ACLプレーオフ 前回の続き

毎度ご来訪ありがとうございます。
前回の未分類の続きです。
・フォーメーションについて
4-1-2-1-2で2トップ、トップ下1、3ボランチの1アンカー、4バック
このフォーメーションも色々な見方ができると思うのですが
2トップに関しては、1トップよりは良いと思いますが
2トップとトップ下1は結局フォーメーションより
3人の関係性が大事だと思います。
2トップのどちらかが降りて来る時もあるし
前半の2点はそれがうまくハマったと思います。
しかしながら、それ以外で3人でチャンスを
多く作れていたかと言えば微妙
一番気になったのは、3人ともトラップが悪い
しっかりトラップしてキープしていたら
チャンスにつながったシーンがいくつもあった。
シーズン最初でボールが足に付いてなかったのかもしれないが
ここは反省してほしい。
ボランチの3について、秋や前線の守備負担を減らし
攻撃に専念させると共に攻撃補助と攻撃参加を促すと言った
考えは良く分かります。また、ヤットさんも
後ろからの組み立ては得意としている所ですし
1点目もヤットさんのパスがスイッチでした。
しかしながらこれも、通用するチームとしないチームがあると思います。
特にレッズや鹿島など上位陣には通用しないような気がします。
100%ヤットさんの横のスペースを狙って来るし
ヤットさんの守備力を考えると諸刃の剣と思います。
ヤットさん横のスペースを突かれると
サイドバックも今ちゃん、井手口も下がりっぱなしになると思われる
昨年のリーグのアウェーレッズ戦のようになり
前線が孤立すると機能しない。
自身は4-2-2-2で、中盤の2-2は、ヤットさん今ちゃんダブルボランチの
井手口、秋が前の2になってBOXで流動的に入れ替わるスタイル
往年のフタ、ハッシー、明神、ヤットさんのような関係性が
理想と思います。
泉澤が入ってから4-4-2になりました。
あの時間帯は、もう試合が決している時間で
守備的だったので、評価は難しいですが
オプションを持っておくのは良い事だと思います。
泉澤は1度だけらしい形を見せてくれました。
もっと長い時間見たいですね
また、堂安も出場しましたが、評価するほど出場時間が短いので
何とも言えない。
この試合のポイントとしては
・勝って本線出場すること
・新フォーメーションテスト
・新戦力テスト
だったと思う。
全てがうまくいき、上々の結果を得たが
正直、相手の強さが測れないので手放しで喜べない。
この試合は通用したけど、リーグとACL本戦は甘くない
この時期に公式戦をしてテストできた事はアドバンテージであるけど
この試合は全国で放送されてる訳で
他のチームに研究材料を与えてる事にもなる。
つまりは、ここから次の試合までの時間が大事になる
この結果で満足しては戦い抜けない
攻撃に関しては、もっと2点目のようなシーンを
多く作れるように詰めるべき
DFに関しては、ちょっと混乱してごちゃごちゃっとなった
シーンもあったので、お互いの役割やどう対処するかを
詰めておく事が大事
まあ、課題があることはそれだけ伸びしろがあるということで
年始からちょっとモチベーションが下がっていたのが
この試合を見て上がったのは間違いないです。
現地で応援されていた皆様、寒い中お疲れ様でした。
ホーム開幕戦は必ず行きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください