ACLプレーオフ vs ジョホール・ダルル・タクジム(ホーム)

毎度ご来訪ありがとうございます。
録画を見ました。
内容についての予想を前回のエントリーで書きましたが
予想通りにならなくて良かったです。
圧勝ではないですが、快勝とは言っていいと思います。
思った事、書きたい事が色々あり
どういった切り口で書いて行こうかと思いましたが
いつも通り、試合経過を追い、後で感想をつらつらと
書こうと思います。
序盤はお互いの手の内は分からない訳ですから
とりあえず自分達の色を出しつつの様子見で
ガンバは藤春を高いポジション取りをさせ
左サイドからの攻略を試みる
藤春のクロスからの井手口は惜しかったですね
藤春が高いポジションを取っている時の
今ちゃんのリスク管理が光っていました。
アンカーヤットさん前の左が今ちゃんでしたが
基本能力の高い今ちゃんなら問題なくこなせると思います。
1点目、攻撃のスイッチはアンカーヤットさんから
降りてきたアデミウソンにパス、アデミウソンが落とした所
秋が拾いドリブルで左サイドに展開
藤春が中に入り、今ちゃんは外で貰えるように開いて行く中で
秋は中の藤春を選択するが、カットされたボールが
外にいた今ちゃんへのナイスパスになり
ダイレクトで中に折り返し、ボールウォッチャーの相手DFを
嘲笑うようにスペースに入ったアデミウソンが合わせた。
チャレンジをしたから相手のミスを誘い
生まれた得点とも言えるが、相手DFの今ちゃんへのパスがないと
生まれなかった得点とも言える
2点目、起点は東口のキックから、今ちゃんが競り勝ち
長沢が競ったボールがルーズになったボールを
再び今ちゃんがヘッドで左サイドフリーの秋へパス
秋が前に運び、左サイド駆け上がる藤春へパス
今ちゃん、秋、長沢、井手口とBOX内にいる中で
フリーの長沢を選択、長沢は相手DFが飛び込んでくるのを
予測して、その脚に当てないようにうまく浮かせた技術は秀逸
長沢の前で囮になった今ちゃんもGoodjobですね
この得点は文句なし、ハーフカウンターがハマった。
綺麗な得点でした。
ジョホールは、守備ブロックを作りながら
前線の外人FW何とかしてよサッカー
前の2人さえ抑えれば何とかなったが
この外人FWはそこそこ技術も持っており
シュートを打たれる事はあったが、チャンスは作らせなかった。
3点目、このCKの1本前のCKも三浦が惜しかった。
三浦がドンピシャで合わせようとしていた所を
ファビオが邪魔する形になりGKとなってしまった。
今回も、三浦とファビオのポジションがかぶっていたが
ファビオが自重したので、三浦にドンピシャで合わせられた。
2本とも打点は高く素晴らしいですね
その後、泉澤を投入後にフォーメーションを変更
その後、堂安を投入しクロージング
これは、プラン通りだったんでしょうね
ただ2人の投入が遅い、2点では動けないのは分かる
しかし、3点目で勝負が決まったのだから
できるだけサブは長く試合に投入して慣れさすべき
得点後、10分待った意味を知りたい
さて、この試合の感想ですが
・DFについて
CB2人を新加入と言う大胆な策できましたが良かったと思います。
まず、後ろでのパス回しにぎこちなさがなかった。
正直、ずっといる丹羽のほうがぎこちないw
これだけで2人の技術の高さがわかる
そして、去年よりもラインが高かった事は好印象
現地の方の話では三浦がジェスチャーと声でしっかり
コントロールしていたとか
しっかりとしたDFラインの押し上げもあり
攻め込まれた時も、ドン引き人任せでなく
一人ひとりが意識を持って対応とマークしており
動けているのが見受けられた。
当たり前の事ですが、この当たり前のディフェンスが
昨年できてなかった故に、良い成績をあげれなかった。
ファビオはブラジリアンだけあって、足元はしっかりしている
ディフェンス能力については、まだ1試合ですし対戦相手能力も
微妙なので分からないですが、対人や対応に関して
悪い印象はないです。
三浦も果敢に競り合いに行く姿勢や、ラインコントロール
前線へのフィード、対人守備など今後、期待させるポテンシャルを
見せた事は間違いないです。しかも、まだ21歳というのが驚き
それと同時に、この三浦のようになっているのが
西野でない事が非常に残念に思えた。
長くなるので、続きは次へ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください