天皇杯  天皇杯4回戦 vs清水エスパルス(吹田S)

毎度ご来訪ありがとうございます。
試合がないのでちょっとゆっくりさせて頂き
遅くなりましたが天皇杯初戦の感想です。
実は1階席で観戦するのは初めてでした。
3階と比べて平面なので向こうサイドの遠近感が掴みにくくて
GKへのバックパスとかちょっとドキッとしたりしてましたw
試合についてですが
トーナメントは結果が全てなので勝てばOKですが
あまり内容がなかったので
感想と言うか雑感と言うか、この試合を見て思った事を書きます・・・
まずは、ガンバは井手口のチームになりつつあるなと思いました。
ずっと試合中にもっさり感を感じていたのは自分だけではないと思います。
気持ち良いボール奪取と痒い所に手が届く運動量は
今やガンバに足りない所を補っているし、攻撃の推進力をも与えてる
それが無いガンバはスピード感がなく、ダラダラ試合してましたね・・・
相手なりにしか力を出さないガンバが苦戦するのは目に見えてました。
でも、それ以前に前半が終わった時、堂安を阿部に
呉屋を長沢に変えないとこの試合勝てんと思いました。
呉屋、堂安の個のパフォーマンスについては
そんなに悪くなかったと思います。
何が悪かったかと言うと、周りとのコンビネーション
その2人に関してヤットさん、秋、今ちゃん達が
パスを出しても、イメージの共有ができていない場面が多く
仕掛けのパスもズレたりして攻撃がそこでストップしてしまう
言わば連動できてないので効果的に相手を崩せない。
後半はこちらに向かって攻めて来るので
呉屋を中心に試合を見てました。
ガンバがサイドにボールを持っている時
ちょくちょく呉屋のマークが甘くなっている時があり
良いポジショニングをしている時もあって
「今、クロスが上がってきたらチャンスやのに」というシーンが
何度もありました。呉屋の使い方がチーム全体で
分かってないような印象を持ちました。
コンビネーションが出来ていなくて
意外性のあるパスや動きがなく、足元へのパスも多いし
味方が分かりやすい動きしかできない。
味方が分かりやすい動きは当然、敵も分かりやすい為に対応されてしまう。
もちろん、呉屋にも惜しいシーンはあったし
監督も堂安を展開次第ではもっと引っ張りたかったと思うし
自分自身も、もっと見たかったけど
その分だけ、ガンバの勝利する確率が減っていくような
そんな感覚でした。
2人ともトップで試合する時間が明らかに少なすぎる
故にこの試合、攻撃に手を焼き延長までもつれてしまった。
この試合、清水がほぼ2軍で来てくれなかったら
あるいはJ1の中位以上に当たっていたら
正直、負けてたんじゃないかと思った。
そう言う意味では、組み合わせの運で勝ったような試合とも言える
ここからは、この試合と言うよりは今シーズンについてになりますが
U-23がJ3に参戦し、試合勘という意味では良かったかもしれないが
トップとU-23はやはり別チーム、U-23での出場時間がトップで
試合するよりも多いようでは、あまり意味がないと言う事
井手口にしろジョンヤにしろ今シーズンは我慢して使って
今やいないと逆に困るぐらいになってくれた。
トップで使う事によっての成長は計り知れない事が分かったはず
今シーズン、晃太郎が離脱する期間もあったし
パトリックの不調や長沢の離脱などもあった時に
2人をもっと長い時間使うタイミングはあったと思うのだが・・・
逆に、2人を使わずに違う戦力を使ったがCS出場を逃し
ルヴァンカップも逃している、つまりはシーズン前からの編成も
失敗している事を意味しているし
それらの素材をうまく調理できない監督にも責任はあると思う
井手口、ジョンヤ以外の若手が戦力になっていない
それ以外の戦力でもタイトルを取るには力不足。
本当に、今シーズンは何だったのか?
今年の中途半端なガンバの現状がよく表れた試合だった。
この試合が終わってからずっとその事を思ってました。
今更、戦力アップとか上積とかないのでね
天皇杯取るには、リーグ最終戦の川崎戦でやったような
相手に合わせてフォーメーションや采配で工夫をして
粘り強くサッカーするしかないのかなぁと思います。
現地で応援されていた皆様、お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください