ACL 予選リーグ 3節 vs江蘇蘇寧(ホーム)

毎度ご来訪ありがとうございます
三浦が怪我なんて記事が出回っていましたが
強行出場、前日にGKは鈴木で行くと報道もありそのまま出場
いつも通り、平日は19:10にスタジアムに出勤です
さて試合ですが
少し期待してましたが、「やっぱりこれが現実か」って感じでした
もう、自身がブログでいつも言っている事ですよね
何だかんだでリーグでは点取ってますが
攻撃の形ができてない。
今まで取ってきた得点のほどんとの得点がハーフカウンターですし
「もっと再現性のある攻撃の形を多く作れるようになる事」が
やっぱりできないがゆえ相手のディフェンスを崩せない
後半のサイド攻撃も良かったけど
長沢にはいつもきっちりマーク付いてたし
後半、ドンピシャでクロスに合わせましたが
前にいたディフェンスにシュートを当ててしまいゴールならず
ガンバの攻撃のストロングポイント
アデミウソンの個人技と長沢の高さが抑えられたらTHE END
で、枠内シュート0で前半のシュートは何本でした?
これも「詰めのシュートもきっちりして欲しい」ができてない
FC東京みたいに、相手が押し込んでくれないと点とれないの?
ってか、そもそもシュート打たないと入らないって
後半、バイタルでボールを持って堂安や泉澤が
シュート打てる体制であったにも関わらずシュート打たなかったし
ミドルシュート禁止令でも出てるんですか?
GK鈴木については
ラミレスのシュートはノーチャンスとの声もありますが
自身は止めれると思ったし、これは禁句ですけど「東口なら・・・」です
後、足元があまり良くない?特にバックパスのクリアとか
吹田サッカースタジアムの芝にも慣れてない感じ
ラミレスのシュートに対する反応も良くなかったし
この辺りは試合出場してない弊害のような気がするけど
後半の泉澤と堂安は良かったですけどね
今ちゃんも攻撃に関して、いかんなくセンスを発揮してるけど
泉澤もドリブル突破とクロスの魅力は十分
堂安のキープ力と思いっきりのいいプレーも魅力十分
インサイドハーフは上記2人と回していけると思いますけどね
「サッカーは財力ではない、チームの総合力だ」って所を
見せて欲しかったのだが、残念ながら
「スーパーな決定力のある外国籍選手がいれば
あっさり点取ってアウェーで勝ち点3取って来れるんですよ」
って所を見せつけられました。
この試合見て何を思います?ガンバのフロントさん
試合後、ゴール裏からはブーイングも起きませんでした。
まあ、そりゃ、ホーム済州戦よりは良かったし
戦っていたとは思いますが、不甲斐ない戦いぶりだったり
「できるのに何しとんじゃ」って思ってたらブーイングしますよね
それが無いって事は「チームとしてこれが精一杯で
明らかに力不足」って事を悟って、「まあ、しゃーない」と
半ば呆れてるような感じに思えました。
我々は昨年度リーグ4位で日本のACL出場チームの中で
一番弱い訳ですし、アジアで戦うには明らかに上積みがなく
チーム力不足、力不足、それを痛感させられる試合でした。
もう、後は3連勝しかありませんし、大幅な戦力アップなど
見込めない中、ガンバの選手達の「意地」しかありません。
ホーム済州戦の惨敗を「気持ち」で立てなおしたようなので
その「気持ち」が残り3試合でどれだけ通用するか
楽しみにしたいと思います。
寒い中、現地で応援されていた皆様
お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください