入ったばっかりの李に誰が付くかマークの確認が疎かになっていたし
マークがニアのズラタンに寄っていたので裏が開いた所に入られてしまった。
あと、この失点で一番残念なシーン、東口が出ていた事
もう、自分のブログ読者であればお馴染みですが
GKは「出たら触れ、触れなければ出るな」です。
東口が出ましたがその前で合わされてしまってます
相手の執拗なマークもあり出遅れてる上に
完全に目測誤ってるし判断ミスです。
その前のファインセーブが霞んでしまいました。
その後も、浦和が試合のペースを掴んでいますが
浦和対ガンバ戦におけるガンバペースで試合が進み
PK戦となった。
PKについては運のものと思っているので
何も言う事はありません。
冒頭にも書きましたが、2週間前は完敗やったし
退場者まで出して試合にならなかったのが、打って変わって
いい試合をしてたと思う。ガンバにも学習能力がある事が分かって
ちょっと安心したw
今回勝てなかった理由は、CK時のチームミスと個のミスで自爆
追いつかれてから、あと1点が取り切れない攻撃
F東戦後のエントリーでも言及しましたが
>あと1点が取り切れない攻撃陣とザルディフェンスでは勝てないので
>しっかり策を練って、準備してほしいと思います
守備に関しては、スタメンから考えて対策も練っていたのでしょう
個々も意識高くやってたのでうまく行った。
しかしながら攻撃は、準決勝も結局マリノスに勝つ事無く
レギュレーションで決勝に進めた、どちらもドローで
あと1点が取れずに勝つ事なく終わってる
リーグのF東戦も結局あと1点が取れずに自分達を追い込んだ。
元々、長谷川ガンバは堅守と個のクオリティの高さで勝ってきている
個の調子の良い時はそれでうまく行くが、調子が悪くなると
チームとしての攻撃の形を持ってない分、沈黙してしまう。
好調だった長沢がマークが厳しくなり、対策されると
チームとしてもうまく行かなくなったし、個に頼っている分
短期間でも詰めようがない。本人次第。
結局、今シーズンは攻撃に関しては完全に個の力に頼ってきた
いや、長谷川ガンバになってからずっと個の力に頼っている
ガンバとしての攻撃の形を持たぬままのらりくらりと来たツケが
今日、ここで回って来た。だからこの試合勝てなかったと思った。
ガンバがタイトルと取る上でレベルアップを目指すには
強力な個ではなく、チームとして攻撃の形を作れる
監督かコーチが必要だと思った試合になりました。
現地で応援されていた皆様、お疲れ様でした。
気を付けて帰って来て下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください